書籍

ロアマスターの記録 メイルストローム・アリーナ 第2部

ロアマスターの記録とは、TESの伝承を記している、ESOの公式サイトで公開されているページです。

ロスガー山脈に隠されたメイルストローム・アリーナへの入り口が、最近になって発見されたことにより、デイドラ半公であるファーヌイヘンと彼女の小次元が、挑戦を求めている冒険者たちの関心の的となったのです。

デイドラ半公と会話し、無傷でいられることはめったにありません。
ファーヌイヘンと、彼女の側近であるチューターのリパリウスに、皆様から寄せられた質問についてロアマスターがインタビューを行いました。
多数の質問が寄せられたため、このインタビュー記事を2つに分けてご紹介しますが、それでもすべての質問に答えることはできないでしょう!
一般的なオブリビオンの小次元についての質問や、メイルストローム・アリーナの詳細、デイドラ半公が懸念している議題についてご紹介します。

記憶の書、第2部
ファーヌイヘンからチューターのリパリウスへの指示

稲光のごとく動く男爵!
彼の姿を心に思い浮かべられる?
彼は雲から別の雲へと弧を描くように移動する。
予想もつかないコースを取り、目にも留まらぬスピードで行きたいところに移動する!
どこでも!
突然に!

いや、違う。
自分で自分をだましている。
これは言葉でしかなく、幻視を説明する思い出に過ぎない。
幻視自体は・・・
私から失われた。
頭では、どこでどうやって戦ったか、いつ誰を倒したのか分かっている。
でも現実の出来事の記憶には霧がかかっていて、忘れられた過去の夕暮れの中に静かに消えていく。

例えば、「中から穿つもの」との戦闘で、稲光のごとく動く男爵はセトと私の側で戦った。
セトと私が「蝶番のもの」と対決していた時、稲光のごとく動く男爵は「無効なピストン」に過負荷をかけて砕き、燃やした。
何かが起きたことは覚えている。
ただどんな出来事か思い出せないだけよ。
ああ、我が男爵。
あの日、皆のために勝ってくれた。

お願いよ。
稲光のごとく動く男爵を思い出せるように教えて。
自分のその部分の記憶が恋しいし、もう一度見たい。
少なくとも、そういう気分よ。

ファーヌイヘン公とチューターのリパリウスがあなたの質問にお答えします:
「既知の動きを増殖させる者よ、こんにちは!
尊敬と誠実さをそれぞれ示すよう真っ直ぐと背筋を伸ばせば、私があなたに誠意を持って接していることが分かるでしょう。
echkinの牙を使い果たしてしまったため、あなたの領域でポータルを作成することは、私にとって簡単なことではありませんでした。
しかし、あなたが訪問者を受け入れていると聞き、私のような戦士学者の一人、特に、個人的にこのような問題に巻き込まれたことがある者と、デイドラの問題について話すことをあなたは気にしないだろうと思いました。
また、私はあなたに楯突くことはないということを示すため、堕ちたレッドガードの戦士でヨクダの神Hoodocの支持者であり、あなたの古代の敵であったLaja Saunの剣を手土産としてお持ちしました。
そして、あなたの気に触らないといいのですが、いくつか質問があります。

最初の質問は、第二の虚無の中にある小次元の「所有者」にまつわる手順や階級についてです。
正確に思い起こせば、デイドラ公、半公、立派な定命の者たちだけが、オブリビオンの中にある自分だけの領域を「永久的に」所有しているかもしれません。
しかし、私が実際見た小次元の大多数は、デイドラ公が統制している「主要領域」のような独立したものでした。
これは、自分たちの存在そのものは、影響が及ぶ範囲には絶対的な統制が必要な存在であると定義されているデイドラ公が、下級役人に自分たちの個々の王国の一部を支配することの許可を与えているということですか?
それともこれらの領域はデイドラ公自身によって別の使用目的でただ作られただけで、本質的には領域のすべての部分は重要であるということでしょうか?
これで、サングインのようなデイドラ公が、信頼のおける術師に義務を与え、常に領域を支配することなく領域がそれぞれ適合するように、どのように数千以上もの個人的領域を所有しているのかの説明がつくのです。

気まぐれな任務学者、Eis Vuur ウォーデンより」

ファーヌイヘン公はこう答えました。
「定命の者にしては、とてもいい推測だわ。
チューターのリパリウス、詳しく説明してあげて?」

チューターのリパリウスはこう答えました。
「もちろんですとも、我が半公様!デイドラ公の主次元につながっているかどうか、すなわち、半自立、または自立しているのかということに関わらず、一般的に知られている「小次元」という単語は、オブリビオンのどんな小さな次元にも当てはまるのです。
デイドラ公自身は、ほとんどの定義によって互いに異なっており、それぞれが独自の階級や忠誠に関する考え方を持っているのです。
そういうわけで、自分たちの領域や下部領域、小次元を管理する方法は多岐に渡ります。
オブリビオンの主次元は、デイドラ公の本質そのものの延長であり、「絶対的統制」の望みはすべてのデイドラ公の本質の中核を成しているわけではないので、それぞれのデイドラ公の「絶対的統制の必要性」は不確かなのです。
あなた自身が選んだ例を挙げれば、サングインの酒宴の領域は、小次元と下部領域の集合体なのです。
各小領域は訪問者の必要性と欲望を満たすために改造することもできるため、サングインがそれぞれに合ったオーダーメイドの地域をゲストに与えることができます。
他者の本質に熱中しているのはサングインの本質に原因があります。
特に、薄黒い欲望サングインにとって、「絶対的統制」は受け入れ難いものなのです。」

「拝啓、ファーヌイヘン半公様、

あなた様自身と、あなた様の本質と同じくらい、終わることのない興味を惹きつけるモーションについて読ませていただきました。
デイドラの立ち振る舞いについてある程度の見解や経験を備えているこのソーサラーに、あなた様の気高さによっていくつかの質問に答えていただける名誉を与えていただけるのであれば、大変光栄でございます。
しかし、このようなへつらいに何も感じないのであれば、先ほどの発言は本当の感情を伴っていないものとして、無視していただければ結構です。

最初に、あなた様は誰からモーションを習得されたのですか?
もしくは想像力に従ってモーションを増やせるように、ご自身で習得したのですか?
さらに聞きたいことは、男爵はあなたの忠実な臣下なのか、それともあなたが臣下なのかということです。
あと1つの質問は同じトピックとはなりますが、男爵とは何者で、どこから来たのでしょうか?」

ファーヌイヘン公はこう答えました。
「ちょっと待って、自信のない皮肉は受け流すことにするわ!
私の「既知の動きを増殖させる者」という生まれつき備わっている肩書きにあなたの質問への答えがあるわ!
すべての武術は基本的な動作が連なって作られるもので、一度習得すると、より複雑な動作の基礎を固めることができるわ。
定命の者と不死の者の次元をめぐり、「既知のモーション」を収集し、これらを更にもっと念入りに相互参照したり共同作用を与え・・・
そうして「既知の動きを増殖させる者」となったの!
この結果は私の男爵の中で具現化され、それぞれが武術の極限の要素を象徴しているの。
これが、男爵たちがどこから来たのかという質問に対する答えよ!」

「また、このエルフはただの戯言だといんちきな悪魔によって書かれていた、というヴィベク卿の教義を読んだ後、どのように次に何がくるかを告げることができるのかを聞こうと思いました。
いつ戦争が始まり、己の運命を果たすのはどこかということを知るために、運命の潮流の世界からやって来たのですか?
あなたは、ハルメアス・モラに仕えているのですか?
また、あなたの動きは無限の蔵書庫に含まれているのですか?
だとしたら、アポクリファの領域を旅している者から、あなたの「動き」を習得することはできますか?」

ファーヌイヘン公はこう答えました。
「またちょっと待って!
このファーヌイヘン公が、ハルメアス・モラの使用人ですって?
決してそんなことはないわ!
私はボエシアの子孫であり、最高権力を有する半公で、自分自身以外の意思には従わないわ!
時間、原因、出来事に関しては、竜の神の法はオブリビオンに適用していないとだけ言っておくわ。
そうそう、定命の者たちを扱う時は、持続時間の罠を習得しておくと役に立つわ。
そうすることで、メイルストロームをかなり使いやすくなるのよ。
私たちはアカトシュの手から遠ざかる気持ちをどのように失ったのかを知っているわ!
メイルストロームはアポクリファよりかなり理解しやすいし、素晴らしい報酬を勝者に与え賞賛するという点では、より寛大なのよ!」

「最後の質問ですが、「動き」とは正確にはどういうものなのでしょう?
証拠を見る限りでは、「動き」は戦闘スタイルのように見え、効果が最も発揮されるように緻密に洗練され、見ていて美しいのですが、本当にそうでしょうか?
「動き」にはより深い意味がありますか?
また、私のような偉大な魔術師には何をもたらしてくれますか?
私は単なる一般人や、ダンマー「神」のような路上のネズミのような醜いものから程遠いのですが、どのようにしたらあなたの注意を引き優れた定命を得られるのでしょうか?
そして、あなたの男爵と共に来、あなたが何をヴィベクに教えたかを説いてくれませんか?

私が使った同じオブリビオンのストリームを経由して、この手紙に答えてください。
私は多くの問題に対処しなければならない多忙なソーサラーなので、そうすれば出来るだけ早く返答を開くことができます。」

強力なアルドメリ・ドミニオンのソーサラー、Lattiaranより

ファーヌイヘン公はこう答えました。
「そう、強力なアルドメリ・ドミニオンのソーサラーのLattiaran、あなたはモロウウィンドの戦詩人より優れているのかしら?
そうかもしれないけど、ヴィベクでさえかつては定命の者だったのよ。
でもあなたは証明しないといけない!
街の壁から少し北西に行ったところに、メイルストロームへのポータルがあるオルシニウムの街であるロスガーへ旅に出なさい。
挑戦者よ、メイルストローム・アリーナへ来て、あなたが何者なのか証明しなさい!」

「名誉あるファーヌイヘン公、こんにちは。
私は謙虚なダガーフォール・カバナントのブレトン魔闘士で、魔闘士の教育で剣術を学びましたが、決して剣の達人ではありません。
今までのトーナメントで一度や二度優勝したことがありますが、あなたのこのメイルストローム・アリーナは、より素晴らしい力量を備えた戦士たちを惹きつけているようです。
彼らに対する勇気を試し、なぜ魔闘士が恐れられているのかを見せつけることを楽しみにしています。
私はあなたに直接お会いできることに魅力を感じています。
私は今までいくつかの採掘をし、あなたはハンマーフェルとモロウウィンドのソードマスターに明らかに影響を与えているということを認めなければなりません。
2つの全く異なる種族が支配している2つの全く異なる地では、彼らの尊敬すべきソードマスターの一部の技術はあなたに起因しているようです。
実際のところ年老いたダンマーの船乗りから聞いた神話では、生ける神の1人であるヴィベクにあなたが技術を教えたのとことでした。
この話は本当ですか、グランドマスター?もしそうなら、神々しさに適切である剣の象徴においての重要性とは何ですか?

知らない神の夢や光景をよく見ます。
その神は背が高く、たぶんノルドだと思います。
彼は鎖かたびらをまとい、堕落している大蛇を突き刺し、ブーツで踏みつけていました。
これはShezzarの光景なのでしょうか?
それともウルフハースやレマンなのでしょうか?
彼らに講義をしたことはありますか?

ブレトン帝国復興協会のCyclenophus軍団長より

ファーヌイヘン公はこう答えました。
「ハンマーフェルやモロウウィンドだけではないわ!
私はニルンで、エルノフェイのプリズムのベクトルダンスまで遡って、すべての武術の既知の動きを習得したわ。
しかし私が対処する人は誰でも、彼らが以前知らなかった動作から習得することに私はいつでも応えるのよ。
だから知識は巡っているの!
例えばスロードのフェンシングは「切られること大歓迎」と呼ばれている魅力的な運動療法の進化系だわ。
それについて教えてあげたいけど、彼らが「連続と継続は意味が違う」と言っているように、今はこの動作を易々と手放さないの(彼らは未だにそう言っているのよね?)。

「定命の者たちの夢ならば、私よりリパリウスの方が詳しいわ。
軍団長に説明してあげて?」

チューターのリパリウスはこう答えました。
「そうかと思います。
私はヴァルミーナではありませんが、私は自分ができる限りのことを行います。
彼の概念を覗き見させてください・・・
あぁ、これは!
破滅の兆候が見えます。
あなたへのお告げはこうです。
この破滅の兆候はもちろん死の定めではありません。
定命の者には死ぬまでに時間や腹立たしい制限があるからです。
それがどこから訪れるかは伝えませんが、タムリエルの人よ、私が言えるのは、あなたの大空位時代は永久に失われることはないでしょう。」

「尊敬すべきファーヌイヘン公様、

尊敬すべきお方にご挨拶申し上げます。
メイルストローム・アリーナについての情報を確実にするために、輝かしいデイドラの完全体であられるあなたに、謹んでこの手紙をしたためます。

戦場という神聖な場所から臆病者を排除し、英雄的素質を欲しいがままにするために、私は多くの者たちを殺してきました。
私は更なる挑戦、強さ、英雄的素質を永久に求め続けており、栄光の名の下、私がありとあらゆる挑戦を乗り越えるためには、メイルストローム・アリーナは私がより詳しく知らなければならない場所の一つなのです。
もしあるとすれば、メイルストローム・アリーナを制覇することで、何を期待していいのかということを知りたく存じます。

豊かな喜びを与えるために私たちが栄光の行動に従事する時に、あなた様のような多くの善意ある尊敬すべき存在が、私たちより劣っている定命の種族の者たちに報いることに喜びを感じているということを理解しています。
定命の者はメイルストローム・アリーナから特に何を期待することができますか?
名声やより良い身分でしょうか?それとも奴隷や、何らの姿、形をした力なのでしょうか?
そのような力は、力だけで強力なもの、もしくは他の何かをより必要としたり、英雄的素質だけでより効果があるものなのでしょうか?

定命の者について、私の手紙を読んでくださり心より感謝しています。
あなたからのお返事を楽しみにしています。

尊敬と賞賛の意を込めて、

ボエシアの支持者、Jhael'vyllより」

ファーヌイヘン公はこう答えました。
「賢明さのような実態のないものと鎧のような実態があるものどちらかの選択肢があれば、定命の者は常に鎧のような実態のあるものを選ぶというのが、私の長年の見解よ。
あなたが声高らかに自分の成功を明らかにしたのはわかったわ。
メイルストローム・アリーナでは、最新のマスターウェポンと同様に、未熟者と熟練者両方が装備の報酬を求めることができるの。
つまり、レアな装備品が手に入れられるということよ!」

「あぁ、そして栄光はもちろん、あなたが好きなだけ得られるものよ!
栄光なら無限で提供してあげるわ。」

「無限の振幅の半公のファーヌイヘン公へ

こんにちは!
オブリビオンの流れとその変動は、私は本当にあなたの本質に近いと思っています。
どのように天空の干満はあなたの視界にある多様な変化の領域に影響を与えているのでしょうか?
天空の干潮は波に乗ったりするものなのでしょうか?
それとも創造や破滅の可能性を抑制しているものなのでしょうか?
私の研究によれば、それらのデイドロンの領域はニルンにマジカを使うことで影響したり、影響されたりするようです。
エセリアルストリームとの相互作用についても同じことが当てはまりますか?
そして最終的には、天国の放射物によって決定されるものなのでしょうか?
もしそうなら、これはあなた自身のようなデイドラの本質の行動の根底にある、根本的な推進力なのでしょうか?
あなたはどのように感じられますか?

最大の暖かい気持ちを込めて、

クラウドレストの思想と推測の学校で90歳代のArdari Ilmionより」

ファーヌイヘン公はこう答えました。
「リパリウス?答えてあげて?」

チューターのリパリウスはこう答えました。
「あなたのような定命の者たちは知識を習得するのに長けており、そこから誤った教訓をすぐに学ぼうとします!
私の誤解をご容赦ください。
意志の行使を受けて漂っている時、混沌のクリエイシアの粒子はデイドロンになります。
定命の形に関わるとは言えども、それでもなお役割を果たしているのです。
十分に活用されていないデイドロンはよく不活発状態へと戻りますが、十分な目的が植え付けられた時、デイドロンは脱出し、可能性を秘めた渦へと形成されます。
もし領域の裂け目に最適になるように自身でできるのであれば危険なものであるため、それらを早めに弱体化させるのが最善なのです。
この方法を先に進めようとすると、すべてがぺライトを並外れに忙しくさせてしまいますが、彼はそれにより結局稼ぐことができるため、誰も彼に申し訳なく思いません。」

「半公は今までに王に嫉妬したことがありますか?
それとも、自分が重要な者であるということを感じれるようにご自身の半公という身分をお持ちなのですか?」

無神論者のSkjalより

ファーヌイヘン公はこう答えました。
「チューターであるリパリウス、あなたがこの質問に・・・
あら、ごめんなさい、もしかして無神経な質問だったようね?」

「こんにちは?
聞こえますか?
もしもし?
あ、よかった!
この巻物は失敗するのにはあまりにも高くって・・・
これは私の同僚の付呪師か、少なくともお金を湯水のように使えるほど持っている人に勧めるべきですね。
どんな場合でも、私の疑問にあるのは、あなたが私を熱中させてくれるかどうかということです!
オブリビオンの様々な次元についての私が行ったすべての研究で、私はデイドラの政治の特定の問題について明確なものがないということがわかりました。
何が王を「王」にしているのでしょうか?
ファーヌイヘン公はもちろん生まれながらの半公です。
私はライランスとの連絡を記録しており、文字通り無数のデイドラ公がいるのですが、王を残りの者と区別しているものは何なのでしょうか?
彼らは何かしらの本質が受け継がれるものなのでしょうか?それとも、獲得した地位によるものなのでしょうか? 王はムンダスの有為転変の仕組みのなかで、数と本質の両方に任命されている、と主張する私の同僚たちの集まりがあるのですが、私たちの心配事にとって一般的に(そして多分当然の)デイドラへの蔑視となるため、この主張は私には非常識に思えます。
好奇心な定命の者である私のために、この問題について一筋の光を差し込んでくれることを願っています。」

ウィンターホールド大学、Silbarius Stentorより

ファーヌイヘン公はこう答えました。
「何が王を「王」にするかですって?
それは目的の明確化と意志の集中的な表現を可能にする、広範囲にわたってきちんと定義づけされた影響範囲によってよ。
私の影響範囲はきちんと定義づけられているけど、かなり範囲が広すぎるの。
私はただの、どんな定命の者よりかなり勝っている力と偉大さを備えた半公にすぎないけれど、デイドラ公に比べたら平凡だわ。
すべての神々のように、私にももちろん野望はあるけれど、誰とは言わないけどあなたも知っている者と同じ運命に苦しまないように、私の野望は自分の範囲内に留めているわ。」

「既知の動きを増殖させる者であられる方に、心からの挨拶を申し上げます。
三位一体教会のSospitalを専攻しているRotan Dresと申します。
ヴィベク三十六の教訓の解釈を執筆できる機会を与えられることは、計り知れないほどの光栄でございます。

我らがヴィベク卿の生涯の早い段階におけるあなたの役割はよく知られていますが、仲間の学者たちの多くが、あなたの完璧な剣術の裏に記されている数字である、純粋な戦闘の道の本質について困惑しています。
この神秘的な物事を与える可能性があるものについて何か言えることはありますか?

ドーレス家として、あなたの足が鎖に絡まないことをお祈りいたします。」

Rotan Dresより

ファーヌイヘン公はこう答えました。
「純粋な戦闘の道?
それは重大な秘密よ。
あなたのベク卿が前もって予定していた謙遜さに幻覚を長引かせた後にだけ解明する謎よ。
でも結局彼は答えを見つけて、「私は左手で世界を握りつぶしたことがある。
だが右手にはそれに勝てるものがある。
愛は私の意思によってのみ動く」という最初の説教がちょうど終わった時にあなたとすべてを共有したのね。」

ロアマスターの記録: メイルストローム・アリーナ 第2部

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました