スポンサーリンク
書籍

ユーラクシアの死霊術師

宛先: たてがみの代弁者ガレシュ・リ卿
差出人: 代弁者の密偵カミラ

僭女王が即位の直後から死霊術師と闇の魔術を利用していることはわかっています。しかしここ数ヶ月、僭女王の勢力を支持する死霊術師の数が劇的に増加しています。その原因はただ1つ。闇の魔術師にしてユーラクシアの死霊術師の長、ズモグ・フームです。

「闇の技の王」を自称するズモグ・フームは、ロスガーの最北地方の出身だと言われています。このオークの死霊術師に関する若い頃の情報は、腹立たしいほど少ないものですが、多数の推測はなされています。ロスガーの荒野は苛酷な地で、オークの要塞での生活は厳しく、質素で無慈悲なことが知られています。しかしそこで生存し、頭角を現したオークは良質な剣に似ています。叩かれて鍛えられることで、カミソリの刃のように鋭くなるのです。

アネクイナに来る前の彼を示す最初の証拠は、次元融合の危機の間、虫の教団の活動を調査した報告書にあります。詳細は乏しいながら、ズモグ・フームの名は教団の幹部メンバーとして載っており、黒い虫の教団の指導者であるマニマルコとの密接なつながりが示唆されています。しかし降霜の月のクーデターの直後には、彼がリンメンで活動していたことを我々は知っています。おそらく、次元融合に関する教団の活動に直接関わってはいないと思われます。

ユーラクシアがズモグ・フームを特に勧誘したか、リンメンの玉座を奪った後でズモグ・フームの方から接近したのでしょう。当初のズモグ・フームは付き従う小さな集団を擁しており、彼の個人的な暗黒教団の基礎となりました。北エルスウェア防衛軍は何度か迷い出てきたゾンビやわずかなスケルトンと戦いましたが、基本的に死霊術師たちはこれまで、ユーラクシア軍において副次的な役割のみを果たしてきました。それが変わりつつあるのではないかと懸念しています。

次元融合が終わり、虫の教団が表面上は解体してから、多くの死霊術師が僭女王の旗の元に集まり、残忍ながらある種の魅力があるズモグ・フームに導かれています。捕獲した魔術師の何人かは指導者に対して異常な崇拝を示し、ズモグ・フームの暗黒の力と、彼とユーラクシアがエルスウェアを完全に手中に収めたら何をするかについての脅迫を、嬉しそうに話していました。具体的な計画についてはほとんど明かしていませんが、ズモグ・フームがその秘密の隠れ家と、彼らの言葉で言う「アンデッド工場」で何をしているのかについては色々とほのめかしています。

噂を信じるなら、ズモグ・フームと弟子たちは人目につかない場所に工場を設置し、そこで儀式や実験を行い、ユーラクシアの傭兵部隊を強化するためにアンデッド軍団を蘇らせているようです。まだこのような邪悪な場所から生み出されたものを目にしてはいませんが、地域全体で墓荒らしの証拠を発見しています。特にアッシェン・スカーなど、ナハテン風邪の流行が最もひどかった時代の大規模墓地周辺で、こうした証拠が見つかっています。

我々はズモグ・フームと信者たちがユーラクシアに兵士を無限に供給する前に、始末する方法を見つけなければなりません。疲れを知らず際限なく復活する軍隊を押し返すことは、防衛軍にとって不可能です。アンデッド工場を見つけだし、全力で稼働する前に破壊するしか方法はないでしょう。

ズモグ・フームを殺すことができれば、なお良いのですが。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました