クエスト

苛烈な競争

ESOマークマイア > プロローグクエスト

物語内容

シロディール・コレクションの勧誘

バルケルガード、ダガーフォール、ダボンズ・ウォッチにあるポスターを閲覧しましょう。

シロディール・コレクションにご協力を!

アルゴニアンの骨董品の回収、修復、保存、マークマイアの正当な所有者への返還を目的とする協会、シロディール・コレクションは、最高の仲間を探しています。
シロディール・コレクションは歴史を重視し、過去の過ちを正そうとする者を求めます。

バルケルガード、ダボンズ・ウォッチ、ダガーフォールでコンコルディア・メルシウスを探してください。
競争に勝ち、アルゴニアンの文化を守るための助力をお願いします。

コンコルディア・メルシウスを訪ねましょう。

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

あなたは有能そうね。
無慈悲で卑劣なならず者が怖くないなら、手伝ってほしいの。

もう一度言っておくわね。
私はアルゴニアンの失われた財宝の捜索、回収、修復に尽力する協会、シロディール・コレクションの者よ。

何を手伝ってほしい?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

私たちの協会には姉と私、それから助手が何人かいるわ。
私たちは回収した骨董品をブラック・マーシュの中心、マークマイアに返すための探検を準備している。
残念なことに、競争が…激しくなってるの。

話していた、無慈悲で卑劣なならず者とは?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

同じ人物よ!マーガス・デリウス。
あいつは利益のことしか頭にない歴史の略奪者。
協会の会員だったけど、私たちの研究を盗んで姿を消したの。

あなたには近くにある無法者の隠れ家に潜入して、マーガスが何を企んでいるのか調べてもらいたいの。

マーガス・デリウスについて調査しよう。

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

自分で無法者の隠れ家に行ったことはないけど、信頼できる筋から、あらゆる種類のろくでなしが出入りしてるって聞いてるわ。
悪名高いならず者や闇商人、密売人とかね!

マーガスが仲間にしていそうな連中だわ。

無法者の隠れ家で何を探せばいい?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

あそこで手広く商売している悪党どもと話してきて。
連中の何人かは評判を知っている。
探してほしいのは、情報屋のグレサー、骨董品の闇商人ウルザシ、歴史的財宝の密売人エシャンディルよ。

マーガス・デリウスについてもっと教えてほしい。

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

マーガスは最初、友人兼後援者として私たちに近づいた。
私はあいつが失われたアルゴニアンの財宝を正当な所有者に返す手伝いをしたいんだって、本気で思ってたわ。
しばらくは協力的だったけど、本性を現すまで長くはかからなかった。

それで、彼の正体は?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

マーガスは骨董品を自分のものにしたがった。
そして争いは次第に激しくなっていったの。
あいつは凶暴で、呪文を詠唱する技術もある程度はある。
助手たちのことを考えると恐ろしいわ。

とにかく、マーガスはダスクフォール以前の遺物にとりわけ関心を持っていたと思う。

ダスクフォール?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

ダスクフォールは、偉大なるサクスリール文明の緩やかな衰退を指す言葉よ。
大昔、アルゴニアンはザンミーアと呼ばれるピラミッドを建設し、今よりも遥かに進んだ文明を築いていた。
私たちの調査の大部分は、その次代のより危険な遺物を扱うものなの。

シロディール・コレクションは危険な遺物も探しているのか?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

そういうわけではないわ。
でも金槌だって、いいことにも悪いことにも使えるでしょう。

マーガスがダスクフォール以前の遺物を探しているのは確実よ!
恐ろしい事態になる前に、どの遺物か突き止めなきゃいけない。
あなたが協力してくれれば、大惨事を防げるわ。

シロディール・コレクションはどういう活動をしている?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

私たちは歴史の調査員なの。
私たちはアルゴニアンの故郷から盗まれた骨董品を研究し、探している。
見つけたら、ブラック・マーシュに返還しているわ。

とにかく、それが計画よ。
最初の旅に出る前に、幾つかの品を集めないといけない。

見つけた品は全て返すつもりなのか?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

重要なものは間違いなく返すわ。
でも、事業のための資金を募らなければならないの。
いくつかの品は手元に残して、いずれブラック・マーシュで美術館を開く。
こういう文化的資産を誰もが鑑賞できる場所をね。

なぜアルゴニアンの骨董品に焦点を当てる?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

姉のファミアは大学にいた時、アルゴニアンの歴史に魅了されたの。
姉が故郷に帰ってきて、私はその物語に惹かれた。
同じ問題に関心を持つようになったの。

マークマイアで姉と合流するのが待ちきれないわ!

マークマイアへの探検と言ったか?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

私のリストにあるアルゴニアンの骨董品を最後まで回収できたら、ブラック・マーシュのその地域を探検するつもりなの。
私の姉はベースキャンプを設置して、地元の人々と調整をつけるために先行しているわ。

では本当に、その品はただアルゴニアンに返すんだな?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

大部分の品は、正当な所有者に返すつもりよ。
マークマイアを選んだのは、私たちの調査でリストにある品の大半はあそこのものだと分かっているから。

でも、正当な所有者を探すには、あの地域でさらなる探検が必要かもしれない。

なぜ近くにある無法者の隠れ家に潜入してほしい?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

私はアルゴニアンの骨董品の取引に詳しくないけど、マーガスとその手下は私を熟知している。
奴らは私を追い返すか、あるいは背後で扉が閉じるより前に、私の背中に短剣を突き刺すかもしれない!

この件には、シロディール・コレクションと何の結びつきもない人物が必要なの。

その間、何をしている?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

私は他の人たちを監督し、調整しなきゃいけないの。
マーガスはすでにいくつか、優れた骨董品に関して私たちを出し抜いてる。
これ以上出し抜かれるわけにはいかない。

私なりに掴んでることもあるしね。
またここで会いましょう。

マーガスに関する情報収集

無法者の隠れ家にいる密売人エシャンディルに、マーガスについて聞きましょう。

エシャンディル
エシャンディル

ごきげんよう、旅の人。
ここは普通の訪問客が来る場所じゃあない。
毒蛇の巣に入りこんでしまったようだな。

だが恐れなくてもいい。
このエシャンディルがお相手しよう。
もっと近くに来て、仕事の話をしようじゃないか。

密売人エシャンディルか?
聞きたいことがある。

エシャンディル
エシャンディル

密売人より商人と言ってほしいが、まあ好きに呼べばいい。
私は希少で高価な骨董品を運搬している。
何も聞かずにな。
一方で、ブラック・マーシュの外では最も知識が豊富なアルゴニアンの遺物の専門家として知られている。

で、今日は何のご用かな?

マーガス・デリウスという者について何か知っているか?

エシャンディル
エシャンディル

ああ、マーガスならよく知っている!
彼も私も骨董品を扱っているからな。
ついこの間も会ったよ。
もちろん、ただの相談だ。
だからマーガスの今の計画は知っている。

その情報なら喜んで教えるが…代わりにちょっとした頼みを聞いてもらいたい。

  • 分かった。何をさせたいのか説明してくれ。
  • [威圧]そんな時間はない。マーガスについて教えるか、殴って情報を引き出すだけだ!

分かった。何をさせたいのか説明してくれ。を選択した場合

エシャンディル
エシャンディル

ワマスの卵が欲しいんだ。
どの卵でもいいわけじゃない。
ある特定の巣から手に入る、特定の卵だ。
地図に場所を記しておこう。

その巣から卵を1つ持ってきてくれれば、マーガスについて知りたくないことまで教えよう。

ワマスの卵を取ってくる。

エシャンディル
エシャンディル

できる限り急いでくれよ。
私が欲しいのは卵であって、雛ではないからな!

100の幸運の影が君を彩るように祈ろう、旅の人よ。

出発する前に、もう一度エシャンディルと会話しましょう。

エシャンディル
エシャンディル

お戻りかな?
このちんけな密売人に、また何かご用でも?

まだマーガス・デリウスについて知りたい。

エシャンディル
エシャンディル

私はワマスの卵を待っている。
より正確に言えば、君の地図に印した巣の、美しい卵を待っている。

その荷袋の中に、ワマスの卵を隠してはいないだろうな?

まだワマスの卵を手に入れていない。

エシャンディル
エシャンディル

それならば今は、これ以上何も話すことはない。

卵を手に入れたら、改めて話そう。

そのワマスの卵を今取ってくる。

地図に印された場所でワマスの卵を手に入れて、エシャンディルに届けましょう。

エシャンディル
エシャンディル

よく戻ったな。
旅はうまくいったか?
私が頼んだ美しい卵は手に入ったかな?

頼まれたワマスの卵だ。

エシャンディル
エシャンディル

これは見事なものだ!
よくやったぞ、友よ!
よくやってくれた!

お求めの情報だが、マーガスはならず者や無法者の集団と付き合っている。
彼らは毒キノコのように、暗い洞窟の中に隠れているんだ。

他に、この洞窟について知っていることはあるか?

エシャンディル
エシャンディル

その洞窟は亡陽洞と呼ばれていて、ここから遠くない場所にある。

もう1つ助言しておこう。
マーガスとその仲間たちは危険だ。
もし出会ったら、気をつけたほうがいい。
これで私たちの取引は終わりだ。

[威圧]そんな時間はない。マーガスについて教えるか、殴って情報を引き出すだけだ!を選択した場合

エシャンディル
エシャンディル

何と乱暴な!
暴力で脅す必要はないだろう。
私は君に配慮すると言ったし、実際そうするつもりだ。

マーガスはならず者や無法者の集団と付き合っている。
彼らは凶暴化したグアルのように、洞窟に隠れているんだ。

その洞窟について詳しく教えてほしい。

エシャンディル
エシャンディル

洞窟は亡陽洞と呼ばれていて、ここから遠くない場所にある。

もう1つ秘密を教えるから、よく聞いてくれ。
マーガスと仲間たちは危険だ。
気をつけたほうがいい。
これで私たちの取引は終わりだ。

エシャンディル
エシャンディル

ごきげんよう、旅の人。
だが、これ以上話し合うことはないはずだ。
あっちへ行ってくれ。

無法者の隠れ家にいる情報屋グレサーに、マーガスについて聞きましょう。

グレサー
グレサー

情報を探しているなら、あなたは正しい場所に来たわよ!
私はこの隠れ家で一番の情報屋なんだから。

話は変わるけど、もしあなたが街の衛兵の仲間なら、何を言ってるのか見当もつかないわ。

マーガス・デリウスについての情報を探している。

グレサー
グレサー

あら、情報提供は私の大事な仕事よ。
仕事があるのはいいことだわ!
それで思い出したけど、私はどんなものもタダで渡さないの。
特に情報はね。

私の頼み事を聞いて。
そうすればマーガス・デリウスについて、知りたいことを教えてあげる。

どんな種類の頼みなんだ?

グレサー
グレサー

最高のものよ、お互いの得になるようなね!

あなたの地図のある家に印を付ける。
その家に入ると、優雅な上着が入った木箱がある。
私は結構服装にうるさいから、あの上着が欲しいの。
持ってきてくれれば、マーガスについて何でも教えてあげる。

出発する前に、もう一度グレサーと会話しましょう。

グレサー
グレサー

戻ってくるって分かってたわ。
まあ、それが私の仕事だしね。

私が頼んだ、あの優雅な上着は手に入った?

まだあの品を手に入れようとしている。

グレサー
グレサー

そう、じゃあ急いでね!
情報はマンモスのミルクみたいなものよ。
鮮度が命なの。

地図に印された場所で優雅な上着を手に入れて、グレサーに届けましょう。

グレサー
グレサー

風の噂で、あなたがここにいるって聞いたのよ。
あなたが私たち両方を満足させてくれるものを持ってるともね。

本当なの?優雅な上着を手に入れたの?

頼まれた優雅な上着だ。

グレサー
グレサー

やるじゃない!
この上着はマーガス・デリウスの助手のものだって知ってた?
ポケットにメモが入っているはずよ。
ああ、ほらね。

これであなたに教えると約束した情報の裏付けが取れた。
マーガスはブラックガードと呼ばれる集団と協力しているわ。

ブラックガードとは何者だ?

グレサー
グレサー

ブラック・マーシュの沼から出てきた、最も危険なならず者集団よ!
連中は何年も前、ブラックローズ監獄で結成されたと言われてるわ。

なぜマーガスとブラックガードが協力しているのかは分からないけど、善良な目的のはずがない。

グレサー
グレサー

取引は終わりよ。
あなたの友人たちに、グレサーは最高の情報だけを提供すると伝えてね。
客が要求額を支払えればだけど!

無法者の隠れ家にいる闇商人ウルザシに、マーガスについて聞きましょう。

ウルザシ
ウルザシ

闇市場は閉まってるわ。
この者は在庫の目録を作らなくちゃならないし、助手はまだ戻ってこない。
荷物を取りに行かせたのに、戻ってこなかったの。

お願いだから邪魔をしないで。

闇市場ではアルゴニアンの骨董品を扱っているか?

ウルザシ
ウルザシ

察しが悪いわね。
質問に答えると、この市場では歴史的価値のある特定の品を売買してるわ。
私たちは裕福な収集家たちとたくさん取引してて、いつも何か遺物を探している。

なぜそんなことを聞くの?

マーガス・デリウスという収集家について知りたい。

ウルザシ
ウルザシ

マーガスについて知りたいの?
なるほど。いいわ。
ちょっとした手伝いをしてくれたら、知りたいことを教えてあげる。

私の助手を連れ戻して。
新しく人を雇った方がいいのなら、そう言って。
優秀な助手を見つけるのは大変なのよ。

助手はどこに行った?

ウルザシ
ウルザシ

この者はアルガーを古い遺跡に送ったの。
彼は私たちが取引している盗賊たちから荷物を受け取ってくるはずだった。
はい、あなたの地図に印をつけておくわ。

彼に何があったのか突き止めて。
そしたら、マーガス・デリウスについて教えてあげる。

出発する前に、もう一度ウルザシと会話しましょう。

ウルザシ
ウルザシ

またあなた?
私の助手を見つけていないのなら、仕事の邪魔をしないで。

まだ助手を見つけていない。

ウルザシ
ウルザシ

なら教えることは何もないわ。
助手を見つけなければ、マーガス・デリウスについて何も教えてあげない。

地図に印された場所に行くと、アルガーの遺体と剣を発見しました。

無法者の隠れ家にいるウルザシに報告しましょう。

ウルザシ
ウルザシ

捜索はうまくいった?
助手のアルガーは見つかった?

助手の死体のそばに、この刻み目の入った剣を見つけた。

ウルザシ
ウルザシ

そうでなければいいと願っていたけど、間違いなくアルガーのものよ。
犯罪者との取引には、こういう危険が伴う。

まあ、過ぎたことを嘆いても仕方ないわ。
あなたは協力した。
さて、何を知りたいんだっけ?

マーガス・デリウスについて教えてほしい。

ウルザシ
ウルザシ

この者は噂を知ってる。
マーガス・デリウスは大きな力を持つアルゴニアンの遺物を探してるらしい。
私が理解した限り、偉大なるアルゴニアン文明の時代のものよ。

マーガスはそういう遺物のための隠し倉庫を持っているわ。
この者が知ってるのはそれだけよ。

ウルザシ
ウルザシ

あなたはこの者に頼まれたことをしたけど、もうここには来てほしくない。
あなたを見ると可哀想な助手のアルガーを思い出すの。
毛のない体が安らかに眠りますように!
けど、ずっと悲嘆に暮れてるわけにもいかないわ。
次の荷物が到着する前に新しい助手を見つけないと。

コンコルディア・メルシウスの所に戻って、集めた情報を伝えましょう。

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

ああ、よかった。戻ったのね。
私も調査から戻ったところよ。
ある手掛かりを追ったんだけど、行き詰まってしまったの。
がっかりだわ。

無法者の隠れ家で何が起きたのか教えて。
マーガス・デリウスについて、新しいことは分かった?

マーガス・デリウスはブラックガードというブラック・マーシュのごろつきと協力している。

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

ブラックガード?
私の姉はマークマイアであの連中と口論になったことがある。

ジー・ラーに警告しなきゃ。
彼は私たちの仲間よ。
マーガスを調べさせてたんだけど、あなたのほうが成果はあったようね。
他に何が分かった?

マーガスとブラックガードは強力なアルゴニアンの遺物を探している。
奴らは隠し倉庫を持っている。

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

それは問題ね。
急いで行動しないとその骨董品は消えてしまう。
アルゴニアンは自分たちの歴史をさらに失うことになるわ。

その隠し倉庫の場所さえ分かれば…

亡陽洞という洞窟にある。

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

あなたは天才だわ!
その洞窟の場所なら正確に分かる。
地図に記しておくわ。

最後までやれる?
私はジー・ラーを呼んでくるけど、時間は貴重なの。
亡陽洞へ行って、遺物を手に入れられる?

今すぐ行く。

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

ジー・ラーに伝言を送って、亡陽洞であなたと合流させるわ。

道中は油断しないでね。
マーガスは危険な奴だし、私の姉がブラックガードについて教えてくれたことを聞いたら、ゾっとするわよ!

アルゴニアンの骨董品を回収

亡陽洞に行って、マーガスとブラックガードが奪ったアルゴニアンの骨董品を回収しましょう。

骨董品を回収すると、アルゴニアンのジー・ラーがやって来ます。

ジー・ラー
ジー・ラー

これはお前のものじゃないぞ!

ジー・ラー
ジー・ラー

さあ答えるんだ!
お前はブラックガードか?
それともコンコルディアが私の支援に送った者か?

コンコルディアの友人だ。
シロディール・コレクションのため、この骨董品を手に入れた。

ジー・ラー
ジー・ラー

結局、ジー・ラーの助けは不要だったようだな。
まあいい。あのブラックガードと戦うのを恐れてはいない。

歓迎の背骨を立てよう。ジー・ラーの新たな友人よ。
お前に会えて嬉しいぞ。これは事実だ!

シロディール・コレクションのためにどれくらい働いている?

ジー・ラー
ジー・ラー

私とコンコルディア、そしてコンコルディアの姉は初期のメンバーだ!
我が民の盗まれた過去を取り戻すため、マークマイアの故郷を離れた。
冒険にも参加したかったからな。
どっちも刺激的だ!

コンコルディアのところに戻ってくれ。
私も向かう。

そこで会おう。

ジー・ラー
ジー・ラー

その品を持ってコンコルディアのところに戻ったほうがいい。
私もすぐに行く!

アルゴニアンの骨董品を持って、街に戻りましょう。

街に戻ると、ジー・ラーが先に到着しています。

ジー・ラー
ジー・ラー

お前は早かったが、ジー・ラーほどではなかった。
これは事実だ!

このアルゴニアンの骨董品を運んでこなければいけなかった。

ジー・ラー
ジー・ラー

コンコルディアに見せてやったほうがいい。
急げ!彼女はお前の帰りを待っている。
亡陽洞で何を見つけたのか聞きたがっているぞ。

マークマイアのアルゴニアンは全員、古代のアルゴニアンの歴史に興味を持っているのか?

ジー・ラー
ジー・ラー

意外とそうでもない。
マークマイアのアルゴニアンの大半は、今の出来事のほうに関心がある。
過去はもう死に絶えていて、忘れたほうがいいと彼らは信じている。

私は、いつも過去に魅せられてきた。
だからコンコルディアと組んだんだ!

コンコルディアに骨董品を渡しましょう。

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

亡陽洞への旅はうまくいったんでしょうね。
そろそろいい知らせが聞きたいわ。

亡陽洞からこの骨董品を手に入れたが、マーガス・デリウスの痕跡はなかった。

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

見つけたものを見せて。
うーん。アルゴニアンの守護のネックレスね。
アミュレットを見て。川の石よ。
帝国軍が沼のコインと呼んだものだわ。

それからこれはザル・トーの粘土板ね。
文字どおり翻訳すれば、聖なる秘密という意味よ。
実に興味深いわ…

これらの品は何かを意味しているのか?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

ネックレスと粘土板の出てくる古い伝説。
私が正しければ…

無法者の隠れ家に戻って、密売人のエシャンディルと話して。
彼はアルゴニアンの伝承の専門家よ。
これらの遺物について何か知らないか聞いてみて。
その間、私は本を調べておく。

エシャンディルともう一度話してくる。

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

密売人エシャンディルはシロディール・コレクションが仕事の邪魔になると考えているけど、彼は珍しいアルゴニアンの骨董品に詳しい。
あなたが彼に遺物を見せる間に、私は昔読んだブラック・マーシュの伝説の本に目を通しておきたいの。

ジー・ラー
ジー・ラー

我々の大義に興味を持ってくれてありがたい。
コンコルディアとファミアは遺跡に詳しい。
私はマークマイアの沼と川に詳しい。
そしてお前には実行力がある!
我々4人がいれば、大仕事を成し遂げられるだろう!

無法者の隠れ家での出来事

エシャンディルに骨董品を見せる為、無法者の隠れ家に行きましょう。

無法者の隠れ家に到着すると、エシャンディルは何者かに殺されています。

ウルザシ
ウルザシ

ああ、エシャンディル。
マーガス・デリウスには関わるなと言ったのに。

エシャンディルの遺体の側に居る、ウルザシに話を聞きましょう。

ウルザシ
ウルザシ

あなたね!
これは全部あなたのせいよ!
ああ、犯罪にはいつも危険が伴うけど、あなたの質問のせいでとんだ災難よ!

可哀想なエシャンディル。
あんなことになるなんて、あんまりだわ。

ここで何が起きた?

ウルザシ
ウルザシ

証拠はないけど、マーガスはブラックガードのごろつきを送って哀れなエシャンディルを黙らせたに違いないわ。
尻尾で感じる!

グレサーは面倒になったと見てすぐ逃げ出した。
私は木箱に隠れた。
エシャンディルは…運がなかったわ。

エシャンディルがアルゴニアンの骨董品について教えてくれると期待していた。

ウルザシ
ウルザシ

骨董品?見せて。
うーん。この者は専門家の…専門家だったエシャンディルじゃないけど、粘土板にはアルゴニアンの悪夢の偶像の秘密が記してある。
とても希少で、おそらく危険なものだわ。

どうしてそんなものに触らせたの?
早くしまって!

悪夢の偶像?
何のことか分からない。

ウルザシ
ウルザシ

ダメよ。もう何も言わない。
この者は自分の血を流したくない!
でもその品は他の遺物を指し示している。
何かは分からないけど、マーガスが自分の目標を達成するために必要な遺物をね。

もしかすると、ブラックガードの奴らが何か手がかりを残したかもしれない。

わかった。調べてくる。

周辺を探索すると、骨のナイフとブラックガードのメモを発見します。

ブラックガードのメモ

グレサーには教訓が必要。

ウルザシには催促が必要。

エシャンディルには墓が必要!

行動が完了したらチド・モスカ遺跡に戻れ。
探している品はもう少しで見つかる。
その瞬間がよくやく訪れるとき、ここにはブラックガードが必要だ。

MD

ジー・ラー
ジー・ラー

こっちだ、コンコルディアの友よ!

無法者の隠れ家にジー・ラーが到着しました。

ここで起こった出来事をジー・ラーに伝えましょう。

ジー・ラー
ジー・ラー

そこにいたか!
あの密売人はお前が見つけた骨董品について何か教えてくれたか?
コンコルディアはあれが重要だと考えているようだ。

私はまだ肌の乾いた者の感情を読むことに慣れていないが、彼女が心配しているのは間違いないと思う。

エシャンディルは殺害されたが、骨董品はマーガスを何か重要なものへ導いていることが分かった。

ジー・ラー
ジー・ラー

コンコルディアはザル・トーの粘土板について何か言っていた。
古い伝説だ。
私の卵の母が話してくれた、呪われた頭蓋骨のことを思い出すな…

その心配は後に回そう。
コンコルディアは出発する直前、お前の手助けのために私を送り出した。

コンコルディアはどこに行った?

ジー・ラー
ジー・ラー

コンコルディアはシャドウフェンにキャンプを張っている。
ストームホールドの外だ。
様子を伺いつつ、お前が手に入れた品についてもう少し調べるためだ。

我々は、マーガスを探す方法を考えよう。
早急にだ!

殺し屋はメモを落とした。
マーガスはチド・モスカ遺跡にブラックガードを集結させていると書いてある。

ジー・ラー
ジー・ラー

チド・モスカ?
それはシャドウフェンにある。これは事実だ!
マーガスとブラックガードを止めるなら急がなくては!

移動手段は私が用意する。
準備ができたら言ってくれ。

まだ準備ができていない。

ジー・ラー
ジー・ラー

分かった。
必要なことをしてくれ。
準備ができたら私を探してくれれば、シャドウフェンまで行ける。

準備はできた。行こう。

シャドウフェンの遺跡へ

ジー・ラーと共に、シャドウフェンに到着しました。

ジー・ラー
ジー・ラー

遺跡はこの先だ。
私はここで待って、船の安全を確保しておく。
沼にはあらゆる種類の恐るべき生物がいるし、その中には船を食べる奴もいる。
これは事実だ!

遺跡に入る前に、さっき言っていたザル・トーの粘土板と伝説について教えてくれ。

ジー・ラー
ジー・ラー

ああ、ザル・トーは「聖なる秘密」という意味だ。
粘土板にはそれぞれ固有の謎がある。

この粘土板はベーラ・カールの伝説に関連しているのだろう。
彼は古代のアルゴニアンの妖術師だ。
ブラック・マーシュの大部分を恐怖に陥れた、と物語は伝えている。

古代の妖術師がこの件に関係あるのか?

ジー・ラー
ジー・ラー

妖術師ではなく、そいつが残した遺物がな。
伝説によると、ベーラ・カールはその巨大なアルケインの力を使って、死の間際に自分の頭蓋骨へ強力な呪いを封じ込めた。
そして頭蓋骨は黄金に変わったという!

奴らが遺跡で探しているのはそれか?

ジー・ラー
ジー・ラー

その可能性は低そうだ。
私が聞いた物語だと、頭蓋骨はブラック・マーシュ沖のある島に隠されたという。
マーガスはおそらく、ブラックガードに頭蓋骨の正確な場所を示す手掛かりを探させているのだろう。

気をつけろよ。

チド・モスカ遺跡に行きましょう。

チド・モスカ遺跡
アルゴニアン学者は、チド・モスカ・ザンミーアをより大きなクサル・イシクス施設の一部とみなすべきか、
それともさらに太古のリザードフォークの部族によって造られた別の遺跡なのか、確信が持てていない。

遺跡の中を探索して、ブラックガードの計画を突き止めましょう。

アルゴニアンの日記のページ

…沼の北の…を探したが何もなかった。
だがまだあき…はいない。
地元生まれのアルゴニアンはその件についてなかなか話してくれないが、バルヴィンの…謎の脅威の…とタイミングのよい賄賂によって明らかになったのは、シャドウフェンの多くのザンミーアが…入り組んだ洞窟の上に造ったということだ。

…の絞り込みはまだだが…探しているアーティファクトは…これらの遺跡の中に埋もれていると信じている。
バルヴィンは…だが私はためらっている。
もし古代の…大きな危険になりかねない…

ブラックガードを倒して、アルゴニアンの悪夢の偶像を回収しました。

アルゴニアンの悪夢の偶像

ストームホールドにいるコンコルディアの所に、悪夢の偶像を持って行きましょう。

ジー・ラー
ジー・ラー

何か見つけたのか?
しかも生きて戻ってきたな!
またも驚かせてくれるじゃないか、友よ。

船に乗ってくれ。
ストームホールドの外にある、コンコルディアのキャンプに向かう。

コンコルディアのキャンプ

ストームホールドのキャンプに到着したら、コンコルディアに悪夢の偶像を見せましょう。

ジー・ラー
ジー・ラー

急ぐんだ。
コンコルディアはお前がチド・モスカ遺跡で見つけた、あの偶像を見たいはずだ!

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

やっと来たわね!心配してたのよ!
無法者の隠れ家で殺人があったって聞いてから、ジー・ラーとあなたがどこかの溝に横たわってる姿が頭から離れなかった。

マーガスの計画について、さらなる情報はあった?

闇市場の商人は、ザル・トーの粘土板がアルゴニアンの悪夢の偶像の秘密を明かしたと言っていた。

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

それは私が突き止めたことと合致しているわ。
どういう風にかは知らないけど、きっとベーラ・カールの伝説と関係してるのよ。

でもあなたが無法者の隠れ家を去ってから、あなたとジー・ラーに何があったの?
マーガスを追跡できた?

いや、だがある手掛かりを追ってチド・モスカ遺跡に辿りついた。
そこで悪夢の偶像を見つけた。

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

うーん。見事なサンプルね!
でも、像の後ろが開いてるのが分かる?
窪みがあるけど、中に入っていたものがなくなっているわ。

マーガス・デリウスはやはり私たちの一歩先を行っているようね。
あの傲慢な目が憎たらしいわ!

それで、これには何の意味があった?
マーガス・デリウスは何を探していた?

コンコルディア・<br>メルシウス
コンコルディア・
メルシウス

考えられる結論は一つしかない。
マーガスはベーラ・カールの黄金の頭蓋骨を探していたのよ。
偶像の中に入ってたものが、あいつを導くわ!

心配は後でしましょう。
今はシロディール・コレクションからの感謝を伝えるわ。
感謝の印として、これを受け取って。

クエストを完了する。

次回クエスト

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました