書籍

バーソロミューの任務

騎士団長は前任者たちの記録を調べ、神聖なる砦の地下の宝物庫を調査せよと私に命じた。騎士団はもう数百年も前、神々のためにこの異教の間を聖別したのだが、騎士団長が古代の野生のエルフ魔術を疑いの目で見るのも仕方のないことだろう。

* * *
記録によれば、砦の地下の宝物庫には連結したウェルキンド石があるらしい。初期の前任者は正当にも、デイドラの影響を恐れてこの物体を台座から取り除いた。私は野生のエルフの専門家ではないが、デイドラ公に対する彼らの献身は、世俗の者にとってさえよく知られている。

* * *
ティエリック団長はこれまでの発見を喜んでいるが、不安も感じているようだ。ウェルキンド石を入手し、石と遺跡とのつながりについて調査を続けるよう命じられた。気が重い任務だが、全力で取り組むつもりだ。オブリビオンの冒涜的な物品が保管されている宝物庫を、無条件で信用できると思い込んではいけない。あの宝物庫の起源を考えればなおさらだ。

* * *
ある前任者はアイレイド研究者を任じていたため、赤い花弁の砦の地下にあった元々の建物から多くの拓本を残している。アイレイド語はさっぱりだが、ウェルキンド石を載せる台座から取られたある言葉が繰り返し出てくる。ゴリセリ・モラブロ。ついに手掛かりが見つかった。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました