スポンサーリンク
書籍

ペリナルの歌 第8巻

啓示とアレ=エシュの死

(編者注: これは最も古く最も断片的なペリナルの文章である。しかし、これは元々話されたか歌われた「歌」の原型に最も忠実なものと思われる。従って、短さにも関わらず価値がある。奇妙なことに、アレッシア崩壊の際にペリナルは居合わせたようだ。伝説ではウマリルによって、アレッシア崩壊の数年前に死亡している。一部の学者はこの断片がペリナルの歌の一部ではないと考えているが、ほとんどの学者はこれが本物だと考えている。しかし、重要性については多くの議論がある)

「… そして、私の半身とともに力を集めさせたのだ、その半身はその死すべきものの観念に光を与えた。それは(神々の)喜び、それは自由、天にもその本当の意味は知られていない(だからこそ)父なる… (文章欠落)… 協定より以前、最初の(日々?精霊?渦巻き?)… の中でこの世の憤怒を模して。(我々は)今あなたをつれてゆく。我々の本当の顔を(見せて)やろう… (それらは)時がくるたびに失われた記憶の中で互いに食らい合う」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました