書籍

無の代弁者

ニッソ・ゼーウルム著

無の代弁者、無の言葉よ
虚無は無の舌にしがみつく
千の舌と十倍の言葉
真理は安らう、無の肺と共に

知恵の息吹は空気を汚す
腐れ落ちて久しい果実のごとく
闇は言葉の隙間に挟まる
何かの間にある無

足は多くの道を歩む
ヒストの多くの根によって敷かれた道を
唇は多くの真理を語る
ロウソクの明かりのように広がる真理を

汝にはいかなる安息もなく
恐怖を鎮める優しい真理もない
だが言葉をよく聞け
無の目を見よ

コメント

タイトルとURLをコピーしました