スポンサーリンク
書籍

メイリードの日記、項目346

見慣れないものばかりだ。もちろん予想はついていた。あいつらは私を唯一の家から追い出しておいて、理由も教えなかった。慣れは私と無縁の贅沢よ。それでも、少なくとも快適に過ごせることを期待していた。私に友達はいないけど、十分だと思っていた。でも、ここは何もかもが私に逆らう。ベッドは硬すぎるし、床の溝にしょっちゅう躓くし、壁に押し潰されそうな気分。

あの女はもう訪ねてこなくなった。あの女が懐かしいのか、来る日常が懐かしいのか分からない。もちろん、レオヴィック皇帝が一緒に来ることも懐かしいとは思わない。いつもあいつの目が嫌だった。子供の頃でさえ、あの目は夢に見るほどだった。

でも今は、なくて寂しくなるくらい。あいつの見透かすような眼差しは気味が悪かったけど、少なくとも予想はついた。慣れていたから。

この新しい場所では噂が聞こえてくる。私は14歳だけど、本物の危険がここにあると思うには成熟しすぎている。ここで暮らしているのはそのためじゃないの? 檻に閉じこめておけば何も入ってこないし、何も出ていかない。でも、時々心臓がバクバクして、夜中に目を覚ますことはある。まるで悪夢から目覚めたけど、何が怖ろしかったのか思い出せないみたい。この場所のせいなのかもしれない。

それとも、私のせいなんだろうか。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました