書籍

ドゥエマー太古の物語 第8部

スノーエルフと変幻のレンズ

マロバー・サル著

音色の建築家ムズルションドは、インナー・ドゥアサンドで見つけた巨大な憎しみの晶石を20年かけて調律して、ニルンピスのエッセンスを抽出するために、春分点と秋分点の歳差と同期させようとしてきた。だが晶石の振動の親和性が彼には理解できなかった。そこで彼はある日、減衰器を投げ捨て、チャル茶を飲もうと工房を出て台所に行った。

台所の入口に近寄ったとき、彼はシューシューという音楽を聞いたが、彼が入口の敷居をまたぐと突然、その音楽は止んだ。彼の家事手伝い、スノーエルフのメイドのリリャレルがスチームグリルの陰から手を引っ込めて、気まずそうな顔で見上げていた。

「音楽が聞こえたぞ、リリャレル」ムズルションドは言った。「その温熱器の陰に何を置いた?」

「何もございません、ドワーフの旦那様」メイドは答えた。「ひまつぶしに集めたものだけです」

「なんだと? また私の用具室に入ったのか? そこから持ち出したものを見せなさい」

しぶしぶとスノーエルフはスチームグリルの陰に近づき、こぶし大の金色の金属でできた物体を引っ張り出した。そのへりの覆いについた水晶の取手が輝いていた。ムズルションドが手を伸ばして広げると、リリャレルは注意深くその物体を彼の手のひらに乗せた。「落とさないでください」彼女は言った。「調整が狂ってしまいます」

「そうか、そうか」技術者は言った。「ならばお前は自分で音色の変幻のレンズの原型を作ったのだな。これが私の聞いた音楽を奏でていたのか?」

「その通りです、ドワーフの旦那様」メイドは床を見つめながら言った。「間違ったことをしていないといいのですが」

「この装置がどうした? この音楽を再生する安物の宝石には何の危険もない。増幅器からブトゥン波が漏れない限りは。だがそんなはずはない。静電コンデンサに干渉しているのかも知れない」

「ああ、ご心配にはおよびません。アルコイド遮蔽を使いました――ちょっとですけれど!」彼女は不安げに言った。「でも旦那様、これは音楽再生機ではありません。これは私の心の旋律と同調するのです」

「精神的な観念サイクルと変幻のレンズを同期させる方法など誰も知らない。そんなことは今まで誰もやっていない」

「それについては何も存じ上げません、ドワーフの旦那様」リリャレルは神経質そうに手をねじり合わせながら言った。「私はただ、デュウム放射体を反転させてデミ・エクター波を中和しただけです。それがうまく動いただけです。元に戻しましょうか?」

「女よ、そのままにしておくんだ」技術者はそう言って手を持ち上げて光る装置をさらに入念に見つめた。「デュウム放射体の反転がデミ・エクターを中和するだと? そうか…そうか、どうして動くのかわかるぞ。これは憎しみの晶石を調律してニルンピスのエッセンスを取り出すのに、まさに必要なものかも知れない!」

ムズルションドが興奮して変幻のレンズを工房に持ち帰ろうと向きを変えたとき、エルフのメイドは支柱を両手で抱え上げ、彼の後頭部を殴りつけた。音色の建築家は地面に倒れて死に、リリャレルは自分の輝く装置を拾い上げた。「大嫌いだった」彼女は悪態をついた。「いつもドゥエマー油みたいな臭いをさせて」

それから彼女は通気管の真ちゅう製のよろい窓を開け、這って中に入り、ドワーフの町の中心を抜けて下りて行った。「下りていけばアンダーマーに合流して、戻って来ないで済むようになるかしら」そう言いながら彼女は変幻のレンズのスイッチを入れた。するとそれは突然、彼女の心の旋律と同調し始めたのだった。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました