スポンサーリンク
書籍

クラフトモチーフ35:ドロ・マスラ

黄昏の先唱者アダーラハイ著

世界の陰の闇の奥深く、どことも知れぬ場所には不気味な鍛冶場と曲がった作業台があり、そこで迷い猫たちが自らのための武器と鎧を作っている。奴らが姿を見せるような危機の時代に、奴らが身に着けている装備は似通っている。つまり、その装備は一定の基準に基づいて作られているの。その基準についての歌を歌っておくわ。あらゆる知識は有用よ。そうでしょう? 近寄ってはならない相手を知るためだけにでも役立つわ。


猫の顔が2重になっている。第1の顔の上に第2の顔。気味が悪い! でも、ドロ・マスラの顔が隠れているのはいいことよ。2つの下弦の三日月で飾られている。耳は偽物、しかし歯は本物。少なくとも本物のように鋭い。喉当てがないなんて!

肩防具
素晴らしいポールドロンよ! 青い爪の刻印で飾られている。喉当てと面鎧はないけど、高い襟で補われている。襟はとにかく鋭い。触ってはいけない。触り返してくるから。私は本気で言っているのよ。

胸当て
ドロ・マスラ戦士の胸当てには下弦の三日月2つの装飾突起があり、私が「青い爪の刻印」と呼んでいるギザギザ模様に囲まれている。これは迷い猫の様式では非常によく見られる、特徴的な青い稲妻のジグザグ模様よ。

手袋
篭手はもちろん攻撃から手を保護してくれるけど、世界の陰の闇はとても冷たくなる。手袋を使ったほうがいい。指先は覆われている。カジートの爪はどうしたの? 前腕には青い爪の刻印があるのに、手には爪がない。非常に不気味ね。

ベルト
大量のタセットがある! ドロ・マスラのベルトの留め金には、下弦の三日月が2つの長く曲がった牙に向かって伸びているのが見える。大抵は「闇の眼」の印の下よ。この眼が何を意味しているのかははっきりしない。おそらくその方がいいでしょう。ナミイラの知識をすべて知ることができる者がいる?

脚当て
ドロ・マスラの脚当てはほとんど普通のつまらないものに見える。世界最高峰の脚当てのように下肢を守らないといけない。そうでしょう? すねの部分に暗い月があり、下を向いて、すべての生命を空にしている。シンバルドの歌を歌い、向きを変えて立ち去りなさい!

ブーツ
ドロ・マスラのブーツは爪先が閉じられている。一般的なカジートの慣習からすると、興味深い例外よ。古代の歌を思い起こさせる。「片足をジョーンに、片足をジョーデに。迷い猫は爪先が一番強い」閉じられた爪先は、肉球の裏の傷でも隠しているの?


2つの下弦の三日月の盾で、ジョーデは右、ジョーンが左。鎌状の月が溝になっていて、そこから突きを繰り出せる。青い稲妻が見える? とても危険よ。気をつけて。

短剣
ドロ・マスラの短剣は刺突用の短い武器で、極端に湾曲した十字型の鍔がついている。攻撃を受け流すのに役立ちそうね。奇妙なことにこのせいで短剣は、迷い猫の武器の大半に2つある「下弦の三日月」が、1つしかついていない。足りない月は亡霊の月を象徴しているの? 私にはわからない。


迷い猫の剣は切っ先が重く、筋骨隆々の猫であるドロ・マスラ以外が握っても、まともに扱えないでしょう。ひどく鋭い刃は、剣の重さで身体と骨を貫通する。十字型の柄は下弦の三日月だけど、もう言わなくてもわかるでしょう。避けて! 触らないこと! あなたは賢く、アダーラハイの助言に従う? 分かるわけがない。なるようにしかならないわね。


ドロ・マスラの武器と鎧は多くの場合、「下弦の三日月」のシンボルを宿しているの。なぜ下弦かというと、悪は闇の月において最も強力になるからよ。そのため、迷い猫の斧は2つの下弦の三日月を宿している。一つはジョーデ、もう一つはジョーン。しかし欠けつつあるってわけ。

戦棍
迷い猫は戦棍の殴打でベントの踊りのリズムを刻む。ドロ・マスラの戦棍は盾のような形状をしているけど、ドロ・マスラの盾は戦棍の形状をしていない! この謎の答えを歌えるのは誰? 少なくとも私じゃないわ。


何という杖でしょう! 下向きの下弦の三日月が2つ、頭を空にしており、その上には亡霊の三日月がある。荒々しく、今にも破壊の呪文を放たんとしている。迷い猫のソーサラーがなぜドロ・マスラの中で最も恐れられているか、推測の必要もない。全くね。


下弦の月のモチーフはドロ・マスラの弓において非常に明確よ。鎌状の月が2組配置されていて、1組は握りを支えている表の部分に、それよりも小さいもう1つの組は湾曲部の端にある。このような弓が放つのは、矢だけではないかもしれない。恐ろしいわ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました