スポンサーリンク
書籍

素敵でさわやかな草原

吟遊詩人アディステアによる、レイラ・ミロリのためのソネット

草原に麗しく爽やかな朝が来て、
穏やかな風の甘い口づけと、新たな喜びが、
東の海に靄となって浮かび、
誇り高き太陽を、その輝きにも負けぬ栄光で迎える。

だが平原の黄金の花々に、
他のどれより見事な輝きを放つものが一輪、
花々は喜んで彼女の黄色い髪になびき、
しなやかに踊る足が、露に濡れた葉を祝福する。

こうして美しきバラ色の朝は、
丘の祝福者が自らに匹敵することを知り
賛美する花々と、朗らかに歌う小川の笑い声に怯え、
雲の中へと身を隠す。

なぜなら、草原を歩むレイラこそが、
海に浮かぶ太陽を最初に迎えるのだから。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました