古遺物

クラグローンの古遺物

監視人の儀式ストール

タイプ:お宝
手掛かり:最初から所持

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

ネードのものだろう。
縫い目がその証拠だ。
デザインから判断すると、貴族か高位の宗教家が着用していたと思われる。
ペレナの聖職者が着用していたかもしれない。

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

ネードのものだという点はレジナスとヴェリタに同意しますが、布には魔法の残滓が充満しているようです。
「魂魔法」の習得を企むはぐれ魔術師の作品を見たことがありますが、これは明らかにその類です。
ネードはアニマに手を出したのでしょうか?

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

まあ、そうかもね。
私の研究によれば、「永遠の監視人」というネードの魔術師たちが自らの魂を使って「裏切りヴィルマリル」というリッチを閉じ込めたそうよ。
その中の誰かが着ていたのかもね。

ひび割れた大蛇のペンダント

タイプ:お宝
手掛かり:「監視人の儀式ストール」を発掘

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

魔法的な特徴は特に見受けられませんが、普通の宝飾品ではないようです。
憶測に過ぎませんが、ネードのものかもしれません。
石を包んでいる大蛇は、クラグローンの遺跡で見たものを彷彿とさせます。

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

ああ。
典型的なネードの石細工だ!
おそらく石工が高貴なネードのために作ったのだろう。
女王か王女かもしれない。
確かに大蛇はネードの遺跡ではよく見かけられるが、宝飾品に使われているのを見るのはこれが初めてだ。

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

ええ、多くのネードは賢明な節度を保って大蛇座を崇拝していた。
最近のクラグローンでの事件は、その種の強大な存在に手を出すことがどれほど危険か浮き彫りにしたわ。

四剣人が捧げた武器

タイプ:お宝
手掛かり:「ひび割れた大蛇のペンダント」を発掘

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

マミレー、アカモン、ロシャドン、炎のロクダンは四剣人と呼ばれ、ネード領への最初の侵攻で最も名を轟かせたヨクダ戦士だった。
彼らはもちろんアンセイの最高位だった。
したがって、何よりも大切にしていた武器を捧げねばならなかった。
アカモンの草履取りは主人の最初の短剣の破片を携え、その犠牲を常に偲んだそうよ。

クラグローンのアンティーク地図

タイプ:家具
手掛かり:雑貨商人から購入

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

ドラゴンテール山地との位置関係を見ると、これはクラグローンの地図だな。
素晴らしい!

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

タムリエルの中でも、クラグローンほど支配者が何度も変わった地は他にありません。
見つかる遺跡も多様です。
どの勢力が描いたのか、判別するのは難しいでしょうね。

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

そうね。
ネード。オーク。ヨクダ。アイレイド。ドワーフ…まだまだいる。
そしてこれだけ色々なことが起こった場所なのに、地勢は今とあまり変わらないのが不思議ね。

スペルスカーの欠片

タイプ:家具
手掛かり:クラグローンの全てのドロップから入手

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

それほど古いものではないが、それでも特筆に値する。
どこから来たのかは解明できていないが、クラグローンのオベリスクは様々な神秘的な問題を起こした。
どうやら自然法則さえ捻じ曲げられるようだ。

アマリエン
アマリエン

その通りよ!
これがタムリエルの物質をオベリスクの衝撃で変質させたものか、オベリスク自体の欠片なのかを判別するのは難しい。
実験してみたいわね。
溝はマジカに満ち溢れている!

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

この欠片に蓄えられていたマジカはもうほとんど使い果たされています。
現場から運び出されたためにオベリスクとのつながりが絶たれ、力をゆっくりと喪失したのでしょう。
休眠状態ではありますが、それでも美しい!

エセルクオーツの音響共鳴装置

タイプ:騎乗動物「漆黒のドワーフ・ウルフ」の欠片
手掛かり:グループ洞窟「ムサーナズ」の全てのボスから入手

アマリエン
アマリエン

この半透明の石は、きっちりはまると音を立てるようね。
触ると力を感じたから、まだ残滓が残っているみたい。
信じられない!
この遺物には、どんな力があるのかな!

漆黒のドワーフ・ウルフの頭

タイプ:騎乗動物「漆黒のドワーフ・ウルフ」の欠片
手掛かり:グループ洞窟「ルクンゼルフト」のボス「ムゼクロク」から入手

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

ああ、金属で狼の頭が形作られています。
陰気で孤立を好んでいても、ドワーフでさえ犬の魅力に勝てなかったようですね!
誰もが忠実な犬を愛するものです。
大きさを見ると、この狼は誰かを背に乗せていたようですね。

大きなエセリウムのレンズ

タイプ:騎乗動物「漆黒のドワーフ・ウルフ」の欠片
手掛かり:グループ洞窟「ルクハードアフルク」のボス「最後のセンチネル」から入手

アマリエン
アマリエン

ああ、貴重なエセリウムが!
きっとこの宝石は何らかの幻視を与えていたと思う。
遠見の装置のレンズかな?
ドワーフのサイズではないから、ヴァミディウムか他の大きなアニムンクルス用よ。

喉覆いのトルク

タイプ:秘術装備「音調平準化のトルク」の欠片
手掛かり:クラグローンの全てのワールドボスから入手

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

変ね。
こんな盾のような物が取り付けられているドゥエマーのトルクは初めてだわ。
声を増幅させるため?
それとも装着者の喉を守るため?
一体何のために?
鎧の首当ての方が役に立ちそうなものだけど。

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

わかりましたよ!
このトルクは、「音建築」のために作られたのです。
音を使って現実を作り出すドワーフの技術です。
とても強力な魔法…か、機械です。
ドワーフが魔法と機械を区別していたかどうかはわかりませんが。

アマリエン
アマリエン

音建築!?
ドワーフが音建築で作った物はもちろん見たことがあるけど、まさか実際に音建築家が使っていた装置を見られるとは思わなかった。
一体このトルクで、どんな建築が作られたの?

セレスティアル収束の祭壇

タイプ:家具
手掛かり:クラグローンの試練の最終ボスから入手

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

ネードの建築ね。
私の専門よ!
この祠はクラグローンで見つけたネードの建築様式に沿ってるけど、大きく逸脱しているところが数点ある。
中央の要素がムンダス・ストーンに酷似している、なのに星座は見覚えがない。

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

珍しいことだが、同じ意見だ!
文化的に重要な星座は確かに存在する。
だがネードの星座のコンセプトと我々のものはかなり共通している。
ひょっとして彼らは星を書き直そうとしたのか?
伝統的なアーキタイプを、新しいものに統合しようとしたのだろうか。

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

ネードにしては傲慢すぎると思いませんか?
ともかく、強力な魔力が秘められているようには感じません。
彼らがこの祭壇からエセリアルの力を引き込もうとしていたなら、もう消え失せています。
それでも美しい品ですね!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました