クエスト

タムリエル全土への伝言

前回クエスト

物語内容

ヴァヌス・ガレリオンの呼び出し

タムリエルを冒険していると、魔術師ギルドのリーダー、ヴァヌス・ガレリオンがやって来ます。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

ああ、見つけたぞ!
少し話したいんだが、いいかね。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

やあ。
実際に会えて良かった。
私はヴァヌス・ガレリオン、お前が能力を示してくれている魔術師ギルドを率いている。
頼みたいことがあるんだ。

助け?

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

ああ。
今こそタムリエルをモラグ・バルから解放する絶好のチャンスだ。
アンカー、デイドラ、アンデッド…奴らはか弱き定命者の次元をおびやかす。

私の計画にはお前が必要だ。
お前にしかできない。

何をすればいい?

キャラクターの同盟がダガーフォール・カバナントの場合

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

ダガーの環のリーダー、コッパー・ダリアに会ってくれ。
ダガーフォールの魔術師ギルドにいる。
エメリック個人の密偵さえ、私の意見に同意しているんだ!

すぐに行く。
最後の準備があるんだ。

キャラクターの同盟がアルドメリ・ドミニオンの場合

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

〈女王の瞳〉のラズム・ダーに会ってくれ。
スカイウォッチの魔術師ギルドにいる。
アイレン個人の密偵さえ、私の意見に同意しているんだ!

すぐに行く。
最後の準備を終えたらすぐに。

キャラクターの同盟がエボンハート・パクトの場合

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

隠れアーミガーのリーダー、スラシュに会ってくれ。
モーンホールドの魔術師ギルドにいる。
ジョルン個人の密偵さえ、私の意見に同意しているんだ!

すぐに行く。
最後の準備を終えたらすぐに。

そこで会おう。

同盟の密偵と接触

ヴァヌス・ガレリオンは、モラグ・バルによるタムリエル侵略を阻止する計画を立てました。

彼の計画を聞くため、魔術師ギルドに行きましょう。

キャラクターの同盟がダガーフォール・カバナントの場合

ダガーフォールの魔術師ギルドに行くと、マリセッテとコッパー・ダリアがいます。

マリセッテ
マリセッテ

私じゃなくて、コッパーと話して。
私と話すと高くつくわよ。

コッパー・ダリアと会話しましょう。

コッパー・ダリア
コッパー・ダリア

そろそろ来ると思ってた。

会ったことはないと思うが?

コッパー・ダリア
コッパー・ダリア

私はダリア。
友人にはコッパーって呼ばれている。
王の諜報機関である、ダガーの環を指揮しているの。
あなたは、ヴァヌスを探してるのでしょう?

指示を仰ぐように言われた。

コッパー・ダリア
コッパー・ダリア

私が王の右腕に命令できる訳ないでしょう。
あなたがヴァヌスのおかしな計画に手を貸したいなら、どうぞご自由に。

できる限りヴァヌスに手を貸す。

コッパー・ダリア
コッパー・ダリア

本気?
ああ、ゼェトの涙よ!
あなたも彼のようにまともじゃない!

それなら私もしっかりやらなきゃね。
準備することがたくさんある。
ヴァヌスはもうすぐここに来るから、詳細は彼から話すように言っておく。
それと、私に10ゴールド払ってね。
後で受け取りに行くから。

ヴァヌス・ガレリオンが到着するまで待ちましょう。

その間、コッパー・ダリアとマリセッテの会話を聞きましょう。

コッパー・ダリア
コッパー・ダリア

それで、何があった?

マリセッテ
マリセッテ

一週間以内に私たちの命が狙われる方に100賭ける。

コッパー・ダリア
コッパー・ダリア

それはないでしょう!
この三ヶ月、週に一度は隠れアーミガーに襲われてるんだ!

マリセッテ
マリセッテ

分かった、ならドミニオンの密偵が接触してくるのに300。
それもカリエルね。
ラズム・ダーじゃない。

コッパー・ダリア
コッパー・ダリア

カリエル?
あの田舎娘は、私の前に顔を見せるほど愚かじゃないさ。
必ずあの女を追いつめて、喉をかき切ってやるわ。

マリセッテ
マリセッテ

それが終わったら、その300ゴールドで一年中お祝いできるだけのエールを買うといいわ。

コッパー・ダリア
コッパー・ダリア

その賭け乗った!

マリセッテ
マリセッテ

あんたが勝ったらエールを分けてね。
さて行きましょ。
仕事がたくさんある。

キャラクターの同盟がアルドメリ・ドミニオンの場合

スカイウォッチの魔術師ギルドに行くと、カリエルとラズム・ダーがいます。

カリエル
カリエル

あなたがしようとしていることは知っている。
応援はいらないかもしれないけど、頑張ってね。

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ついさっきまでデューンにいたと思うんだが?
ラズが速く歩けて良かった。
お前を待たせたくはないからな…今、ギルドマスターを待っているように。

女王がモラグ・バルのことを話していたが?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

そうだ。
魔術師ギルドのヴァヌス・ガレリオンがお前の出席を要求した。
彼はもうすぐここに着く。

ヴァヌスの望みは何だ?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

どうしようもない任務にお前の助けが必要らしい。
彼は同盟指導者達を会合で団結させようとしている。
そうすれば、皆が生き残れると。

もちろん夢のような話だが、彼が必要とする物は何でも提供するように女王に頼まれた。

できる限り手を貸そう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

女王が言っていたが、お前は彼女の代理として話をするんだろ?
なんて偉大な責務なんだ!
ラズよりいいじゃないか。

これから関わることをちゃんと理解してるか?

していない。必要なことは何だ?

ラズム・ダー
ラズム・ダー

あるやり取りをしなければならない。
危険なやり取り。
これで皆の安全は保証されるだろう。
この者は誰かを派遣しなければならないな。
フム。

よし、そうだ。
カリエルにしよう。
そんなに難しくなかったな。

ヴァヌス・ガレリオンが到着するまで待ちましょう。

その間、ラズム・ダーとカリエルの会話を聞きましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

カリエル向きの仕事だな!

カリエル
カリエル

冗談でしょ。
自分でやってよ。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ん?なぜだ?

カリエル
カリエル

スラシュは殺人鬼だし、コッパー・ダリアは…気に入られてないとだけ言っておくわ。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

なぜコッパー・ダリアはカリエルに怒ってるんだ?

カリエル
カリエル

彼女の上で、うっかり建物を崩壊させたの。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

ああ、そうか。
すっかり忘れていたようだ。

よろしい。ラズに任せろ。
コッパー・ダリアには、よろしく伝えておく。

カリエル
カリエル

もう、ラズ!
近すぎる!

キャラクターの同盟がエボンハート・パクトの場合

モーンホールドの魔術師ギルドに行くと、ナリューとスラシュがいます。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

スラシュと話しなさい。
私は公式にはここにいないことになってるから。

スラシュと会話しましょう。

スラシュ
スラシュ

おお、パクトの英雄じゃないか。
来れてよかった。

会ったことはないと思うが。

スラシュ
スラシュ

俺は隠れアーミガーのリーダーだ。
お前が俺達のことを聞いているなら、俺達が仕事に失敗した、ってことだ。

アーミガーはパクトの汚い仕事を担当している。
特にモラグ・トングや他の秘密組織から来た密偵をも巻き込む。
ここにいるナリューみたいにな。

なぜ暗殺者が必要なんだ?

スラシュ
スラシュ

彼女には貸しがある。
話すには時間が足りないような長い話があるんだ。
彼女は俺の兄弟を守り、俺は彼女を救った。
行ったり来たりだな。

本題に移るぞ。
ヴァヌス・ガレリオンのことでここにいるんだな?

そうだ。

スラシュ
スラシュ

あのおかしなアルトマーは、中立地域で同盟指導者達を密かに会合させたいらしい。

彼はもうすぐ来るから、彼に詳細を教えてもらえ。
だが心配するな。
アーミガーは役目を果たす。

役目とは?

スラシュ
スラシュ

大して多くはない。
正しき場所に正しく密偵を配置する。
パクトの利益を守る。
そんな感じのことだ。

もっと話せるが、そうしたらナリューがお前を殺したくなるだろう。
ちょっと切り刻む程度で済ませるかもしれないが。

ヴァヌス・ガレリオンが到着するまで待ちましょう。

その間、スラシュとナリュー・ヴィリアンの会話を聞きましょう。

スラシュ
スラシュ

来てくれて嬉しいよ、ヴィリアン。
借りを返してもらいたくてね。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

必要かどうかも分からないのに呼び寄せたってこと?
スラシュ。
はあ。何をしてほしいの?

スラシュ
スラシュ

他の密偵組織と接触して欲しい。
アルドメリ・ドミニオンの〈女王の瞳〉と、ダガーフォール・カバナントの〈ダガーの環〉だ。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

接触って、短剣の先で触れればいいの?
何度も。
そうよね?

スラシュ
スラシュ

いや、違う。
これは外交だ。
殺しではない。

ナリュー・ヴィリアン
ナリュー・ヴィリアン

借りの無駄使いね、スラシュ。
手下にはできないことを頼めば良かったのに。
これが終わったら貸し借りはなしよ。

スラシュ
スラシュ

ああ。
だがこれは重要なんだ。
ありがとう、ナリュー。

何ならオーリドンまで一緒に行くぞ。
さあ、行こう。

同盟の指導者を説得

同盟の密偵と話していると、ヴァヌス・ガレリオンがやって来ます。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

遅くなって申し訳ない。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

こんなに早く来てくれて助かったよ。

戦士ギルドのハクルーバ女伯爵と話していた。
どちらのギルドもコールドハーバーと戦う時が来たと考えている、だがそうなると、我々は政治的に難しい立場におかれる。

何か問題が?

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

いつものことだ。
同盟の指導者は決して部隊を派遣しないだろう。
そして、もしギルドが一つの同盟とのみ協力すれば、他の2つの同盟はそれを裏切りと見なすだろうな。

どちらのギルドも中立を強みにしている。
肩を持つ余裕はない。

状況はそんなに深刻なのか?

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

シロディールでの戦争は長くひどいもので、三同盟すべてが戦線を拡大している。
コールドハーバーの攻撃に勢力を投じると、こちら側の勢力が手薄になるからな。

私は三同盟の指導者たちを団結させたいんだ。
そして協定を結ぶ。

何をすればいい?

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

お前の立場は他と違う。
同盟の指導者ではないが、権威を持って話ができる。
お前は評判がいい、名声もある。
彼らが互いの喉元に飛び掛かる前に、話をする機会を与えてもらえるはずだ。

つまり、お前は完璧な外交官だ。

同盟の指導者と話をさせたいのか?

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

完璧な会合場所を見つけた。
戦争中の領域から離れた中立な場所、〈スティルク〉と呼ばれる島だ。

魔法で転移させて、それぞれの指導者と謁見する機会を与える。
とにかく、彼らにスティルクへ行くように説得してくれ。

最善を尽くす。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

私の頼みはそれだけだ。

ポータルを開く。
私も一緒に行った方がいいな。
中立な立場としての紹介も必要だろう。
物事を円滑に進めてくれるはずだ。

ヴァヌスと一緒に、同盟の指導者を説得しに行きましょう。
※自分のキャラクターの同盟以外の、二つの同盟の指導者の所に行きます。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

他の者がスティルクの準備をする間、私とお前で一番重要な仕事をしよう。

ダガーフォール・カバナント

ヴァヌスとエメリック王の会話を聞きましょう。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

尊ばれし上級王エメリック様、この会合に合意いただいたことに感謝します。
お時間を無駄にすることはありません。

上級王エメリック
上級王エメリック

しばらく前から面識はあるな、マスター・ガレリオン。
気まぐれな思い付きで言う者ではあるまい。
ただ…君の連れは誰だ?

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

こちらは〈アイレン女王〉or〈スカルド王ジョルン〉の代表者です。
コールドハーバーの危機についてお伝えするため連れて来ております。

上級王エメリック
上級王エメリック

で、〈アイレン女王〉or〈スカルド王ジョルン〉は、その私的な代表者を、最大の敵の要塞に送り込んだのか?
多大な信頼を寄せているのか、それとも殺しにかかっているのか。
ふむ、面白い。
来い。話をしよう。

上級王エメリックと会話しましょう。

上級王エメリック
上級王エメリック

ディベラの脚にかけて!
勇気があるな!
ウェイレストの吟遊詩人でさえ、君の偉業を歌うだろう。

正直に言おう。
いつか会いたいと願っていた。
我々は同じ砥石で刃を磨いたからな。
意味はわかるな。

光栄です、陛下。

上級王エメリック
上級王エメリック

なら教えてくれ。
このように押しかけてきたのは気でも触れたからか?

それとも、民に代わって降伏に来たのか?
それならば受け入れよう。

モラグ・バルについて話に来た。

上級王エメリック
上級王エメリック

それは少し嫌な話題だが、怒りに任せて「陛下、お命をいただきに来ました!」と言われるよりはマシだ。
そうでなくて良かったよ。

で、皆の愛すべきデイドラ公について話したいのか?
どういうことだ?

モラグ・バルの影響力が増している。
奴の領域に戦いを仕掛ける時だ。

上級王エメリック
上級王エメリック

ハッ!
すまない、聞き間違えたようだ。
一瞬、デイドラ公と戦いたいと言っているように聞こえたぞ。

こちらの手助けを望んでいるのなら尚更おかしい。
で、本当はなんと言ったのだ?

コールドハーバーへの攻撃について議論するため、全同盟がスティルク島で会うことを提案する。

上級王エメリック
上級王エメリック

全くどうかしている…しかし、歴史書の自分の名前の隣に、そう書かれると考えると面白いな。

わかった。
アイレンとジョルンが参加に同意するなら行こう。
だが暗殺を考えているなら、君も道連れにする。

上級王エメリックとコッパー・ダリアの会話を聞きましょう。

キャラクターの同盟がアルドメリ・ドミニオンの場合

コッパー・ダリア
コッパー・ダリア

カリエルに、私が会いに行きたがっていると伝えて。
上の階からね。
これで意図は伝わるわ。

キャラクターの同盟がエボンハート・パクトの場合

コッパー・ダリア
コッパー・ダリア

スラシュによろしく。
またすぐにでも踊りたいと彼に伝えておいて。

会話の続きを聞きましょう。

上級王エメリック
上級王エメリック

つまり、君は敵と戯れていたのだな、ダリア?
私も既に承知していることだが。

コッパー・ダリア
コッパー・ダリア

ええ、陛下。
戯れるのは好きですから。
いずれ戯れに連中の頭を、首から切り離して差し上げるつもりです。

ヴァヌスと会話しましょう。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

うまくいったな。
進めようか?

次はどこへ行く?

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

エルデンルートだ。
あそこなら少しは温かい歓迎を受けるはずだ。
かなり前からアイレン女王のことは知っているからな。

噂では、彼女は重装備の衛兵に守られているらしい。
アイレンは親しみやすいが、愚かではない。

アルドメリ・ドミニオン

ヴァヌスとアイレン女王の会話を聞きましょう。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

崇敬されしアイレン・アラナ・アルドメリ女王陛下、お目通り恐縮至極に存じます…

アイレン女王
アイレン女王

ヴァヌス、そうかしこまらないで!
美しいサマーセットで、無礼なそばかすだらけの子供に辛抱強く、優しく接してくれた!
その時のままでいいわ。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

御身はこの老骨の心を温めてくれますな。
のどかな日々を思い出します。

アイレン女王
アイレン女王

私もよ。
衛兵が厳しくてごめんなさい。
こんな時代では、必要だと言われているの。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

賢明な措置です、陛下。
私もそう考えます。
お許しくださるなら、連れとお話しいただけますでしょうか。

アイレン女王
アイレン女王

ええ。
この英雄の評判はたっぷり聞いているわ。
彼一人の功績ではないことも。
英雄の話が私の耳に入るなんて、滅多にないことよ。
こちらへ。
話しましょう。

ラズム・ダーと会話しましょう。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

この者の目はお前を見ている。
女王に一歩でも近づいたら、この者が切り捨てるだろう。

アイレン女王と会話しましょう。

アイレン女王
アイレン女王

ヴァヌスはいい人よ。
多くの点で、家族のようなものだわ。
信頼を寄せてくれてから、私たちの違いについては、脇に置いておこうと思ってる。
別の状況下だったら、貴方と私は敵だったでしょうね。

唯一の敵はモラグ・バルです、陛下

アイレン女王
アイレン女王

話は分かったわ。

正直に言うと、貴方に会う機会は逃したくなかった。
貴方の偉業は伝説的よ。

噂が耳に入りましたか?

アイレン女王
アイレン女王

本物の勇者は歴史という海に投げられた石のようなものよ。
さざ波は遠く広く伝わっていくの。

恐縮です、陛下。

アイレン女王
アイレン女王

謙虚で何よりだけど、強く、自信を持つこともまた必要よ。
本物の勇者は歴史の駒でもあり、歴史は残酷で無情な主人なのだから。

でも、哲学の話はもう充分ね。
何の話がしたいの?

コールドハーバーへの攻撃を論じるため、スティルク島での会議を提案に来た。

アイレン女王
アイレン女王

で、三つの同盟の指導者全員を、この会議に参加させたいのね?
大胆な提案だわ。
気に入った。

いいわ。
交渉の結果については一切保証しないけど、参加はする。
そこまでは約束しましょう。

アイレン女王とラズム・ダーの会話を聞きましょう。

キャラクターの同盟がダガーフォール・カバナントの場合

ラズム・ダー
ラズム・ダー

愛らしいコッパー・ダリアに伝えてくれ。
タイトレザーを纏ったしなやかな体を楽しみにしていると。

キャラクターの同盟がエボンハート・パクトの場合

ラズム・ダー
ラズム・ダー

愛らしいダンマーのナリューに伝えてくれ。
メイドに変装して、その姿をこの者に見せつけるのは大歓迎だ。

会話の続きを聞きましょう。

アイレン女王
アイレン女王

ラズ!場をわきまえなさい。

ラズム・ダー
ラズム・ダー

この者に後悔はない。

ヴァヌスと会話しましょう。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

うまくいったな。
進めようか?

次はどこへ行く?

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

スカルド王ジョルンの待つモーンホールドへ行こう。
現在彼の宮殿へは近づけないと聞いている。
そして諸般の事情でトリビュナル聖堂は…適切でない。

彼はギルドの広場で会おうと提案してきた。
行こうか?

エボンハート・パクト

ヴァヌスとスカルド王の会話を聞きましょう。

スラシュ
スラシュ

注意しろよ、よそ者。
何か理由があれば、その時はアーミガーがその場でお前を切り捨てるぞ!

ホッパー
ホッパー

燃やしてやる…

スケイスクロー
スケイスクロー

粉々にしてあげる。

スラシュ
スラシュ

他に質問は?
あるとは思わないが。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

誉れ高きスカルド王、女王アイレンの私的な代表者を連れて参りました…

スラシュ
スラシュ

ドミニオンの犬を連れて来たっていうのか?

スカルド王<br>ジョルン
スカルド王
ジョルン

黙れ、スラシュ!
マスター・ガレリオン。
続けてくれ。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

この者は、コールドハーバーの危機についてお伝えしたいと申しております。

スカルド王<br>ジョルン
スカルド王
ジョルン

こいつの噂は聞いてるぞ。
スカルド王は豪胆な者を好む。
敵に囲まれようとな!
来い。話をしよう。

スカルド王ジョルンと会話しましょう。

スカルド王<br>ジョルン
スカルド王
ジョルン

ここまで来たのだ。
処刑はせぬ。
だが言葉には気をつけるんだな。
私は我慢強い王ではないぞ。

お話しいただきありがとう、名誉あるスカルド王。

スカルド王<br>ジョルン
スカルド王
ジョルン

ああ。
疑わしいとも、面白いとも思っている。
だがアサシンなら、さっさとやってくれ。
ただ忘れるな。
ソブンガルデへの道連れにしてくれる!

死を恐れない?

スカルド王<br>ジョルン
スカルド王
ジョルン

死を恐れるのは人生を恐れること!
私はノルドだ。
喜んで受け入れる。
ソブンガルデは素晴らしいところだ!
会議も陰謀もない!

だがおまえは哲学を話しに来たわけではあるまい。
何が望みだ?

モラグ・バルに対して攻勢に出る時だ。

スカルド王<br>ジョルン
スカルド王
ジョルン

誰がだ?
三つの同盟全てか?
魔法の旅で脳が混乱したのか?

わかりやすく話せ。
おまえの望みは何だ?

会議を提案します。
3つの同盟のリーダーによる、スティルク島での会議を。

スカルド王<br>ジョルン
スカルド王
ジョルン

〈全旗軍〉が生まれた場所でか…?
ふーむ。
他の指導者が賛成するなら参加しよう。
少なくともいい物語にはなる。

さあ、食事が冷める前に出ていってくれ。

ヴァヌスと会話しましょう。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

うまくいったな。
進めようか?

次はどこへ行く?

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

エルデンルートだ。
あそこなら少しは温かい歓迎を受けるはずだ。
かなり前からアイレン女王のことは知っているからな。

噂では、彼女は重装備の衛兵に守られているらしい。
アイレンは親しみやすいが、愚かではない。

スティルク会合へ

2つの同盟の指導者を説得したら、ヴァヌスと会話しましょう。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

不可能だと思っていた。
よくやったな!
戻って準備を始めよう。

さあ行こう。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

我々にはやることがたくさんある。
来い。

ヴァヌスが開いたポータルを使って、自分の同盟首都にある戦士ギルドに戻ります。

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

3人の指導者はスティルクで会うことに同意した。
さあ、ここからがやっかいな部分だ。

それは難しいことではないと思うが?

ヴァヌス・<br>ガレリオン
ヴァヌス・
ガレリオン

指導者はそれぞれ合理的で、分別のある人物だ。
だが一緒になると…はあ、お前もすぐに分かるさ。

クエストを完了する。

次回クエスト

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました