スポンサーリンク
古遺物

漆黒のドワーフ・ウルフ

漆黒のドワーフ・ウルフは古遺物を発掘して入手できる騎乗動物です。

古遺物は17個のパーツに分かれており、全てのパーツを発掘すると漆黒のドワーフ・ウルフが完成します。

古遺物の手掛かり

手掛かりの名前手掛かりの入手先
すり減ったドワーフのギアストロス・エムカイのビスザークの中にいるモンスター「ドワーフスパイダー」とビスザークの外にいるモンスター「狼・アサシンビートル」
ドワーフのブレストガードアースフォージの圧力室3の「オルグヌム鱗の仕立台」の近くに落ちています
※アースフォージは戦士ギルドのストーリークエストを完了した後、エバーモア、ラウル・ハ、リフテンの戦士ギルドから行けます。
摩耗したドワーフの歯車アリクル砂漠の洞窟「アルドゥンズ」のボス
ドワーフの背骨連結器アリクル砂漠のルクルフゼル(セット装備「ラマエの歌」の作成場所)の中に落ちています
ドワーフの革鞍グループダンジョン「ヴォレンフェル」の最終ボス
ドワーフの肋骨フレームバンコライの洞窟「クラツガール」のボス
ドワーフの傾斜したすね当てバンコライのパブリックダンジョン「ラザクホイール」のボス
ドワーフの蒸気導管ストンフォールの洞窟「内海のアマルチュア」のボス
ドワーフの多関節足グループダンジョン「ダークシェイド洞窟1」の最終ボス
ドワーフのホーングリップグループダンジョン「ダークシェイド洞窟2」の最終ボス
並んだドワーフプレートイーストマーチの「ムズルト」にいるモンスター
ひび割れたドワーフのギアシャフトリフトの洞窟「アバンチンゼル」のボス
ドワーフの黒檀脚コールドハーバーの「ゼマレクの洞穴」にいるワールドボス
漆黒のドワーフ・ウルフの頭クラグローンのグループ洞窟「ルクンゼルフト」のボス
エセルクォーツの音響共鳴装置クラグローンのグループ洞窟「ムサーナズ」のボス
大きなエセリウムのレンズクラグローンのグループ洞窟「ルクハードアフルク」のボス
ドワーフの傾いたパネルブラックリーチ:グレイムーア洞窟のパブリックダンジョン「ヌシュトンカースト」のボス

古遺物の伝承

「ドゥエマーが犬や何らかのペットを飼っていた証拠は何もないが、近隣のノルド同様、北タムリエルの狼には何らかの愛情を持っていたようだ。それは騎乗動物からも見て取れる」─セルウィ・ゲレイン

すり減ったドワーフのギア

アマリエン
アマリエン

大きさを見ると、ドワーフ・センチュリオンより小さくドワーフ・スフィアより大きなもののようね。面白い!未知のアニムンクルスを組み立てられるなんて!

ドワーフのブレストガード

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

このプレートは明らかに背骨や首につながり、ヴァミディウムの肩の内部構造を支えています。しかし、何かが欠けているようですね。共鳴装置のソケットがあったのかもしれません。

摩耗したドワーフの歯車

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

面白いですね。黒壇が付着していますので、おそらくこの歯車は黒壇の機械に付いていたのでしょう。黒壇と青銅?ドワーフがそのようなものを作ることは少ない。誰かが珍しいものを作ろうとしたようですね!

ドワーフの背骨連結器

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

この金属の背骨は素晴らしい!職人技のおかげで、動物の背骨とほとんど同じように動いています。でも、何の動物でしょう?常に愚かな定命の者を越えようとした種族が、動物の構造をデザインに取り込んでいるのが面白いところですね!

ドワーフの革鞍

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

ああ!これは明らかにヴァミディウムのものです。四足歩行でしょう。馬でしょうか?ドゥーメリスの文章は、他の機械の騎乗動物の記述より荒々しく見えます。兵器だったのかもしれません。

ドワーフの肋骨フレーム

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

この金属は内側に曲がっていて、明らかに別の部品へ付属するためのものです。形状は肋骨に似ています。おそらく脆弱な部品を防護しながら、別の用途を持つ機械に接続させるためのものでしょう。

ドワーフの傾斜したすね当て

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

うーん。私が間違っていたらアマリエンが訂正してくれると思いますが、このプレートは脚かそれに類するものを守ろうとしたもののように見えます。ドワーフの機械としても艶がありますね!

ドワーフの蒸気導管

アマリエン
アマリエン

この導管の小ささからすると、元はオートマタの類かもしれないわね。ヴァミディウムかな?金属の部分は補強用になっている。ドワーフは、とんでもない圧力に耐えることを意図して作ったみたいね。

ドワーフの多関節足

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

犬か狼型ヴァミディウムの足ですね。ドワーフはこうした獣を、ソリチュードのノルドがシルバーウルフを見るように見ていたのでしょうか。違うかもしれません。タムリエルのあらゆる種族で、ドワーフはもっとも感傷から遠い種族です。

ドワーフのホーングリップ

アマリエン
アマリエン

このハンドルは何らかのヴァミディウムのものね。でも、この黒壇のスタイルは今まで見たことがない。このグリップを握り、跨っている人の姿がどうにも想像できないわ!

並んだドワーフプレート

アマリエン
アマリエン

黒檀のプレートが並列に並んで、ドワーフ金属も加えられてる?形はまるで蛇みたいね。クロックワーク・シティに同じようなものがいると聞いたことがある。アーリエルにかけて、いつか行ってみたいな。きっと嬉しくて気絶するわ!

ひび割れたドワーフのギアシャフト

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

このシャフトはフレームに接続しています。このドゥーメリスの文章はガイドなのでしょうか?別の部位かより大きな機械に挿入することは明らかです。外見からすると、複数の手足を持つようですね。

ドワーフの黒檀脚

アマリエン
アマリエン

四本足ね!四!四足歩行!この形は大きな犬か狼よ。ああ、でも希望を持ちすぎるべきじゃない。私の運を考えると、四本足の醜いカニかもしれない。

漆黒のドワーフ・ウルフの頭

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

ああ、金属で狼の頭が形作られています。陰気で孤立を好んでいても、ドワーフでさえ犬の魅力に勝てなかったようですね!誰もが忠実な犬を愛するものです。大きさを見ると、この狼は誰かを背に乗せていたようですね。

エセルクォーツの音響共鳴装置

アマリエン
アマリエン

この半透明の石は、きっちりはまると音を立てるようね。触ると力を感じたから、まだ残滓が残っているみたい。信じられない!この遺物には、どんな力があるのかな!

大きなエセリウムのレンズ

アマリエン
アマリエン

ああ、貴重なエセリウムが!きっとこの宝石は何らかの幻視を与えていたと思う。遠見の装置のレンズかな?ドワーフのサイズではないから、ヴァミディウムか他の大きなアニムンクルス用よ。

ドワーフの傾いたパネル

アマリエン
アマリエン

わずかにこすれているところを見ると、この金属プレートは互いに重なっていたようね。首かな?ドワーフは精度を誇っていたから、こういう問題はあまり起きない。誰かが組み立てようとして、失敗したのかもしれない。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました