クエスト

腹ぺこ鼠の館

ESO魔術師ギルド > ストーリークエスト

前回クエスト

シェオゴラスの劇で役を演じきって、3つ目の呪文書を手に入れました。

物語内容

冒険をしていると、シャリドールが助けを求めに現れます。

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

またお前の助けが要る。
シェオゴラスの狂乱の演劇の中で手に入れた書を、ヴァラステが翻訳した。

次に立ち向かうべき試練を知っているか?

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

そうだ。
彼女はお前のためにポータルを召喚する用意ができている。
サマーセット諸島で合流しよう。
ただ…できれば急いでくれ。
胸騒ぎがする。

どこに行けば見つけられる?

キャラクターの同盟がダガーフォール・カバナントの場合

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

遺物師には、アリクル砂漠にあるセンチネルのギルドホールで会えるだろう。
幸運を祈る。

キャラクターの同盟がアルドメリ・ドミニオンの場合

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

遺物師にはジャングルの奥深く、マラバル・トールのバーンダリ交易所で会えるだろう。
幸運を祈る。

キャラクターの同盟がエボンハート・パクトの場合

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

遺物師には私の故郷の雪国、ウィンドヘルムのギルドホールで会えるだろう。
幸運を祈る。

なぜ心配だと言った?

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

ヴァラステだ。
彼女は夜も昼も、この本を理解しようと取り組み続けている。
シェオゴラスは歪んでひねくれた精神の持ち主だからな。
この仕事は彼女に大きな負担をかけると思うのだ。

何かできることはあるか?

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

正直に言おう。何もない。
ヴァラステは並外れた精神の持ち主だ。
あの本が呪われていて私が読めない限り、彼女だけが可能性なのだ。
私に匹敵しそうなほど賢いからな!

こう言ったことは、彼女に言うなよ。

魔術師ギルドに行き、ヴァラステに会いましょう。

ヴァラステ
ヴァラステ

シャリドールがあなたを見つけてくれて、よかった。
最後に手に入れた書から手がかりをつかんだの…でも、これは良くない知らせよ。
あなたの次の試練は、シヴァリング・アイルズの中でも特に忌まわしい場所で行われる。
腹ぺこ鼠の館と呼ばれている場所よ。

その名前は聞いたことがあるか?

ヴァラステ
ヴァラステ

ないはずよ。
あなたが誰も知らないデイドラの書ばっかり読んで暮らしているなら別だけど。
館はシヴァリング・アイルズにある影の地デメンティアの、最も暗い場所にあるわ。
私が心配しているのは…

ヴァラステ、大丈夫か?

ヴァラステ
ヴァラステ

わ…私は平気よ。
ただ疲れているだけ。
この書の翻訳には、すごく力を吸い取られるようになってきた。
私のことは心配しないで。
アイルズに通じるポータルは、すぐにでも開いてあげられる。
シャリドールが待っているはずよ。
準備はいい?

ありがとう、ヴァラステ。

ヴァラステは最後の試練のためのポータルを開いてくれました。

出発する前に、ヴァラステと会話しましょう。

ヴァラステ
ヴァラステ

うう…ザルクセスよ、力を。
私は平気。
自分がどれだけ疲れているか、意識していなかっただけ。

ヴァラステ、どうした?
どこか様子が変だ。

ヴァラステ
ヴァラステ

質問に質問で答えさせて。
デメンティアとマニアについて知ってる?

え?何だって?

ヴァラステ
ヴァラステ

シヴァリング・アイルズ、つまりあなたがシェオゴラスの狂った依頼で探索したオブリビオンの領域は、大きく二つのスフィアに分けられているの。

マニアでは色がとても鮮やかよ。
美しい花が咲いていて、動物が藪を走り抜けるの。

つまり、質問に答えるつもりがない?

ヴァラステ
ヴァラステ

デメンティアには暗い影と雲に覆われた空があって、うなり声をあげる獣がいるわ。
闇の石とカラカラ鳴る鎖。
だからこんなに疲れてるの。
昨夜はデメンティアと腹ぺこ鼠の館の夢を見たわ。

最後の書はどうやって館につながった?

ヴァラステ
ヴァラステ

〈ロビヤーおじさんの野菜畑〉は…驚くほど平穏だったわ。
でも裏の意味を読み込んでいくと、物事は急に悲惨になるの。
大農園の話なのよ。

大農園?

ヴァラステ
ヴァラステ

書には設備の整ったゲストハウスの説明が書いてあるの。
美しい迷宮で、午後をずっと過ごせる場所よ。
それに部屋の上に部屋が重なって、乱雑に広がった邸宅もある。

…好きなように解釈して。

これが手に入れるべき最後の書だな?

ヴァラステ
ヴァラステ

アーリエルにかけて、そう思うわ。
シェオゴラスは狂乱を語り、錯乱を吐き出すけど、デイドラ公の契約が成立すれば…約束を守るはずよ。

「傾向にある」?

ヴァラステ
ヴァラステ

そうね、考えてみて。
彼が望まなければ、本を一冊もあなたに与える必要はなかったのよ。

彼がちょっとしたゲームを始めたなら、止める理由はある?

ポータルに入り、腹ぺこ鼠の館へ行きましょう。

腹ぺこ鼠の館
シェオゴラスはいくつものタムリエルのアーティファクトと関係しており、ワバジャックと呼ばれる変装セットの杖、スキャンプの仲間を召喚するエヴァースキャンプの杖、ガンボルパディまたはあいまいな手袋、鳥肌のフォークと呼ばれる呪われた道具などがある。
アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

よし、着いたな。

ポータルを抜けるとシャリドールが待っていました。

シャリドールと会話しましょう。

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

よくアイルズへ戻ってきた。
注意しろ。
シェオゴラスの領域のこの部分は、歪んで腐敗している。

会えてよかった、シャリドール。
目の前にあるものをどう思う?

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

分からないな。
今までにシヴァリング・アイルズのこの部分に来たことはない。
とはいえ、これが最後の書だ。
奴が真に邪悪なるものを潜ませていると思ったほうがいい。
ヴァラステは本当に苦しい思いをしているだろう。

その通りだ。
ヴァラステがどこかおかしい。

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

ああ!
私が言った通りだ。
彼女は昼も夜も働いていた。
そして、シェオゴラスは闇の知性をあの書に向けている。
あの書は彼女の精神についた染みのようなものだ。
我々は…待たねばならない。
お前もそう思うか?

何のことだ?

会話の最中、シェオゴラスが現れます。

シェオゴラスとシャリドールの会話を見守りましょう。

シェオゴラス
シェオゴラス

おいおいおいおい、シャリドール。
館に入れるのは招待された客だけだ。
誰でもってわけじゃないんだぞ。

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

くそ、マッドゴッドめ!

シェオゴラス
シェオゴラス

もう来なくていいからな、シャリーちゃん。

さあ~、行け!

ハッ!これで二人きり!
やっとお話ができるな。

お喋りをしてからでなければ、先に進ませてくれないようです。

シェオゴラスと会話しましょう。

シェオゴラス
シェオゴラス

ああ、私のかわいい定命の者よ。
私には多くの性格があるが、実を言うとな。
その全部が、お前を気に入っているんだよ。

シェオゴラス、今度は何のゲームだ?

シェオゴラス
シェオゴラス

それじゃあ〈始めよう〉。
いや、〈開始しよう〉がいいかな?
それとも、〈トゥルットゥー〉の方がいいか?

まあ、心配するな!
お前をずっと見ていたから、ここに連れてきたのだ。
お前は働きすぎだぞ!
ちょっとばかり、素敵な休暇が必要だな。

休暇?

シェオゴラス
シェオゴラス

もちろんだ!
ここは私の館だ!
私の家族の財産だった。
私から私自身に伝えられたとか、まあそんな物だ。

ここを気に入ってくれると思うよ。
または嫌うかもな。
もしくは、そのどちらかだ。

分かった。
まず何だ?

シェオゴラス
シェオゴラス

私の後ろの道を行けば客室だ。
だが、私はお馬鹿さんだ!
三部屋とも埋まってる。
率直に言うと、彼らは滞在予定を過ぎても滞在してるんだ。

だが、その内の一人は。
うわあ!
正規の客じゃない。
手を貸してくれないか?
出て行くように言ってほしいんだ。

今度はどんな罠だ?

シェオゴラス
シェオゴラス

罠?
人を信用しない奴だな。
罠があるとしたら、客の内二人は人殺しでお前を食べようとしてくるぐらいだ。

助言?
誰にも食われるな。
誰かがお前を殺そうとするのなら、殺し返してやれ!

覚えておく。

シェオゴラス
シェオゴラス

肩の力を抜くんだぞ。

シェオゴラスは、ゲストハウスに泊まっている手に負えない客の一人を立ち退かせてほしいようです。

館のゲストハウスに入りましょう。

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

慎重にな。
誰もかれも放り出す前に、慎重に〈客と〉話すのだ。

シェオゴラス
シェオゴラス

聞こえているぞ、シャリーちゃん!
私の客を困らせるな!

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

お前を面白いと思っているのはお前だけだ、マッドゴッド!

シェオゴラスは、正規じゃない招待客の一人を立ち退けて欲しいと言っています。

彼はまた、客たちの何人かは人殺しだと警告しました。

招待客達に話しかけて、誰を立ち退かせるか決めなければなりません。

〈右〉の客室

扉

誰かの声が聞こえるぞ!
誰かいるのか?

滞在を楽しんでいるか?

扉

ああ楽しいさ!
待て、違う!
主はまたゲームをしているのか?

待ってくれ、シナリオのことを言っているんだ。
彼のシナリオは本当に楽しめる。
実に扇情的だ。

シェオゴラスの客を立ち退かせることになっている。
正規の客じゃない奴だ。

扉

ああそうかい、立ち退かせてみろ!
さっさと扉を開けるんだ。
でないと面の皮をひん剥いて、仮面のようにかぶってやるぞ!
この木を爪で引き裂いて、その美味しそうな喉をこの歯で噛みちぎってやる!

そうか。ここから出ろ。

マッドマン
マッドマン

自由よ!
お前を私のタンスにしまってやろう!

〈左〉の客室

扉

誰かそこにいるの?
動く音が聞こえるわ!

滞在を楽しんでいるか?

扉

いえ、全然!
ここでは物事が速く進むのよ。

シェオゴラスの客を立ち退かせることになっている。
正規の客じゃない奴だ。

扉

え?
ああ、追い出さないで。
騒音を無視しさえすれば…ここは本当にいい所なの。

あなたたちには扉の後ろから、私の魂の詩は見えないでしょ。
私の目を覗き込んで、私の精神が自身のものであることを知ることもできない。
真実の強さも見えはしないのよ!

そうか。ここから出ろ。

マッドウーマン
マッドウーマン

あなたに分かってもらいたいだけなのに!

〈中央〉の客室

扉

もしもし?
そこに誰かいるのか?
もう何時間も前にルームサービスをよこせと言ったんだが。

滞在を楽しんでいるか?

扉

ああ、実に。
とても快適だ。
あちこちでちょっと妙なことがあるけれど、全体としては…待て、お前はルームサービスか何かか?

シェオゴラスの客を立ち退かせることになっている。
正規の客じゃない奴だ。

扉

何だと?
いや、私を追い出すんじゃない。
追い出すんだったら弁護士に頼んで、お前をアリノールの法廷に引きずりだしてもらうからな。

お前が稼いだコインの、最後の一枚まで剥ぎ取ってやる。
それにお前の息子が稼ぐコインの、最後の一枚までもな!

そうか。ここから出ろ。

貴族
貴族

なら結構!
あとで私の弁護士に連絡させる!

出ていくとも。
だが、あんなポータルなど使うものか!

ゲストハウスの客を立ち退かせました。

シェオゴラスは「親切にも」ポータルを開いて、観光を続けられるようにしてくれました。

館の庭へ続くポータルに入りましょう。

シェオゴラス
シェオゴラス

素晴らしく完璧なポータルだ。
私の作なんだから当然だな!

シェオゴラスは自分の声をいたく気に入っているようです。

シェオゴラスと会話しましょう。

シェオゴラス
シェオゴラス

最後に客が来てからもうずいぶんになる。
お前なら、若かりし頃のレオおじさんを気に入っただろうな。

ディナーの時には、素敵な会話をしてくれたものだ。
おじさんが昔の女友達を口に出さなければね。
いや文字どおり、口から出すんだよ。
みっともない習慣だ。

客を立ち退かせた。
次は何だ?

シェオゴラス
シェオゴラス

よし、そうだな。
お前は落ち着いてから、ここを一回りするんだ。
館には素敵な迷宮がある。

見ておくんだ。

迷宮を進まなければいけないのか?
なぜ?

シェオゴラス
シェオゴラス

なぜ行動することに何でも理由が必要なんだ?
定命の者、定命の者、定命の者!
いつも理由を必要としているな。

たとえば、光は影を追い払うと思うだろう!
しかし、私は光がなければ楽しむべき影もないと思ってる。
いいこと言った、ハハハ。

つまり、迷宮は暗いのか?

シェオゴラス
シェオゴラス

たいへん良くできました。
分かってきたじゃないか!
一緒に時間を過ごせば、お前も私のように考え始めると分かってたよ。
私は人々に影響を与えるんだ。

実際、あそこはちょっと暗すぎる。
行く時にかがり火を灯してはどうだ?
ムーディーになること請け合いだぞ。

言うとおりにする。

シェオゴラス
シェオゴラス

夜はくれぐれも気をつけろよ。

シェオゴラスは、彼の館の一部である迷宮を観光して欲しいと言いました。

彼はそこの雰囲気が暗すぎると考えており、途中でかがり火を点灯して欲しいと言っています。

彼はまた、「夜の道の凸凹」がどうこうと言っていました。

4つあるかがり火を点灯しながら、迷宮を進みましょう。

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

お前は目の前の闇に直面した。
訓練を思い出せ。

シェオゴラス
シェオゴラス

インチキはなしだぞ、シャリドール!
台無しにするなよ。

2つのかがり火を点灯しました。

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

残りは2つだけだ。
子供でもできる試練だな。

シェオゴラス
シェオゴラス

お前がウェイレストの小さな婆さんのところに出現するようにしてやろう!
面白そうだろ、シャリーちゃん?

全てのかがり火を点灯しました。

迷宮の出口を探して脱出しましょう。

迷宮を抜け出すと、シェオゴラスが待っています。

シェオゴラス
シェオゴラス

それで…どう思った?
お前が一番気に入ったのはどの辺りだ?

いやいやいや。
答えちゃいかん。
顔を見れば、どんなに幸せかぐらい一目瞭然だ!

通り抜けた。後は何だ?

シェオゴラス
シェオゴラス

すごい自信じゃないか!
自惚れ屋!
あー…命知らず!
気に入ったぞ!

最後に訪れてもらいたいのは、ささやかで小さな邸宅だ。
ちょうど私の後ろにある。

屋敷なのか?

シェオゴラス
シェオゴラス

家族に会ってもらいたいんだよ!
たくさんの愛情のこもった思い出に。
かつてのように、メスを手にしてな。
ほっほっ!
そして家族全員で晩餐を。
ふん!

それからもちろん、お前は家宝と戯れることになる!

家宝?

シェオゴラス
シェオゴラス

そうとも!
それについての古い詩がある。
エヘン「一列に並ぶ四つの光。一つつついてピカリンコ」だ。

いや、違うな。
たぶんこうだった。
「鉢に入った四つの光。一つ突いて消しちゃいな」
うーん。
確かそんな感じだ!

覚えておこう。

シェオゴラス
シェオゴラス

忘れるな、休暇とは些細な時間を楽しむことだ。

シェオゴラスは、「邸宅」で彼の家族に会い、家宝で遊ぶことを望んでいます。

邸宅を探索しましょう。

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

哀れな魂達。
シェオゴラスの〈家族〉だ。

シェオゴラス
シェオゴラス

どうやってここに戻ってきたんだ?
ハスキルのせいだな。

アークメイジの<br>シャリドール
アークメイジの
シャリドール

どうやら、全てがお前の支配下ではないようだな!

シェオゴラス
シェオゴラス

今は、まだな。

邸宅を探索していると、シェオゴラスが言っていた家宝を発見します。

彼が与えてくれた手がかりを元に、全ての家宝を照らしましょう。

シェオゴラス
シェオゴラス

美しいだろう?

家宝を全て照らすと、シェオゴラスが現れました。

シェオゴラスと会話しましょう。

シェオゴラス
シェオゴラス

美しいと思わないか?
館の中で一番美しい場所だよ。
私がなぜこんなに長い間、この場所を手放さずにいるのかが分かるだろう?

いいだろう。
もう書は手に入るのか?

シェオゴラス
シェオゴラス

ちょっと待ってろ。
なぜ〈腹ぺこ鼠の館〉と呼ばれているのか、疑問に思ったことはなかったか?

どうだろうな?

シェオゴラス
シェオゴラス

いや、考えるべきだった!
お前に最後の書をやる前に…お前とシャリーちゃんに報いる前に、もう一人の家族と会わせたい。

年老いたレオおじさんの話を聞いてくれ…

  • 短縮版はないのか?
  • 面白そうだな。続けてくれ。

短縮版はないのか?を選択した場合

シェオゴラス
シェオゴラス

興醒めな奴だ。
あえて言うなら、年老いたレオおじさんには女性達との歴史があったってことだ。
ふふん。

最後の女性との恋以来、彼は伝えし者よりキーキー鳴く者を好むようになった。
そして私は、彼を肉の精霊に変えた。

レオおじさんはネズミが好きなんだな。分かった。

シェオゴラス
シェオゴラス

ああ…好き過ぎてな。
率直に言うと、それで家族は困惑した。

だから…礼儀正しい客の最後の役として。
レオおじさんを殺してくれないか?

片付けてこよう。

面白そうだな。続けてくれ。を選択した場合

シェオゴラス
シェオゴラス

ああ、さすが私の心にかなう定命の者だな。
レオおじさんは、昔はそれはそれは色男だった。
ウィンドヘルムからストームホールドまで、どの街でも美女を囲っていたんだ。

何年も過ぎて彼の容色にもかげりが見え始め、段々色々難しくなっていった。
その…分かるだろう。

分かる。

シェオゴラス
シェオゴラス

そうだ。
それで、かつてのように女性の注意を引き付けられなくなって…レオは少しばかりおかしくなりだした。

私が関わるようになったのはその頃だ。
レオほど愛された人物が、完全な孤独を受け入れるわけがない。
そうだろう?

そうだな?

シェオゴラス
シェオゴラス

だから彼にちょっとした取引をもちかけた。
彼に容色と若さを取り戻してやったんだ。
彼の義務は一つだけ。
決して処女とベッドを共にしないと約束することだけだ。
実に簡単なことだし、彼は喜んで取引に応じた。

ハハハハハッ!
それから数年後、彼はムジョルと出会ったんだ。

恋に落ちた?

シェオゴラス
シェオゴラス

お利口なスキーヴァーにチーズを!
レオは彼女に抗えなかった。
結婚すれば取引が破られることになるのにだ。
それはいかん!

婚礼の夜、彼の肉はロウのように溶けた。
私の精霊と化したのだ。
今?ハハハハハッ!
彼のガールフレンドはみんな鼠だよ!
ハハハハハッ!

彼を肉の精霊に変えて、今の彼はネズミを愛するようになった?

シェオゴラス
シェオゴラス

ああ…好き過ぎてな。
率直に言うと、それで家族は困惑した。

だから…礼儀正しい客の最後の役として。
レオおじさんを殺してくれないか?

片付けてこよう。

シェオゴラス
シェオゴラス

あいつの頭蓋骨を叩き割る前に、くれぐれもよろしく伝えといてくれ。

シェオゴラスは「レオおじさん」に関する物語を話してくれました。

この獣はどうやら一族の恥であり、始末して欲しいようです。

レオおじさんを倒して、最後の試練を完了しましょう。

レオおじさん
シェオゴラス
シェオゴラス

よくやったぞ!
家族も誇りに思うだろう。
ハッ!
お前がほとんど殺していなければな。
ハッ…

シェオゴラスと会話しましょう。

シェオゴラス
シェオゴラス

いい男が死ぬのは、いつだって悲しいものだ。
レオが死んだって?
それもたった今?
そりゃ笑える!
うはははは!

館を巡った。
もう書を貰ってもいいか?

シェオゴラス
シェオゴラス

開けた海でナーファルスと戦わせてもいいし、怒ったアルゴニアンの愛人に詰め寄らせてもいいな。

まあ、そうだな。
書はお前にやる。

ありがとう。

シェオゴラス
シェオゴラス

分かった、分かった。
そうだな、お前とシャリドールは新しい書を手に入れてきっと喜ぶだろう。

もちろん、読めるのはヴァラステだけだがな。
そうだろう?
彼女によろしく伝えてくれ。
この最後の書は、本当に綿密に読むよう言ってやるんだな。

最後の呪文書を手に入れましょう。

シェオゴラス
シェオゴラス

ヴァラステによろしくな!

聖域の贈り物

ある時、幼い少年が両親と共に湖の畔へ向かった。
彼は裕福な家の御曹司であった。
大人達が気取り屋の仲間と小屋でワインをちびちび飲む傍ら、少年は泥遊びでもするようにと放置された。
蔑まれている気がした少年はひどく悲しみ、1人で友達を探しに行くことにした。

友達探しにそう時間はかからなかった。
葦の葉の中で驚くほどお喋り好きなアヒルを見つけたからだ。
そのアヒルは少年が想像でしか描けないような場所のことを話してくれた。
少年はすぐに物語の虜になったが、そんな場所を自分の目では決して見ることができないと思うと悲しくなってしまった。
そんな少年にアヒルが笑ってこう言った。
それは違う!一緒に作るんだ!

少年とアヒルは水の中をどんどん進んで湖に浮かぶ小さな島まで行くと、木の枝と砂を使って力を合わせて小さな小さな家を建てた。
しかし1時間も経たない内にアヒルがこう言いだした。
こんな家は君には相応しくない。
宮殿が相応しい!
でも接合に使うモルタルが足りない。
大人が1人でもいればなぁ。

少年は小屋に戻ると、用を足そうとして外に出てきた貴族にちょうど出くわした。
そんな有頂天な貴族を少年は容易く丸め込み、島まで案内したのだ。
戻ったところでアヒルが貴族に飛び掛かり、その喉を切り裂く。
彼の血と肉をモルタルに、さらに骨を梁に使った。
少年の心は躍ったが、宮殿はもっと大きくなければならない!

少年は何度も何度も戻って、壮大な宮殿を見せようと酔っ払い達を集めた。
そしてアヒルは何度も何度も彼らの体の一部を壮大な宮殿に加えていったのだ。
やがてその尖塔やアーチは乾き、アラバスターや金に変化していった。

両親が少年を迎えに来た時、彼はその壮大な宮殿を2人に見せた。
2人は大きな声で叫ぶと、少年とアヒルを置いたまま走り去ってしまった。
しかし少年はちっとも悲しくなかった!
少年とアヒルは共に島で陽気に過ごした。
そのうち島は霧に閉ざされ、歓喜と陽気に満ちた永遠の世界へと誘われていったのである。

書を手に取ると、タムリエルに飛ばされました。

最後の呪文書をヴァラステに渡しましょう。

ヴァラステ
ヴァラステ

戻ってきたのね!
書は手に入れた?

ああ。

ヴァラステ
ヴァラステ

やったわね!
全て手に入ったわ。
後は本をまとめて、細かく研究するだけね。

これでシャリドールの島を見つけられるはずよ!

クエストを完了する。

ヴァラステ
ヴァラステ

幸運を祈ってね。
今度はたくさん必要になりそう。

少しよくなったようだな、ヴァラステ。

ヴァラステ
ヴァラステ

ええ。
あなたが行ってから、急に回復したわ。
ただちょっと…少しうんざりしているだけ。
あなたが集めた本についての仕事にね。
とても疲れたから。

前にもそう言っていた。
どういう意味だ?

ヴァラステ
ヴァラステ

この本は言葉の迷宮のようなものよ。
何層にも意味が重なっていて、探求の道に終わりがない。
物事に遠回しな関連性をたくさん持たせて、知恵を極めた者だけが理解できるようにしてある。

ひどく疲れるのよ。

次の書について話していた時、不安そうだった。

ヴァラステ
ヴァラステ

言った通り、ちょっとうんざりしているだけよ。
心配はいらないわ。
困難には耐えられる。
実際、これを解明できる人はタムリエル全土にもわずかしかいないわ。
そのうちの一人になれるんだもの!

そうなるといいけど。

次回クエスト

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました