書籍

聖コエリシアの饗宴 第四巻

ニベン料理の専門家、アルフォンス・ジェリカンダンテ著

第5コース

著者による注記: ジビエと鶏をテーマとした第5コースは、「空の獣」を広く解釈したものである。注目すべき点として、レヤウィンはブラック・マーシュに近いため、このテーマは空を飛ばない様々な生物を含みうることがある。

細切れにした「クリフストライダーの膜」の煮込み。この料理はシチューに似ているが、そんな呼び方は侮辱も甚だしいとダークエルフは言う。モロウウィンドの田舎で食されるこの料理は、おそらくブラゾラスが大臣のアーヌス・デムネヴァンニへ内密に謝罪するために供したものと思われる。皇帝は当時、デムネヴァンニの妻と積極的に同衾していたからだ。

「コウモリの串焼き」のヨーグルトとピスタチオがけ。またしても、ブラゾラスは平凡な料理を最高の素材と見事な調理技術によって、帝国の饗宴に相応しい一品に変えている。コウモリはブラックウッドの湿地で頻繁に見かける生物であり、地元の漁師にとっては魚が釣れない時にも豊富な肉の供給源である。網で捕らえたコウモリを串に刺して、ヨーグルトソースを塗りながら丸焼きにし、砕いたナッツをまぶす。この料理は大変な人気を博したため、ニベンのコウモリ生息数が壊滅的に減少したほどである。

ブランデーで仕上げた「レマンのスープ」。この料理は主に冗談のために作られたものである。スープはこれの前に出されたコウモリの串焼きと同じく一般的な料理だが、ブラゾラス皇帝が平凡な食事を提供することは決してない。肉汁で野菜や豆類を煮込むのではなく、ブラゾラスが供するスープは鴨の眼球を使っており、これは食事の開始時に食べさせた鴨の舌と同じ鴨から取った眼球である。ブラゾラス皇帝は全員が出された食事を食べ終えるまでは、スープの材料を客人たちに教えようとしなかったと言われている。

「詰め物入りの白鳥」、付け合わせは不明。この料理は供された人々にとって最も強く記憶に残った一皿であり、しばしば「ブラゾラスの馬鹿げた茶番」と呼ばれている。白鳥に様々なものを詰めた料理だということは分かっているが、あまりにきつく詰め込まれていたので、白鳥はテーブルに置かれた途端、爆発したのである。サテンやダマスクが油と肉汁でぐしょ濡れになり、テーブル付近にいた全ての人々が嘆いた。

「クチバシのゼリー」およびその他のゼリーのクリームアニスソース添え。最後の一皿はウッドエルフの漬物作りの技術を使って柔らかくしたクチバシで、さぞかし見ものだったろうと思われる。残念ながら、この料理に関する記録は少ない。直前に供された白鳥の爆発のせいで、部屋には陰鬱な空気が漂っていたからである。

* * *
第6コース

著者による注記: 大半の饗宴について言えることだが、肉のコースはシェフと主催者が食事全体で表現しようとしている中心的なテーゼが明らかになる部分だと考えられている。ブラゾラス皇帝がこのコースで何を伝えようとしたのかは不明だが、もしかすると聖コエリシアの殉教を快楽趣味の中に沈めようとしたのかもしれない。

「ラクダの丸焼き」の羊肉と鶏肉と卵とナッツ添え。ブラゾラスが一夜の話題をこの茶番で持ちきりにするつもりだったのは間違いないが、知ってのとおり最も人々の記憶に残ったのは白鳥の詰め物だった。それでも、ラクダの中に羊を詰め、羊の中に鶏を詰め、鶏の中に卵を詰め、卵をナッツでコーティングした姿は確かに見ものではあった――しかもシェフはこの化け物を全てテーブルのそばで切り分けてみせたのである。シナモンの香りが何週間も取れなかったと言われている。

「ヤマネ」のゼンマイ添え。典型的な快楽趣味の見世物であり、ブラゾラスは数週間、レヤウィンにいる浮浪児を1人残らず雇い、賓客に供するためのヤマネを集めさせたという。ブラゾラスはヤマネをガチョウの油で徹底的に肥えさせたので、食べた時には、ヤマネの骨までも舌の上で溶けてしまうほどだったという。

「若黒鶏」の亀甲焼き。ホワイトローズの黒鶏種はその猛毒の肉で知られている。有毒の甲虫を食べるせいで、体に黒い斑点ができるのである。ブラゾラスはこの食事のためにまたしてもアルゴニアンの発明を採用した。まず、普通の亀に彩色を施してこの若鶏の肉を食べさせる。亀は毒を無効化できるからである。あとは鶏肉が完全に消化される前に亀を殺し、丸焼きにして客に供すればよい。亀の肉は平凡だが、体内に入った若黒鶏の肉の病的な味わいは、五感を刺激する逸品である。

「センチの心臓のフィレ」のサトウキビ添え。この料理は挑戦的である。多くの賓客はセンチの心臓を食べるという象徴的行為を問題視したからだ。しかしこの臓器を食べることを選んだ者たちは、通常は硬いはずの心臓の筋肉がとても柔らかく処理されていることに感動した。

「骨髄と腱」のブラウンソース添え。この料理はブラゾラスの前任者のシェフ、アルベレット・ソーヴィンが発明したもので、帝国の宮廷で長く人気を博した。インペリアル料理の伝統にアカヴィリの影響を交えており、特に腱の味つけと調理法にそれが現れている。腱は雄牛の骨に浸され、骨髄をすくうための道具として用いられる。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました