スポンサーリンク
書籍

ドールレディの船長日誌

船乗りは誰でも、無慈悲な海で生き延びるためのお守りを持っている。ある船乗りは頭が水の下に沈まないように、恋人の髪の毛を首に巻きつけていた。私はいつも自分のロープを右舷側に結ぶようにしている。だがあの歪んだ偶像やフジツボだらけの本は、健全な人間の船に置いていいものではない。まあ、殺し屋の艦隊を従えている者が健全な人間だとは言えない。彼はこれまで我々を見捨てたことはない。だから准将の運がまだ尽きていないことを信じるしかなさそうだ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました