クエスト

文化的な好意

ESOロスガー > サイドクエスト

物語内容

向こう見ずなリガートと話す

ロスガー北部にあるモークル要塞の港に行くと、ルルファラと向こう見ずなリガートがいます。

ルルファラと会話しましょう。

ルルファラ
ルルファラ

たぶん大使と話したいんでしょう。
私はただの側近よ。重要な人物ではないわ。

リガート大使とは違ってね!
もしも私が名前を付けていたなら、彼の名は「向こう見ずな」の代わりに「魅力的な」になるでしょうね。
彼の筋肉は、間違いなくすべて正しい位置にある!

向こう見ずなリガートと会話しましょう。

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

心からの挨拶を贈ろう!
私はリガート。〈向こう見ず〉と呼ばれているが、今は〈大使〉と呼んでくれ。

エボンハート・パクトから一折の枝… もとい、平和の枝を、栄えある勇敢で美しいオークの人々に差し上げるよう派遣された!

ずいぶんとオークに感情が込められた表現だな。

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

ああ、そうなんだ。
リガートの心の奥底を見れば、好意を示すフレラの矢で、今にもあふれそうだ!

この気持ちを愛しいラズデュサ大使に伝えられればいいのに!

何か手伝えることが?

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

本当に? 手伝ってくれるのか?
なんて親切なんだ!

大使の補佐官であるルルファラは、おいしいオークの珍味を集めるといいと言ってたが、クランの砦を離れるわけにはいかない!
もし見つけてくれたら、ロマンチックな食事を用意して、ラズデュサの愛を勝ち取れる。

必要なものを見つけよう。

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

このノルドの珍味を、ロスガーで最高級のエールとチーズに替えてくれ。
リガートとヒスイの姫は、腹が膨れて恋人から逃げられなくなるまで食べようと思う!

それから、オークの求愛の儀式ではどんな詩や香水が使われるか調べてくれ。
リガートには助けが必要だ。

見つけるよう頼まれたアイテムについていくつか質問がある。

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

ああ、全く分からないぞ!
オークの一連の習慣は、ノルド出身の自分には奇妙で混乱させられる。

大使の側近のルルファラなら、役に立つかも知れない。
何といっても彼女はオークの私に対する求愛の儀式について、何もかも説明してくれた。
実に聡明な人だ!

なぜオルシニウムでなくモークルで大使に会う?

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

理由は、ここでラズデュサ大使が他国の大勢の高官と会うからだ!
オルシニウムの彼女の部屋がまだ建設中な事とも関係している。

その上、ここならリガートの船が波止場に着ける。
とても便利なんだ。

ラズデュサ大使についてもっと教えてくれ。

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

ラズデュサ大使?
彼女は私のタルトのリンゴであり、ミートボールの兎だ!
彼女の前に立った瞬間、心を奪われたよ。

協力してくれれば、ラズデュサ大使も私に夢中になる、私が彼女にそうなったように!

キャラクターの種族がオークな場合

オークだが、求愛の儀式は聞いたためしがない。

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

うむ、ロスガーのオーク特有なんだろう。
あるいはモークル・クランホールドのオークかもしれない。
その点は疑問だが、仕組みを解明するのが待ち遠しい。

お前にも求愛の儀式が役立つかも知れない。
もっと彼らのことを知れればな。

ルルファラと会話しましょう。

ルルファラ
ルルファラ

まあ、魅力的なリガートは支援者としてあなたを選んだの?
いいでしょう。
オークの愛の神聖な儀式への参加に選ばれるとは、なんて類希な栄誉かしら!

それで、何が知りたいの?

リガートに集めるよう頼まれたものについて、詳しく教えてくれないか?

ルルファラ
ルルファラ

もちろん! リガートの友達は私の友達だから!

大使は恋心をそそるようなオークのごちそうにとても興味を持ってる。
オークの心を勝ち取る一番の方法だから。
でも言っておかないとね。
手に入りにくいものもあるの。

オークはどのような食べ物が恋心をそそると思っている?

ルルファラ
ルルファラ

オークの女性は誰も、良質のエチャテレチーズには抵抗できないわ。
ミルクは壁の塗装をはがすけど、チーズは曇りの日に差す日の光の味がする。
ロマンチックな食事には申し分ない。

北のチーズ職人が最高のチーズを作ってる。
私も気に入ってるわ!

オークはロマンティックな気分になった時、何を飲む?

ルルファラ
ルルファラ

オークはエールが大好きなの! どんなエールでもね!
でもオークの乙女を一番ロマンチックな気分にさせてくれそうなのは、南ロスガーの隠者みたいな醸造家が造ったエールね。
あれが大好き!

たぶん、ラム・グロ・バズビーは、リガートがくれた珍しいハチミツ酒とエールを交換してくれるんじゃないかしら。

[説得] 教えてほしい。なぜリガートのハチミツ酒がそんなにも珍しい?

ルルファラ
ルルファラ

ヴォルジャーのほろ酔い酒は、ロスガーで最後の瓶だとリガートが言ってた!
大使はノルドの乙女の心をつかむ一番早い方法だって言ってる。

開けようとした時に、もし生きたハチが中に入っていたら、必ず幸運が訪れるそうよ。

他にオークの乙女の心をつかむ方法はないか?

ルルファラ
ルルファラ

他の種族の文化が好きなオークもいる。
オークの愛の詩はないけど、レッドガードの詩人、ボラサッドの詩は好き。
ちょうど、ロスガーに来てるわ。

リガートは、狩猟夫人ヤゾグはいい香りがすると思っているみたい。
どんな香水を使っているか調べてみたら?

キャラクターの種族がオークな場合

私はオークだが、求愛の習慣については聞いたことがない。

ルルファラ
ルルファラ

あなたがロスガーのオークとして育てられなかったのは、私のせいじゃない。

他にも大好きなものがある。
どれもリガート大使の役に立つはずよ。
大使は幸せになっていいと思う。

オークのチーズを探す

オルシニウムの北にいるチーズ職人のバルフォーと会話しましょう。

チーズ職人のバルフォー
チーズ職人のバルフォー

私のチーズを買いに来たの?
それが最近私に話しかけてくる人の唯一の話題みたい。

オークを… 夢中にさせるのは、あなたのチーズか?

チーズ職人のバルフォー
チーズ職人のバルフォー

また昔の暖炉夫人の話ね!
そうよ、ウーリーが七つの要塞で最高のミルクを提供してくれるの。
ウーリーのミルクで、ロスガーで一番美味しくて滑らかでクリーミーなチーズを作れる。
でも、恋の効果については、大げさ過ぎると思う!

では、ウーリーのチーズを食べても、オークの乙女が夢中になることはない?

チーズ職人のバルフォー
チーズ職人のバルフォー

ええと、そういうことじゃないの。

良質のウーリーのミルクを、うちの秘伝の工程で加工すると、ひと口ごとにわずかに気持ちが高まるチーズになる。
でもチーズで… たとえうちのチーズでも、オークが恋に落ちるなんてことはない。
マジカではないのよ。

このマンモスチーズの塊を、あなたのエチャテレのチーズと交換してくれないか?

チーズ職人のバルフォー
チーズ職人のバルフォー

マンモスチーズ?
ノルドのご馳走じゃない!

これは公正な取引よね。
ウーリーのチーズにはかなり効き目があるって覚えておいて。
気になるオークを口説くなら、時間はかけた方がいいけど。

チーズをありがとう。

チーズ職人のバルフォー
チーズ職人のバルフォー

この美味なるチーズに、もう一度礼を言わせて。
私はウィンドヘルムで修業し、チーズ職人バールと共に学んだ。
そして凝固したマンモスチーズを美味しくする技術を発明したの。

ただ、エチャテレチーズには気をつけて。
匂いだけで熱心なオークを刺激することがあるから。

オークのエールを探す

ロスガー西部にいる、ラム・グロ・バズビーと会話しましょう。

ラム・グロ・バズビー
ラム・グロ・バズビー

このオルシニウムの騒ぎの前は、人々は高貴な隠者のプライバシーに敬意を払っていた。

オークの乙女を夢中にさせるエールを造る醸造家というのは、あなたのことか?

ラム・グロ・バズビー
ラム・グロ・バズビー

おめでとう、私を見つけるとは!
誰だ?
もったいないほど素敵なオークの愛を勝ち取ろうとしている、フラれた若者がまた来たのか?

帰りたまえ!
うちのエールは数ヶ月かけて造ってるんだ。
残ってたものを手放したりしない。
恋は終わりだ。

このエールのどこがそんなに特別なんだ?

ラム・グロ・バズビー
ラム・グロ・バズビー

何だって…?

良く聞けよ。
うちのエールは、最高級の材料ととても新鮮な湧水だけで造っている!
七種類の秘密のスパイスと、母から受け継いだ百年物の酵母のことは、言うまでもないだろう。
強くてよく酔えるぞ!

本当にこのエールでオークに恋心を抱かせられるのか?

ラム・グロ・バズビー
ラム・グロ・バズビー

恋の衝動とよいエールの健康的な味がなければ、オークにはホーカーのシチューほどの価値もない。
だが、そう、私の特別な酒は恋の衝動をいちだんと強める。
特に女性のね。

ここに引っ込んでいるのも、仕込み量が少ないのもそのためだ。

珍しいノルドのハチミツ酒と交換してくれないか?

ラム・グロ・バズビー
ラム・グロ・バズビー

珍しいノルドの…?
これは… あれか!
ヴォルジャーのほろ酔い酒の話は聞いたことがあるが、飲む機会はなかった。
よろしい。取引しよう。

本当にほろ酔いになれるのか?

エールをありがとう。

ラム・グロ・バズビーが酒を飲もうとすると、大量の蜂が現れます。

ラム・グロ・バズビー
ラム・グロ・バズビー

ヴォルジャーのほろ酔い酒!
ほら! いい気分で酔えそうだ!

ラム・グロ・バズビー
ラム・グロ・バズビー

一体どうなってるんだ?
どうしてこんなにたくさんのハチがいるんだ?
うわあああ!

蜂に襲われたラム・グロ・バズビーは走り去って行きます。

オークの愛の詩を探す

追放者の墓地の近くにいる、ボラサッドと会話しましょう。

ボラサッド
ボラサッド

この土地は刺激的だ!
もう詩集一冊分のアイデアが浮かんでいるよ!

あの噂の有名なレッドガードの詩人か?
オークの詩が欲しいので、手を借りたい。

ボラサッド
ボラサッド

有名? そうかもしれない。
私の詩を好きな者がいる、それで十分だ。

だが、オークの詩が欲しい?
どんなテーマに興味がある?
戦争、血、それとも復讐か?
内臓を抜くことの良さを唱える、あからさまな詩を知っているが。

そういうものではない。
オークの乙女を感動させる、愛の詩が必要だ。

ボラサッド
ボラサッド

愛の? オークのための?

同じオークの話をしているんだよな?
あの暴力的で、短気で、戦好きな種族の? あのオークか?
ブレトンやノルドのように、愛について書くとは思えない。
レッドガードの愛の詩なら興味を持ってもらえそうだが?

本当にオークの愛の詩が必要だ。何かないか?

ボラサッド
ボラサッド

ううむ、ちょっと待ってくれ。

ああ! そうだ!
戦士と愛する斧の詩を聞いたことがあるか?
「戦斧に捧げる詩」だったかな。
言葉を一つか二つ変えれば、お望みのものになるかもしれない。

それでうまくいくと思うなら。

ボラサッド
ボラサッド

間違いない!
〈斧〉を〈愛する人〉に… 〈血への欲望で満たす〉を「あなたへの思いで満たす」に変えるだけだ。

いつもの出来には及ばないが、なかなか魅力的な詩になったと思わないかね。

愛の詩をありがとう。

ボラサッド
ボラサッド

長身のパパの加護があるよう祈ってる。
オークの恋愛の話となれば、借りられる助けがすべて必要になると思う。

我がヒスイの姫へ捧げる頌歌

ボラサッドによるあるオークの愛の詩

我が愛しき者、我が愛しき剣、我が愛しき貴婦人よ。
あなたの柄頭は、装甲手袋のように我が手にしっくりなじむ!

我らが楽しみを決して退屈なものにしないことを約束する
彼の頭蓋骨を砕いたときでも!

我が貴婦人の姿は、大理石を刻んだ像のよう、
一目見ただけで、情欲に満たされる。

我が愛の剣は、鋭くしてはならない、
カーテンの暗がりで我らが抱き締め合うときは!

あなたの切なる愛がそばにある限り、
我が心が恐怖の感触を知ることはない!

オークの香水を探す

ロスガー北東部にいる、ヤゾグと会話しましょう。

ヤゾグ
ヤゾグ

発情期の山の熊より騒々しいね!
弓矢が飛ぶ程遠くからあなたの来る音が聞こえたし、嗅ぎ分けることもできた!

何か役に立てることがあるの?

狩猟夫人ヤゾグ? つけている香水について聞きたかった。

ヤゾグ
ヤゾグ

香水? オークは香水をつけないのに!
花の臭いにおいを楽しんでいるのは、ブレトンとお洒落なエルフだけよ。

どうして香水をつけていると思ったの?

リガート大使が、とても良い香りがすると言っていた…

ヤゾグ
ヤゾグ

リガート? ノルドの大使?
とても気さくな人のようね。
クランの族長を訪ねて行った時に会ったの。

実際のところ、どういうことなの?
教えてくれれば手を貸せるかもしれない。

リガートがオークの女性の気をひこうとして、オークの香水を欲しがっている…

ヤゾグ
ヤゾグ

ずるい犬ね!
ラズドゥサが好きだって知ってたんだから!

オークの女が愛する香水は、戦の匂いと敵の血の香りだけ。
オークの族長は、妻となる女性に求婚する前に強い敵と戦う。
私に結婚を申し込んできた時の族長は、ひどい臭いがしたわ。

強力な敵? 誰かいないか?

ヤゾグ
ヤゾグ

実は、ここ何日か、大熊のノルギムを追っていたの。
賢くて強い熊… ラズドゥサに求愛する者に相応しいことは確かよ。

ノルギムは近くの小川で狩りをしてる。
匂いをリガートにつければ、ラズドゥサは欲望で溶けてしまうでしょう。
保証するわ!

分かった。大熊のノルギムを探そう。

ヤゾグ
ヤゾグ

忘れないで、リガートが戦闘と血の匂いをさせればさせるほど、ラズドゥサは惹かれていく。

ただ気をつけて。あの熊は怪物よ!
だから奴をオークの言葉で死を意味する「ノルギム」と呼んでいるの。

近くの小川にいるノルギムを倒して、香水を手に入れましょう。

向こう見ずなリガートに材料を渡す

材料を集めた後、モークル要塞の港に戻りましょう。

港に戻った後、ルルファラと会話しましょう。

ルルファラ
ルルファラ

帰ったのね!
リガート大使が求めたものを全て手に入れられた?
ああ、いいわ! ここからでもエチャテレチーズの匂いがする!

お願いだから大使を待たせないで!
彼はロマンティックな料理を準備して、愛する人に好印象を与えたいんだから。

向こう見ずなリガートと会話しましょう。

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

友よ! よく戻った!

だが教えてくれ、私のオークとの恋の夜に必要な材料は調達できたのか?

頼まれた品をすべて集めた。

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

こんな素晴らしい知らせがあるとは!
リガートの心は、フラミング・ネッチの常連客のように踊っている!

ノルドの贈り物は、どのように喜ばれただろうか?
手放しで喜んでもらえただろうか?

幸せそうだ、ラム以外は。
どういうわけか、ハチミツ酒はハチだらけだった。

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

本当か? 何もかもうまくいきそうだ。
ハチミツ酒に入ってるのは女王蜂にちがいない!

ラズデュサ大使がいよいよここに来る!
署名する書類を持っていると言っていた。
急いでくれ! リガートに愛の品を!

どうぞ。

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

産毛に覆われたカニのチーズ、特製エール、オークの愛の詩!
ちょっぴりキツいオークの香水まで!
感謝の気持ちと驚きでいっぱいだ!

さあ、ラズデュサ大使が来る。
エメラルド色の美しくて愛しい人だ!
ほら、急いで隠れてくれ!

クエストを完了する。

クエストを完了した後、ラズデュサ大使がやって来ます。

ラズデュサ
ラズデュサ

リガート大使、書類があるのですが。
よろしいですか?

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

ああ、私のかわいいラズドゥサ!
リガートは贈り物を持って来たよ。
オークの愛情に満ちたあなたに!

ラズデュサ
ラズデュサ

リガート大使、これはとても不適切です!
待ってください。
この匂いはエチャテレチーズですか?

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

「私の愛しい、私の刀剣、私の恋人。あなたの柄頭は私の手にぴったり合って、まるで手甲のようだ!」

「私達の引き合う力を鈍らせはしない。たとえ彼の… 頭蓋骨を叩き割った時でも!」

ラズデュサ
ラズデュサ

リガート大使! そのような振る舞いには耐えられません!

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

しかし… しかし、我がヒスイの女神よ… どういうことだ…

ラズデュサ大使は立ち去って行きます。

ルルファラ
ルルファラ

リガート、ラズドゥサなんか気にしないで!
あなたは愛の贈り物で私の心を勝ち取ったの!

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

ルルファラ? わからない。
リガートは、何故あなたがそのような気持ちになったか分からない。

ルルファラ
ルルファラ

ならないでいられて?
あなたは古代のプロポーズをやりとげた。
私達、婚約したのよ!

向こう見ずなリガート
向こう見ずなリガート

リガートは全くそんなつもりは… 待て。何だ?

向こう見ずなリガートとルルファラは、どこかへ立ち去って行きます。

メモ

向こう見ずなリガートは、デシャーン・イーストマーチ・サマーセット・北エルスウェア・西スカイリムのクエストでも登場するキャラクターです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました