書籍

死んだ剣弟のメモ

私には分からない。
彼は生徒としてここにやってきた。
最後の試練を乗り越えた後、私たち皆の目の前で師範を殺した。
私たちはまったく力を使うことができなかった。

一体彼はどうやって私たちを支配したのだろう?
何らかの策略だ。
おそらく毒薬のたぐいだろう。
誰にも気づかれずに学校中を汚染して、剣弟を裏切らせたのだ。

マスターは最後の言葉で私たちに、刀剣の大修道院のカスラに事態を知らせるよう言った。
私は逃げ出そうとしたが、他の者が行く手を阻んだ。
壁の向こうへたどり着く前に、私は彼らに殺されるだろう。

もし誰かこのメモを見つけたなら、どうか引き返してほしい。
この場所を去り、他の者たちに警告して欲しい。
そして、もしできるなら、ラーニザの刀剣の学院が陥落したとカスラに伝えて欲しい。

私のことなら、もし生き延びて自分の身に待っていることを考えれば、死ぬほうがずっといい…

コメント

タイトルとURLをコピーしました