スポンサーリンク
クエスト

奇妙な伝令

ESO北エルスウェア > サイドクエスト

前日談

ガシュググと話す

リンメンの西方にいる、ガシュググと会話しましょう。

ガシュググ
ガシュググ

優しいオークとして、困っている女性を助けようとしたらこのざまだ。アカヴィリのアーティファクトと魔法の声についての講義を受けるはめになった

どんな女性だ?

ガシュググ
ガシュググ

このすぐ先の、古いアカヴィリ墓地で瓦礫を漁っているカジートだ。何かブツブツ言っているから、助けが必要なんじゃないかと思ってな

だが話した感じでは、頭がおかしいだけなのかもしれん

その女と話して、何が起きているのか調べよう

もう一度、ガシュググと会話しましょう。

ガシュググ
ガシュググ

イカれた猫が何を言っているのか、頑張って聞いてくるんだな

物語内容

キセラヴィと話す

リンメンの西方にある洞窟「大蛇の墳墓」の入口にいる、キセラヴィと会話しましょう。

キセラヴィ
キセラヴィ

霊魂はキセラヴィを助けるため、あなたを遣わしたの? 何て言っていた?

何のことだ?

キセラヴィ
キセラヴィ

ごめんなさい。あなたも霊魂の声が聞こえるのかと思ったの

霊魂は大蛇の墳墓にあるアカヴィリの遺物を守っている。霊魂はキセラヴィが遺物の秘密を世界に伝えるよう望んでいるけど、墳墓は危険すぎるわ。そして、彼女は遺物を持ち帰らないと、ここを去らせてくれない

どんな霊魂だ?

キセラヴィ
キセラヴィ

霊魂という言い方は正しくないかもしれない。存在。あるいは女神かしら。墓場を守りつつ、キセラヴィの心をその両腕で包んでいる存在よ

アカヴィリの遺物を手に入れてくれる? でないと、遺物の秘密はここで永遠に閉じ込められたままよ。キセラヴィと一緒に

墓からアカヴィリの遺物を手に入れよう

キセラヴィ
キセラヴィ

見知らぬ人よ、ありがとう! あなたが霊魂の試練を乗り越えて、アカヴィリの遺物を手に入れることを願うわ

あなたはきっと、他の者たちのようにはならないわよ

なぜアカヴィリ遺物がカジートの墓にある?

キセラヴィ
キセラヴィ

遠い昔、カジートは亡命したアカヴィリに、死者をカジートの墓に葬る許可を与えた。ここには多くのアカヴィリが埋葬されたから、大蛇の墳墓と名前を変えたの

アカヴィリは死者の側に鎧や遺物を置いた。霊魂はそれら全てを見守っているのよ

なぜここに来た?

キセラヴィ
キセラヴィ

好奇心。傲慢。それに欲かしら。キセラヴィはアカヴィリの秘密を知りたかった。知識を利用し、力を盗むために。遺物を高値で買ってくれる人もいるし

利己的な欲望でキセラヴィは来たの。でも霊魂の言葉によって、ここに留まることになったのよ

アカヴィリについて教えてほしい

キセラヴィ
キセラヴィ

祖先が血を吸う大蛇に食べられたとも噂される種族よ。大蛇に捕らえられただけだと言う説もある。毒に耐性を持ち、戦闘では激しく戦ったそうよ。ドラゴンを奴隷にしたって噂もあるわね

遺物が真実を教えてくれるはずよ

墓の霊魂について教えてほしい

キセラヴィ
キセラヴィ

見たことはないけど、感じるの。霊魂の言葉が、私の中で何かを開いた。目的意識。帰属意識。愛情

言葉そのものは覚えていないけど、そこに込められていた意味は心に刻まれている。私が遺物を世界に伝える時、あなたも理解するわ。みんなが理解する

墓に入って遺物を持ち帰ろう

アカヴィリの遺物を集める

洞窟「大蛇の墳墓」に入りましょう。

大蛇の墳墓
第二帝国が崩壊した時、多くのアカヴィリを祖先とするインペリアルは運命を共にした。最高顧問の罪を非難するため、彼らはシロディールでの埋葬を拒否された。しかし彼らはこの墳墓をエルスウェアに与えられ、名誉ある死者と交流できるようになった。

洞窟内にある「アカヴィリの箱」を調査すると、「アカヴィリの遺物」を入手します。

アカヴィリの箱
アカヴィリの遺物

恐ろしい大蛇が刻まれた遺物

キセラヴィに報告する

大蛇の墳墓の外にいる、キセラヴィと会話しましょう。

キセラヴィ
キセラヴィ

アカヴィリの遺物を手に入れたのね!

霊魂はあなたと話した?

確信はないが、遺物は持って来た

キセラヴィ
キセラヴィ

ああ、アカヴィリの霊魂が祝福したのね。キセラヴィにはわかる。キセラヴィが失敗したのにあなたが成功した理由が、それ以外にある?

この贈り物を受け取って。霊魂の祝福もね

クエストを完了する。

キセラヴィ
キセラヴィ

キセラヴィにはわかっていたわ。墓に入れるほど勇敢で、霊魂の試練を乗り越えられるほど強く、彼女の保護を受け入れ、彼女の声に疑問を持たないほど賢い人に会えるって

霊魂が言っていたからわかったのよ

これからどうする?

キセラヴィ
キセラヴィ

霊魂はキセラヴィに、アカヴィリの遺物をタムリエルに伝えて欲しがっているわ。アカヴィリには私たちに理解できない魔法がある。彼女の影響力を広めて、私たちみんなを守ってくれる魔法よ

もうすぐ、この霊魂はみんなの心に住み着くわ。すべてあなたのおかげよ

アカヴィリの霊魂に何を言われた?

キセラヴィ
キセラヴィ

一部の人にとっては、古代の秘密と失われた魔法を解き放つ鍵になる言葉。残りの人にとっては、知らないほうがいいこともあるということを思い出させてくれる言葉ね

霊魂はこの墓で長年死者を見てきた。そしてこの先もずっと

クエスト報酬

  • 経験値(中)
  • ゴールド(中)
  • 大蛇のベルト
大蛇のベルト

アカヴィリの最高顧問の奇妙な鎧鍛冶は、帝国軍を永久に変化させた。

[分類] 防具 ➔ 中装鎧 ➔ 腰 ➔ ダルロック・ブレイセット

関連書籍

アカヴィリの埋葬儀式

古代学名誉教授レリエン・アーニーズ著

アカヴィリの謎めいた蛇の民はタムリエルの海岸に異国情緒あふれる多くの慣習を持ち込んだが、その中でも埋葬の儀式ほど奇妙なものはない。最も奇怪な伝統はすぐに消え去ったものの、アカヴィリの末裔であるインペリアルは蛇の民の比較的穏当な儀式の多くを保った。以下の記述は網羅的なものでは全くないが、若い研究者に対して、アカヴィリの墓地がどのような学問的、物理的な困難を提起するかについて、一定の理解を与えると想定される。

一例として、大蛇の墳墓を挙げよう。カジートの建築家はこれを、元々リンメン王家の霊廟として考案した。しかし第二紀400年におけるアカヴィリ最高顧問の失墜と、それに伴うシロディール社会の混乱により、アカヴィリを祖先とするインペリアル数千人が移住することになった。彼らは国境を越え、大挙してエルスウェアに押し寄せた。常に日和見主義者であるリンメンのカジートは、この新たな居住者の尊い死者をカジートの墓地に引き取る名誉を与えた。値札を付けて。当時、アカヴィリの死者数は現地のカジートの死者を大幅に上回ったため、この建造物の名を「大蛇の墳墓」と変えたのである。

どの記述に従っても、古典的なアカヴィリの埋葬は厳重に管理されたものだったという。蛇の民の儀式は死者の体を、顔を除く体全体を覆う豪勢な絹の衣で縛りつける。顔の部分には細かく意匠を施した仮面を置くが、しばしば位の高い者には銀、低い者にはブリキの飾りが配してある。この仮面は通常、不気味な大蛇やその他の怪物の姿をあしらってある。これは悪霊を追い払うためかもしれないが、むしろ迷信深い墓荒らしへの対策の可能性が高い。それ以上に大事なのは、葬儀を執り行う者は死者が身に着けていた先祖伝来の武具を、遺体の側の台座に置いたことである。こうした武具はとても価値が高い。盗賊は定期的に壺を漁り、石棺をひっくり返して鎧兜を探し、裕福な収集家に売ろうとする。しかし危険もある。

まるで怒れる霊魂が操っているかのように自ら起き上がって身を守る鎧の存在は、多くの歴史家が言及している。こうした記述を顧みない者もいるが、従わないのはとても愚かと言える。忘れてはならないのは、墓地の探索において、適度な迷信が有用な点である。

関連リンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました