スポンサーリンク
書籍

償いの石

真の猫がナミイラに堕ちるのを見ること以上の深い悲しみが、カジートにあるだろうか? 仲間の輝く顔が突然真夜中のように暗くなり、憤怒と悲哀で顔を皺にするのを見せられる。我らが民はドロ・マスラを呪うが、ナミイラの踊る僕はかつてアズラーの純真なる子にして、ジャ・カージェイを受け継ぐ者だったことを決して忘れてはならない。

救済の及ばぬカジートはいない。ドロ・マスラの魂を倒れた我らの眷属の骨に押し付けることで、我々は彼らに償いの機会を与えられる。平穏は黄昏にのみ見出されるからである。だから、暗闇へ呼びかける我々の声に尻込みする者の言葉に耳を貸してはならぬ。清められた魂のためならば、どんな代価も大きすぎはしない。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました