クエスト

腹いっぱい

ESOロスガー > デイリークエスト

物語内容

グルズグから依頼を受ける

モークル要塞のクランのロングハウスにいる、グルズグと会話しましょう。

初めてクエストを受ける場合

グルズグ
グルズグ

仕事を探しているんだろ?
よし。お前を使ってやる。
この辺りの連中は、優れた傭兵が解決できる問題をたくさん抱えている。
これらの依頼はどんどん溜まっていて、俺の部隊は予約でいっぱいだ。

それでどうだ? 手を汚す気はあるか?

2回目以降クエストを受ける場合

グルズグ
グルズグ

おお、帰ったな!
仕事が欲しいなら、ここに全く新しい契約の束があるぜ。
どうだ? 興味あるか?

もちろんだ。何がある?

グルズグ
グルズグ

顧客は誰かに飼育小屋の奥まで行ってもらいたいということだ。
彼女は特別なヅラゾグの餌を手に入れたいと言っている。
どうやらあそこで捨てられてる残飯が最高の飼料らしいな。

変だな。
俺はヅラゾグってのは他のヅラゾグを食うもんだと思ってたが。

他には?

グルズグ
グルズグ

ああ。競争のつもりなのか、危険だからなのかはわからないが、アルシュナはそれに加えてヅラゾグ訓練師ニコルヴァラを殺してきて欲しいと言っている。
それには追加で報酬を出すそうだ。
追加の支払いはいつでも大歓迎さ。

もっと詳細なことが知りたいなら、自分で彼女に聞いてみればいい。
すぐ外にいるよ。

分かった。
ヅラゾグの餌を集め、二コルヴァラを殺してくる。

グルズグ
グルズグ

ヅラゾグの周囲では気をつけろ。
仲間の一人があれを番犬として訓練できると思ったんだ。
ある日怒って彼の腕を、枝に成るリンゴのようにもいじまった。

残念だよ。彼はリュート奏者として一流だった。
俺の友達の方だからな。ヅラゾグのことじゃない。

ここで何をしている?

グルズグ
グルズグ

なるほど。たまに自分に同じことを質問してるよ。

私はドラゴンスターキャラバン社の契約仲介人だ。
クログが家の飾り付けの計画を始めて以来、ずっと契約を結んでいる。
続ける人材が足りていないだけだ。

ドラゴンスターキャラバン社?

グルズグ
グルズグ

そうだ。
我々は「財産警護コンソーシアム」。
もっとくだけて言えば、金のために働く歩兵と乱暴者の集まりだ。
仕事のほとんどはキャラバンの警護だが、金さえ払ってくれるなら、どんな仕事でもやる。

人材を探しているのか?

グルズグ
グルズグ

ハハ! いや、違う。
金が欲しいチンピラは、充分雇ってある。
これは厳密な契約の仕事だ。
お前に仕事を与えて、お前は最後に報酬をもらう。
簡単なことだ。

アルシュナから依頼の詳細を聞く

出発する前に、クランのロングハウスの外にいるアルシュナと会話しましょう。

アルシュナと犬小屋のヅラゾグ

初めてクエストを受ける場合

アルシュナ
アルシュナ

あの老いぼれたグルズグが、あなたを遣わせたのね?
ちょっと確認しておくけど、これであなたは何本か指を失うかも知れないわよ。
ニコルヴァラは彼女のヅラゾグを興奮させたの。
動くものなら何でも噛みつきそうなほどにね。

2回目以降クエストを受ける場合

アルシュナ
アルシュナ

じゃあ、私のために小屋に戻るつもりなのね?
ありがとう。
絶対にヅラゾグの餌にはならないでね。

グルズグによるとヅラゾグの食料が必要らしいな。

アルシュナ
アルシュナ

どんな食料でもいいわけじゃないの。

まずヅラゾグについて知っておいてもらいたいのは、生存能力が高いってこと。
ほとんど何を食べても生きていける。
あの醜いリークルどもは、飼ってるヅラゾグにホーカーの軟骨と古い骨しか与えてないんだから!

それが本当なら、なぜ特別な食料が必要なんだ?

アルシュナ
アルシュナ

そんなこと聞く必要ある?
小屋にいるヅラゾグを見たでしょ。巨大だわ!
私は思いつく限りの肉やハーブを試したけど、あの半分の大きさにも育てられない。

もう考えるのはたくさん。
私はシェフじゃなくて動物調教師よ。

ヅラゾグ訓練師ニコルヴァラを殺してほしいとも聞いてる。

アルシュナ
アルシュナ

そうよ。あのノルドの魔女を葬って。

友好的な競争相手くらいなら構わないけど、ニコルヴァラは全てのヅラゾグ調教師の評判を下げてる。
それもたくさんいるわけじゃないから、要するに私の評判を下げてるの。
それは我慢ならないわ。

ヅラゾグの餌を集めて、ヅラゾグ訓練師ニコルヴァラを倒す

ニコルヴァラの小屋の行き、ヅラゾグの餌を集めて、ヅラゾグ訓練師ニコルヴァラを倒しましょう。

ヅラゾグ訓練師ニコルヴァラ
ヅラゾグ訓練師ニコルヴァラ

思いきり噛みついてあげなさい!

誰も私のヅラゾグを傷付けられない。

私のヅラゾグはよく躾けられてるわよ。

引き裂け!

アルシュナに報告する

クランのロングハウスに戻ったら、グルズグと会話しましょう。

グルズグ
グルズグ

飼育小屋から戻ったのか?
悪気はないが、ブーツをこすってきれいにした方がいいかもな。
アレの中に入ったみたいな臭いがする。

会社はすでに分け前を取った。
もし報酬が欲しいなら、アルシュナと話せ。

アルシュナと会話しましょう。

アルシュナ
アルシュナ

戻って来て嬉しいわ。
噛み傷が少しだけなのも嬉しい。
認めるわ。正直驚いた。

小屋ではうまくいったの?

ああ。ヅラゾグの餌を見つけ、ヅラゾグ訓練師ニコルヴァラを殺してきた。

アルシュナ
アルシュナ

それで安心したわ。
人々にヅラゾグを信頼してもらうのはただでさえ難しい。
頭のネジの緩んだノルドが、人々にけしかけてしまったらどうにもならないし。

この飼料は正しい目的のために使わせてもうわ。
もし誰か、強くて性格のいい犬を探している人を見つけたら、私のところによこして。
いいわね?

クエストを完了する。

アルシュナ
アルシュナ

ヅラゾグを訓練するほど忍耐力があるか、その経験を耐え抜くほど強い人は多くない。
でも、あなたには何かがあるわね…
いつかあちこちさまよって何かを突き刺す仕事に飽きたら、やってみるといいわ。

関連クエスト

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました