書籍

クランの地図

オーシマーの人々は、その歴史の大半において、記録を取ることを避け、伝統的な口述に頼った。
しかし初期オークの学者サグボ・グロー・ツットは口承の伝統を、かの有名な著書「13クランの歴史」にまとめた。
すでに原本は消失し、おそらく破棄されたが(サグボが述べた各クランの起源や領土について、同意しないクランもあった)、初代の要塞の場所が書かれた地図は現存している。

サグボによるクランの地図は、経年と水、エール、血の汚れで古びているが、深遠の暁紀の終わりに13の各クランが拠点を築いたと彼が信じていた場所を示している。
現存できたのは、経緯は不明だがブレトンの博物館の手に渡ったからだ。
クログ王は地図を購入したが、品物は届かなかった。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました