スポンサーリンク
書籍

議長の記録: タグ・ドロイロック

元老院議長、アブナー・サルンの私的な記録より
第二紀536年、栽培の月10日

タグ・ドロイロックとは何者か? 彼らはいかにして、リーチの民をルビーの玉座に据える力を得たのか? そして何のために? ブラック・ドレイクのダーコラクが故郷から雄たけびを上げる軍勢を帝国の心臓部まで引き連れてから丸三年が経ったが、未だにこれらの問いへの答えを探している。私の感知もスパイも、ダーコラクの不可解な勃興と、彼の手にリーチと帝国を明け渡した残忍な魔法使いたちについて、暗示以上のものを与えてはくれなかった。

知る限りでは20年ほど前、リーチの荒野である秘密の魔術結社が生まれた。結社はタグ・ドロイロックと名乗ったが、これはリーチの方言で「闇の大魔術師たち」という意味だ。リーチの魔術結社の大半と異なり、タグ・ドロイロックは魔女ではなく魔法を使う男性のみを構成員とし、すぐに最強のデイドラさえも召喚して使役する力を示した。タグ・ドロイロックは邪魔な敵対結社のいくつかをあっさりと壊滅させ、リーチの影の支配者となった。

何年もの間、タグ・ドロイロックは機を伺いつつ、彼らの名がもたらす恐怖と、不満を告げる囁きで無法のリーチを支配するだけで満足しているようだった。しかし9年前、ある飛び抜けて強靭で頭の切れるダーコラクという名の族長が現れ、リーチで支持を集め始めた。ダーコラクは学習の経験もなく、我流の魔術師として小さからぬ実力を身に着けていた。もっとも、彼は杖よりも剣を好んだ。タグ・ドロイロックはこの男が現れるのを待っていたとでも言わんばかりにブラック・ドレイクの味方に付き、結社の力と恐るべき名声を彼の支配に任せた。

タグ・ドロイロックの力添えにより、ダーコラクはリーチの敵対クランを屈服させ、忠誠を要求した。話したリーチの民は時としてデイドラの力と結んだ契約や、ここで繰り返すのも恐ろしい約束について語ったが、こうした物語の真実が何であれ、その結果は明らかだ。タグ・ドロイロックに受け入れられてから1年も経たぬうちに、ダーコラクは2千人の兵を指揮するようになった。2年経つうちには、その数が1万に増大した。そして、ついに自らの野心に相応しい力を手にしたと判断すると、ダーコラクはそのさらに数倍の勢力を無防備のタムリエルに向けて解き放った。その後の出来事は、歴史に伝えられているとおりである。

そしてダーコラクの権力掌握への道を敷いた後、タグ・ドロイロックは消滅した。ブラック・ドレイクがルビーの玉座に据えられると、この謎めいた魔術師たちは闇の中へと帰っていったのである。ダーコラクの信任厚き魔術師たちの一部、バールセルグ、ファオショル、そしておそらく老ウナグはこの秘密の結社のメンバーであった可能性が高い。しかしダーコラクがシロディールを征服して以降、誰もタグ・ドロイロックについて噂一つ聞いていない。ダーコラクを皇帝に据えることで、彼らに何の益があったのだろうか? まだ生きている者は何人いるのか? 彼らは解散したのか、それとも何らかの新しい計画に従事しているのか?

この件に関して最も不気味なのは、ダーコラク皇帝は私がタグ・ドロイロックの秘密を探っているのをとっくに承知しているらしいということだ。彼は面白がっているらしい。ブラック・ドレイクは自らの支配に対する潜在的脅威を躊躇なく排除してきた。それなのに、あの男は私を元老院の議長の地位に就けたままでいる。私はダーコラクの暴政を改善するために自分の地位を利用しているが、その間にも奴を取り除く手段を探していることを、あの男は知っているはずだ。私としてはこう結論するしかない。ダーコラクは私を脅威だとは思っていないのだ。

奴の自信がプライドを傷つけたことは認めねばなるまい。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました