書籍

低俗王者ドーゾグのバラード

自称吟遊詩人のシェイ・ベークス著

彼は城を所有したことがなかった、
だが常に王冠をかぶっていた、
彼はスキーヴァーやスリをも分け隔てなく愛した、
威張ることはしなかったが、正義感だけは強かった、
彼は12人の信頼できる騎士を従えた、
彼らはアリーナに入り、困難をものともせず勝利した、
こうして低俗王者ドーゾグの伝説は広まった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました