書籍

トリニマクの家庭用偶像

この第一紀後期の古代トリニマクの家庭用偶像は、初代オルシニウムの時代にもトリニマクを熱心に信仰していたオークが、家庭内の私的な信仰としても実際に存在したことを示している。

こうした小さな像は純金製で、トリニマクに捧げる野獣を様式化した形をしている。
家内安全と安らぎをもたらすもの、そして個人信仰の中心的存在として家の中に安置された。
この時代のものとしてトリニマクの印を持つ金色の熊、豚、ヤギ、さらにはホーカーまでもが見つかっている。

古代トリニマクの崇拝施設であるパラゴンの記憶の周囲は、長年に渡ってこれらの小像の産地となっていた。
現存する偶像を回収できる可能性が最も高い場所だ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました