書籍

フレデリックの手紙

父さん、

あなたとセレーンが賛成してないことは知ってる。
けれど、僕は自分がやるべきことをやらねばならない。
魔法は心を満足させてくれるものの一つだ。
僕は作業台や市場の店で働くようにはできてないし、剣を振るうこともできない。
でも、母さんに起きたことに無関心だと思わないでほしい。
母さんとの日々をよく覚えているし、とても会いたいよ。
けれど魔法は素晴らしいことに使うものだ。
僕たちは母さんに対する悲しみの為に、正義の行為をやめる必要はないんだ。

母さんが僕の幸せを望んでいることはわかる。
来週のこの時までに、僕はブラックキャスターの弟子になるつもりだ。
父さんが理解してくれるよう願ってる。

フレデリック

P.S.セレーンに、あなたがしてくれた全てのことに感謝してると伝えてほしい。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました