クエスト

暗き月の入口

ESOヒューズベイン > サイドクエスト

物語内容

バクームの悩みを聞く

アバーズ・ランディングにいるバクームに話しかけましょう。

バクーム
バクーム

バクームと話すのか?
ああ、アルコシュを称えよ!
この者は重い荷を負った!

落ち着け、助けがいるのか?

バクーム
バクーム

とても心配だ!
バクームの義理の妹の伯父のいとこが奇妙な手紙を書いて来る。
実に奇妙だ!
「モー・オブ・ローカジュ」がどうとか。
彼はモンクなんだ。
七つの謎の聖堂の。
バクームは最悪の事態を恐れている。
助けてくれるよな?

その聖堂はどこにある?

バクーム
バクーム

山の上、ド・クリンの南。
そこの川は浅いが、この者はもっと浅瀬を密輸したこともある。
じゃなくて、輸送だ!

用心棒を連れて行けば、バクームは安心だ。
エルフの友達がいるんだろ?
損はさせない!

分かった、手を貸そう。

バクーム
バクーム

輝く月にかけて!
お前が準備でき次第、バクームは出航する準備ができている。

誰をもう一度見つけようとしている?

バクーム
バクーム

バクームは義理の姉妹のおじのいとこを探してるんだ。
仲良しなんだ。

どうして嫌な顔をするんだ?

ずいぶん遠い血のつながりに見える。

バクーム
バクーム

そうか?
うーん、バクームには何とも言いようがない。
バクームは家族を重んじる。

でも面白いところを指摘したな。
サチュラリア・バーンダルのプレゼント交換にはとても、とても長い時間がかかるよ…

この手紙について教えてくれ。

バクーム
バクーム

いいよ。
もちろん、いいよ。
タカンラドはいつも砂糖みたいに甘い性格の持ち主なんだ。
いつもバクームの妻や子供のこと、バクームの船の輸送のことを聞いてくる。
その他にもいろいろ。
でも最近、彼からの手紙が嫌なものになった。

嫌なもの?

バクーム
バクーム

とても嫌だ。
誰も彼に感謝しないと言う。
仲間のモンクが盗みを働いてるとか、自分を探ってるとか。
それから自分が捻じれて感じるって言うんだ。
タカンラドはそれを「忍び寄る病」って呼んでる。
頭蓋骨の中をこするんだって。

ぞっとするだろう?

七つ謎の聖堂に行く

バクームの船に乗り込み、七つ謎の聖堂へ行きましょう。

モー・オブ・ローカジュ
「七つ謎の聖堂」と呼ばれる古代カジートの祠が、カジートの永遠の敵であるドロ・マスラに侵略された。
時間が経てば経つほど、世界を繋ぐ大きなリフトを通って迷い猫がニルンに流れ込んでくる。
タムリエルを救うにはこのモー・オブ・ローカジュを閉じなければならない。

七つ謎の聖堂に行くと、カジートの集団がキャンプを張っています。

キャンプに行き、バクームと会話しましょう。

バクーム
バクーム

歩き手よ…バクームはこれを予期していなかった。
これは単純な病気ではない…ドロ・マスラの仕業だ。
行け!
この者はすでにローカジュの歌が聞こえている。
お前は聞こえるか?
打ちつける音が?

この者はお前をここに連れて来てすまなく思っている。
今のうちに逃げて!

友達だろう?
彼は大丈夫か?

バクーム
バクーム

タカ?
バクームはそう思わない。
他の者のように叩いたり怒鳴ったりしないが、彼は海で遭難したような目だ。
この者は彼を家族のもとへ返す。
時間をかけて美味しい食べものを食べれば…治るかもしれない。

これを受け取れ。
バーン・ダルの導きがありますように。

クエストを完了する。

バクーム
バクーム

ここに長居すべきではない。
この者の助言を聞け…
これから起こることに関わるべきでない。
バクームのように賢明になり、この件は黄昏の先唱者に任せろ。

この後の物語は、試練「モー・オブ・ローカジュ」に続きます。
※未収録です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました