書籍

ジャロル卿の深い考え

今夜また彼女がくるが、私的な訪問ではない。共通の問題について話す会談だ。彼女のような女性は「共通の問題」など気にする必要もないが、少なくとも私の助力を喜んで受けてくれる。

今夜は海賊のサッシュをしてくるだろうか。彼女にはとても似合う。フォーチュナタに航海の雰囲気を纏わせ、思わず手を貸して甲板を掃除したくなる(ああ、これはいいな! 次の会話で使ってみよう)。

こんな考えに囚われる時は、いつもテラスから海を眺めてやり過ごす。ワインも役目を果たしてくれる。

仕事が終わったら、フォーチュナタを少し長くとどまるよう説得して見よう。最高のヴィンテージを開け、ここに彼女を連れてきて、景色を眺めながら一緒に飲むんだ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました