書籍

アンヴィル灯台の報告

M—

新しい灯台の守り手について懸念がある。十分な金をばらまいたら、彼女の夫は見て見ぬふりをした。

だが彼が死んだ今、その妻のほうはそうはいかないようだ。申し出はすべてはねのけ、知人以外には扉を固く閉ざしている。うまくいかないのならば、代わりを連れてこなければ。

説教師は闇の一党についてあれこれ言い続けている。本当に近くにいるなら、彼らが契約を受けるかどうか確かめよう。商人の船団に乗り込む必要などない。座礁するのを待てばいい。

—X

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました