スポンサーリンク
書籍

クラフトモチーフ97:さまよう守護者

ゴーストソング・クランのアラナ(ヴェランディス・レイヴンウォッチ伯爵記述)

グレイホストが我らの地をうろつきクランを襲っている中、マルカルスの暴君はリーチの自由な民に対して、ドワーフの石の洞窟にうずくまる権利が欲しければ足元にひれ伏せと要求している。ふざけている! しかしアルドの頭に浮かぶ考えの中で、聞く価値があるものが一つだけある。それは深き民の骨が強靭であり、我らの地に満ち溢れているということだ。我々はこれを利用すべきだ。

ドワーフたちが星に何を見たかは知らないが、彼らは天空にいる我らの守護星座を石に刻み付けた。深き民はその異様な作品を作るため、魔女、狩人、執行人の加護を求めたのだ。我々も同じように自然と反する敵を相手にしている。この力を利用させてもらおう。


首を失わないためには、油断しないことだ。それ以外では、死んだドワーフや金属製の下僕の兜が役に立つ。視界が制限されるのは残念だが。吸血鬼やウェアウルフを相手にする時は、喉元を覆うことを忘れてはいけない。

肩防具
金属の怪物の大きな外殻を羨んでいることは聞いている。確かに立派な肩を飾るのに相応しいものではあるが、身に着けるにはそれなりの勇気がいる。無理をしすぎて、愚かなノルドのように重みで潰れるべきではない。

胸当て
守護者の金属で体を覆う時、狩人を称える装飾を忘れないように。さもなくば防具は機能せず、ドワーフと同じ末路を辿るだろう。我々はリーチにおいて狩人の鷹であり、猟犬である。そのことを示せ。

手袋
これまでに見つかった装飾は重い指輪程度のものしかなく、篭手など目にしたこともない。しかし前腕に張り付ける板ならいくらでもある。

ベルト
ドワーフの扉や宝箱の錠前を腰に巻くのはいい考えだ。この錠前は、激戦の最中でも外れない留め金になる。

脚当て
我々は狩人であって、マッドクラブでないことを忘れるな。下半身の防具は素早さを保てる程度に抑え、腰をガタガタ揺すのは婚姻の儀までやめておけ。

ブーツ
入手できるドワーフの金属は重く、分厚いことが多い。平らな石の上に製材機を置く分にはよいが、荒野で軽快に動ける具足を作るには向いていない。慎重に使うべきだ。


深き民の扉を腕に縛りつけて守りたい気持ちは分かるが、それでは腕がもたない。奴らの金属は強く叩かれると悲鳴をあげる。揺れた時の振動が伝わり、骨を折ってしまう。可能な限り木の盾に結び合わせ、毛皮や羽毛を詰めて緩衝材にするべきだ。

短剣
きっと母親から石や骨、金属から自分のナイフを作るやり方ぐらい教わっているだろう。尖った破片と、丈夫な握りがあれば十分だ。


我々には鍛冶師が少ない。深き民の鍛冶場を使える者となればなおさらだ。均整の取れた刃を入手できるかどうかは、何よりも運と探す者の観察眼が問題になる。心を研ぎ澄ませて狩りに集中すれば、同じくらいよく研がれたものに出会えるかもしれない。


知恵を使うか戦うかして、深き民の大きな守護者の紋章を手に入れたなら、執行人に相応しい斧を作れる。もっとも、硬い金属を研いで刃とするには何日もかかるだろう。

戦棍
棍棒にちょうどいい金属片ならいくらでもあるが、巨人一人半ぐらいの力が必要になる。赤鷲でさえ、芯入りのドワーフの棒は一本振り回すのに苦労したほどだ。小さな軸を修理して、重い棍棒にすれば十分だろう。


魔女の技とドワーフの悪戯は、水と油のように混ざらない。深き民が自分たちの目的をどうやって達成したのかは、モラでさえ知らないかもしれない。だがその点は謎のままだとしても、金属塊で頭蓋骨を叩き割るやり方はとてもよく知っている。


我々にはドワーフのガラクタをまともな弓に加工できる弓矢職人がほとんどいない。リーチの木の枝だけを信頼して、風の音を聞くことだ。黄ばんだ歯も、噛む力までは衰えていない。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました