クエスト

灰色の道

ESOクラグローン > デイリークエスト

物語内容

古びた本を読む

ドラゴンスターのキャラバン会社交易拠点のバルコニーに置かれている、古い本を読みましょう。

灰色の道
灰色の道

テーブルの上に古い革装の本が置いてある。

<古い本を調べる>

灰色の道
灰色の道

<この古びた本には炭目の放浪者ラネヴという古代のネードの勇者が辿った「灰色の道」という巡礼の旅を詳しく記している。
時間内にその巡礼の旅を終えることができた場合、星々の恩恵が与えられるという>

<古い本を読み続ける>

灰色の道
灰色の道

<ラネヴの巡礼はドラゴンスターの南西にある「グレイ・メンヒル」という石から始まり、そこで終わると書かれている。
他の目的地はクラグローン中に散らばっており、さまざまな洞窟や墓地の中にあるらしい>

グレイ・メンヒルへ行き、ラネヴの巡礼の旅を巡ってみよう。

出発する前に、古びた本を読みましょう。

ラネヴィアド 第2巻

こうして樫のセルミラの従姉妹であり、イルンダヌス王に最も愛された炭目の放浪者ラネヴは、過去の英雄達に敬意を表するためホシヴェンの石を訪れた。
そこで彼女はグレイ・メンヒルを見つけたのである。

その石はラネヴの頭上高くそびえ、彼女を矮小化しながら地と水の上に長い影を落としていた。
長身とその力で知られるラネヴは、建っている石の大きさに感嘆した。
驚いたことに、目の前で見えない謎の手が石に文字を精巧に刻みつけ、石板のようなものを作りあげていったのである。
その石板は彼女に次の言葉を説いた。

「巡礼者よ、星々に従い、探求の旅に出よ。
石に刻まれた六の美徳を捜し求めよ。
それぞれの命を気高き心で担い、急いで戻れ。
素早く公平な者のみがセレスティアルの好意を受けられる」

この言葉を読んだ彼女は、大いなる目的で胸がいっぱいとなった。
彼女はこの石の試練に挑み、星々の美徳を目指すことを決意した。
彼女はグレイ・メンヒルの前で瞑想し、戦士の賛美歌を歌ってから巡礼の旅を終わらせるべく旅立っていった。

ラネヴは素早く旅を進め、六の聖域をそれぞれ巡礼した。
それぞれの聖域で、戦士は六の美徳を得るために恐ろしい生物や忌むべき野獣などの試練を乗り越え、祈りの印を探し出した。
勝利と星々の美徳の歌をその身に得た彼女は、与えられた時間内にグレイ・メンヒルに戻り、終生それらの美徳を体現することを誓った。
その日から炭目の放浪者ラネヴは、星々の寵愛を受けたラネヴとして知られるようになったのである。

そしてそれは、彼女の冒険の始まりでしかなかった。

グレイ・メンヒルに行くと、大きな石と石版があります。

〈灰色の道〉の石版を読みましょう。

灰色の道

星々よ歌え、すべての人の心に宿る栄光を。
ホシヴェンの石と永く消火されたサーヘディルの火葬場の下で、努力が目的と栄光へと繋がらんことを。
巡礼者よ知れ、星々の美徳を、すべての偉業は祝福を望んでいる。
星々が正しき者達を灰色の道、そしてクラグローン北部の洞窟の道中を導き、そして祈りの印とその命令を探し出すだろう。

巡礼者よ、星々に従い、探求の旅に出よ。
石に刻まれた六の美徳を捜し求めよ。
それぞれの命を気高き心で担い、急いで戻れ。
素早く公平な者のみが神聖なる好意を受けられる。

巡礼の旅をする

制限時間内に、クラグローンの各地にある石版を巡りましょう。

フィアファングス洞窟に行くと、〈勇気への誓い〉の石版があります。

勇気への誓い

巡礼者よ、星々の命を知れ:

困難を前にしても信念と勇気を持ち続けろ。
恐怖を抱かなければならないのなら、敵に恐怖を抱かせろ。
恐怖は口の渇きと感覚を麻痺させる重荷である。
敵は多数で、己の仲間たちは足元に死に倒れたとしても、勇気と覚悟を持つことだ。
勇気は戦士の聖堂が建つための礎石であり、神殿は強く建ち続けるだろう。

星々の命に従い、勇敢であることを誓え。

大蛇の巣に行くと、〈警戒への誓い〉の石版があります。

警戒への誓い

巡礼者よ、星々の命を知れ:

眩しい日中も星々の祝福がある夜でも、常に警戒は怠るな。
強大な壁の内にいても、人々はグレイメンや祖種ゴブリン、野獣などの脅威にさらされている。
広間の中でも、人々は謀略や誤った助言により倒されることがある。
戦士は常に周囲に目を配り、必要があれば行動に移らなければならない。
警戒は戦士の聖堂を守る防壁である。

星々の命に従い、用心深くあることを誓え。

ロスナ洞窟に行くと、〈忠実への誓い〉の石版があります。

忠実への誓い

巡礼者よ、星々の命を知れ:

王や聖職者には忠実であれ。
責務は明るい気質を持つ者に従い、暗い気質を持つ者に背くことではない。
善き王が暗愚な王以上に忠義を受ける権利はない。
司祭と王は共に星々の声を表す者達である。
熟していないイチジクのごとく渋く、切石されていない石のように硬い者であっても、彼らには従わなければならない。
忠実さは戦士の鎧であり、鎧は強い。

星々の命に従い、忠実であることを誓え。

イルサグの塔地下に行くと、〈完璧への誓い〉の石版があります。

完璧への誓い

巡礼者よ、星々の命を知れ:

すべてに完璧さを求めよ。
自らの道を惑うな。
日々を剣と共に過ごし、夜を盾と共に過ごせ。
ためらわず、熱心に訓練に励め。
完璧となれ。
なぜなら偉大なことを成し遂げるには、鷹のごとき集中力が必要となる。
完璧な戦士は、ためらうことなく敵を切り倒す武器である。

星々の命に従い、完璧であることを誓え。

遠吠えの墓地に行くと、〈敬虔への誓い〉の石版があります。

敬虔への誓い

巡礼者よ、星々の命を知れ:

星々を敬え。
星々を崇拝し、畏敬の念を抱くことは正しいことである。
人々の敵の上に落ちる刃はまず空に向かって掲げられなければならない。
祈りと共に打撃を与えよ。
祈る時は毅然とし、寛大な心を持って犠牲となれ。
信心深く、星々の好意を受けた者だけが真の栄光を求められる。
敬虔な戦士は責任感のある戦士であり、敬虔な心は最も暗い時も戦士を支えてくれるだろう。

星々の命に従い、敬虔であることを誓え。

エグザーチの要塞に行くと、〈純真への誓い〉の石版があります。

純真への誓い

巡礼者よ、星々の命を知れ:

純真を求め、世俗の快楽を慎め。
獣のように汚れや泥に塗れるな。
また金の家と祝福された赤石の家に住むなかれ。
すべての事象に清潔と簡素さを求めよ。
堕落した者の杯を分け合うなかれ。
そして博打打ちのテーブルで食事することなかれ。
簡素な刃は常に清潔で鋭くなければならない。
質素な戦士は重荷を背負わない戦士であり、何が来ても対応できる者である。

星々の命に従い、純真であることを誓え。

全ての石版を巡礼した後、グレイ・メンヒルに戻りましょう。

グレイ・メンヒル
グレイ・メンヒル

<石の中に小さい凹所が現れた。
掛け金のようである>

<掛け金を上げる>

グレイ・メンヒル
グレイ・メンヒル

<かんぬきを上げるとメンヒルへの扉を開き、金庫が目の前に現れる。
金庫の中には古いネディックの貴品箱がある。
幾年月が過ぎても風化されず、触るとひんやりと冷たい。
これが灰色の通り道を時間内に巡礼すると手に入る報酬だ>

クエストを完了する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました