書籍

ジオベセンの頭蓋骨の信憑性

高潔なる従士フルストロム、

「2920年」の記載はほとんどが作り話だが、真実の種がジオベセンの頭蓋骨の形で実になった。
皇帝レマンIII世の命令でジオベセン宮殿に閉じ込められた、有名なタヴィアの金に浸され宝石を散りばめた頭骨なのだ。
ジオベセンの頭骨は偽の遺物だという噂がハンマーフェルの以前の持ち主から広まり囁かれているが、そのような歴史の上で価値あるものを盗もうという気を起こさせないためであることは間違いない。

私はここにジオベセンの頭蓋骨は本物であると証明する。
元の頭骨はブレトンの死刑囚から得たと主張する噂はすべて…ただの噂にすぎない。

メルカトール・マニックス(帝国歴史学者)

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました