書籍

偵察報告書:虚空の広間

ファレン・ダー―

古いデイドラの祠をうろつきまわるほどの金はもらっていないから、これは手短に書く。

使っている連中もその場所は好きではないとわかった。
だからそこにある宝はすぐに移動される。
入って、品を手に入れたら出て行け。
無駄にする時間はない。

巡回部隊は互いによく連絡している。
一人に見つかったら全員が警戒態勢になる。
猶予時間が短くなる。

それでも中には多くの品がある。
そこまでたどりつけなくても、二流の略奪品をポケットに詰めこむことはできるし、費用を賄う助けにはなるだろう。

―B

コメント

タイトルとURLをコピーしました