クエスト

ウェイレスト下水道2

ウェイレスト下水道2
ウェイレストは当然のこととして、街の汚水をイリアック湾に流す、広い現代的な下水道を誇っている。
しかし、通りの地下の曲がりくねった水道管には、日の光の中で地上を歩く者が疑いもしない暗い秘密がある。

前回クエスト

ペリンゲール家の双子のヴァレインとエリーンは、ウェイレストの街を占拠しようと、下水道にて軍隊を形成していましたが、阻止しました。

物語内容

再びウェイレスト下水道に来ると、話し込んでいる二人の衛兵を見かけます。

ヤヒフ
ヤヒフ

トンネルのいくつかに何かを感じる。
ペリンゲールを見つけられるかもしれないな。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

昨日もそんなことを言っていたな。

ヤヒフ
ヤヒフ

そうだ。
いつかどこかの神様が私の揺らぐことのない楽観さに褒美をくれるはずだ。

ここで何をしているのか聞いてみましょう。

ヤヒフ
ヤヒフ

このトンネル内を彷徨っている年配の紳士を見かけなかったか?

頭髪が少なく、お腹の出た、この下水道を歩き回るには身なりの整いすぎた紳士だ。

ヤヒフ
ヤヒフ

お前は以前ここであの軍を倒したんだろう?
いま人を探してるんだ。
お前の熟練された技を存分に活かしてもらえると思うんだが。

誰を探している?

ヤヒフ
ヤヒフ

あるじのマスター・ペリンゲールが先日の夜に行方不明になった。
彼の子供達がまさにこの下水道で最近亡くなった…哀悼のために来たんじゃないかと思ってね。

つまり彼は下水道のどこかに?

ヤヒフ
ヤヒフ

最後に目撃されたのは彼がトンネルに向かっているところだった。
すべてが下劣だ。
かわいそうな連中は嘆いて激怒してるに違いない。
ここにいた方がいい。

手を貸してくれるならありがたい…探索する範囲が広いんだ。

ペリンゲールを探すのを手伝う。

クエスト「チャンスは一度きり」開始

ウェイレストの貴族であるマスター・ペリンゲールが行方不明になりました。

最後の目撃証言は、ウェイレスト下水道に向かっているところだったそうです。

衛兵のヤヒフとゲドリックと一緒に、ペリンゲールを捜索しましょう。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

マスター・ペリンゲールの子供との戦いはどうだったのだ?
彼らを好きじゃなかったとは、ボスには言わないでくれよな。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

ウェイレストには、貴族達が遊ぶ場所が数え切れないほどあるのだ。
だが、彼はこの下水道を選んだ。

これらは特権のある者が、最終的に生み出す奇抜さなのだろうな。

ヤヒフ
ヤヒフ

マスター・ペリンゲールを見つけないと。
ここで彼に何が起こったのか分からないが。

彼は聡明な貴族ではないんだ。

下水道を進んでいくと、倒れ込んでいる大勢の街の住人を発見します。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

ヤヒフ!
まだ生きているぞ!

ヤヒフ
ヤヒフ

なんだって!
一般人がここで一体何をしてるんだ?

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

薬漬けにされたんだ。
街からさらわれたんじゃないか?

ヤヒフ
ヤヒフ

クソ。そうだな。
お前はここに残って彼らを助けてやってくれ。
私は仲間を連れてペリンゲールを探しに行く。

ヤヒフとゲドリックと会話して、状況を確認しましょう。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

おお、神々よ。
この悲惨な魂を見ろ。
彼らはアンデッドになろうとしているんだろうな。

お前とヤヒフは先に行って、マスターを探すのだ。
私はこの者達を助けられるかどうか見てみよう。

ヤヒフ
ヤヒフ

ゲドリックは事態をちゃんと把握してる。
ペリンゲールのために先へ進もう。

ヤヒフと一緒に先へ進むと、奇妙な祭壇でマスター・ペリンゲールを発見します。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

あっちへ行け!
全て壊すつもりか!

ヤヒフ
ヤヒフ

すみません。
何が起こってるんですか?

待て!マスター・ペリンゲール!
クソッ!

扉に鍵をかけたぞ!

鍵を開ける方法があるはずだ。
祭壇の周りを調べてみろ。

ヤヒフがマスター・ペリンゲールを呼ぶと、彼は扉に施錠をして逃走しました。

施錠を解除するため祭壇をいじると、拷問者マルベスが召喚されました。

拷問者マルベス
拷問者マルベス

生きて出れると思わないことね。

拷問者マルベスを倒すと扉が開きました。

マスター・ペリンゲールを追いかけましょう。

ヤヒフ
ヤヒフ

その獣を倒すんだ。
ほら行くぞ!
誰かが先の扉を開けたみたいだ。

ヤヒフ
ヤヒフ

何かが変だ。ペリンゲールが援助を断るなんて見た事がない。
彼を追いかけよう。

探索を続けると、マスター・ペリンゲールとリッチが何かを話している姿を見つけます。

彼らが何を企んでいるのか、ヤヒフと一緒に遠くから観察しましょう。

ヤヒフ
ヤヒフ

あそこにいる。

一体何が…何が起こってるんだ?

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

私の子達からお望みの物は奪ったはずだ!
その代わりに望みを聞いてくれると言ったな!
なんでもいいから、あいつらを近づけるな!

ヤヒフ
ヤヒフ

何を近づけるなって?

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

簡単だと言ったじゃないか!

ヤヒフ
ヤヒフ

さあ。答えを出そうか。

ヤヒフと一緒に、彼らの元に行きましょう。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

やつらが来たぞ!
ガロン、一人もここを通すな!
わかったか?

ヤヒフ
ヤヒフ

リッチめ!
もう一度死ぬ覚悟はできてるのか、死に損ないめ!

蘇ったガロンを倒しましたが、ヤヒフも殺されてしまいました。

逃げていったマスター・ペリンゲールを追いかけましょう。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

貴様!
我が子供達の仇!
この卑しい畜生が!
よくも姿を見せられたものだな、この…

まだ足りないというのか?

ヤヒフがあなたを助けにここまで来た。
何をしている?

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

状況が…どんどん制御できなくなってきている。

誰にも見つからないはずだった。
リッチは子供たちを返してくれると言った。
すぐに済むと。だが違う。
何もかもが間違っている。
彼らは…間違いだ。

何をしたんだ、ペリンゲール?

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

私の子供達は死んだ。
だから私は子供達を生き返らせるよう、あのリッチを取引をした。
だが子供たちは間違った形で戻ってきた。

彼らは街を侵略するため軍隊を作っている。
アンデッドを集め、死霊術師を雇ってな。
私は彼らを隠したままにしておけると思っていた。

リッチについてもっと教えてくれ。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

彼の生前の名前はガロンといった。
彼はウェイレストの研究者で、私の子供達の指導者だった。

彼は子供達が殺された戦いの場にいた。
子供たちを取り戻せると言ったんだ。
だが蘇ったのは化け物だった。

ガロンはこの下水道で死んだ。
私もそこにいた。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

そうだ。
ここで彼を見つけた時、彼はもうリッチになっていた。
私は子供達が死んだ場所で、その死を悼むためにここに来ていた。

ガロンは私に、君のようなやつから子供を守ろうとしたと言った。
彼は戦いで殺され、戻るために死靈術を使うしかなかったと。

それで彼を信じたのか?

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

そうだ。
彼の話に感じ入った。
彼は私の子供達を教えてくれていたし、彼が子供達のために死ぬような誠実な人間だと信じた。

だから私は、子供達を取り戻してくれるという彼の提案を受け入れた。
こんなことになるとは思わなかったんだ。

  • あなたの子供たちが生きていた時に会ったことがある。これが彼らの本当の姿だ。
  • 彼らを止める手助けをしてくれ。

あなたの子供たちが生きていた時に会ったことがある。これが彼らの本当の姿だ。を選択した場合

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

いいや、君は間違っている。
私の子供達は法を守る良い市民、社会の手本だった!
あいつらは、あの子達の代わりに戻ってきた化け物だ!

どちらにしろ、彼らを止めるのを手助けしてくれ。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

私は…君の言う通りだな。
手助けしよう。
彼らを…死人が出る前に鎮めなくてはならない。
彼らはこの先の洞窟にいる。
下水が海に流れ出ているところだ。

そこで会おう。
なんとか彼らから話を聞き出してくれ。
そして時が来たら…終わらせてくれ。

彼らを止める手助けをしてくれ。を選択した場合

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

私は…君の言う通りだな。
手助けしよう。
彼らを…死人が出る前に鎮めなくてはならない。
彼らはこの先の洞窟にいる。
下水が海に流れ出ているところだ。

そこで会おう。
なんとか彼らから話を聞き出してくれ。
そして時が来たら…終わらせてくれ。

マスター・ペリンゲールは、自分の子供達を死から蘇らせて、アンデッドの軍を呼び起こしたようです。

彼はアンデッド達の排除に協力すると約束しましたが、一連の事件は決して意図したものではなかったと断言しています。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

付いてくるなと言っただろう。
もう他に死人を出したくはない。
なぜ追ってきたんだ?

マスター・ペリンゲールに、彼の子供達の場所を案内してもらいましょう。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

さあ、終わらせてしまおう。

私が話そう。
きっと理解してくれる。
今度は成功するかもしれない。

エリーン!ヴァレイン!
お父さんだぞ!
愛している。
話をさせてくれ!

大丈夫だ。
彼らは君を助けに来ているだけだ。

エリーンとヴァレインが姿を現して、こちらを襲ってきます。

彼らと対決しましょう。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

許してくれ…

エリーン・<br>ペリンゲール
エリーン・
ペリンゲール

兄弟をからかうのはやめて。
本当の挑戦を受けて見なさい。

自分だけでは本当に何もできないのね。

いつも負けてばかりで飽きないの?

ヴァレイン・<br>ペリンゲール
ヴァレイン・
ペリンゲール

まったく、俺にやらせるなよ。

さあ、ついて来い。

ヴァレイン・<br>ペリンゲール
ヴァレイン・
ペリンゲール

一休みしよう、エリーン。

エリーン・<br>ペリンゲール
エリーン・
ペリンゲール

簡単にあきらめないで、ヴァレイン。

ペリンゲールの双子の子供たちを殺しました。

その後、一般人の救助をしていたゲドリックがやって来ます。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

彼らにこれはあんまりだ。

彼らの代わりに死ねたら何でもしたのに。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

ペリンゲール!

あいつは死んだ、クソ野郎!
ヤヒフは死んだ!

お前を殺しちゃいけない理由を言ってみろ!

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

したいようにしろ。
生きてる意味などない。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

これで彼らを失うのは二度目だ。

ゲドリックはヤヒフの死に狼狽していて、ペリンゲールの仕業だと断定しています。

ゲドリックと会話しましょう。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

そこをどけ。
ペリンゲールはこの手で殺してやる。
お前は目を背けておけばいいのだ。

ヤヒフはガロンに殺され、ガロン死に、ペリンゲールの子供たちも死んだ。
もう十分だろう?

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

十分じゃない!
私たちはペリンゲールが危ないと思って、助けに来たんだ。

ここであいつが作り出した死体!
あいつの身勝手さのせいで、何人死んだのかわからない。
今こそ償いをさせてやる。

考えるのに時間が必要だ。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

何を考えるっていうんだ?
あいつは死んで当然だ。
まあいい。考えてみろ。
その方がいいっていうんなら、ペリンゲールに話しかけてみろ。
だが、私が正しいとわかるだろう。

ヤヒフの死について、ゲドリックはペリンゲールを糾弾しています。

マスター・ペリンゲールと会話しましょう。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

彼が言ったことに反論はできない。

私は彼を止めない。

生きたくはないのか?

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

何のためにだ?
裁判にかけられるためか?
財産を没収されるためか?
それとも人前で辱められるか?

もうどうでもいい。
子供達は死んでしまった。
私には何も残されていない。
もういいと、ゲドリックに伝えてくれ。

ゲドリックと話して、ペリンゲールの運命を選択しましょう。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

ほう?やらせてくれるのか?
彼はウェイレストにとって危険な存在なのだ。
そして、彼は私のパートナーを殺した。

彼がこれに価すると分かるだろう。

  • ペリンゲールは死んで当然だ。見なかったことにする。
  • ペリンゲールにはチャンスを与えるべきだ。裁判にかけよう。

物語分岐1

ペリンゲールは死んで当然だ。見なかったことにする。を選択した場合

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

同じ見方で嬉しい。
この男とその子供達がもたらした痛みを考えると…

二度とあってはならない。
ペリンゲールの系譜は今日終わる。

クエストを完了する。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

お前と私だけになった。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

望んだのとは違う結末だが、物事の終わりとはこんなものかもしれないな。
私たちにとって。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

もしもお前のアンデッドの子供たちが、街の半分を埋葬してしまう前にそれに気付けていたならな。
うぬぼれずに衛兵に忠告できていたなら。

お前にとってはあまり意味のないことだろう。
前に進もう。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

季節の主、アーケイよ。私の子供達が犯した罪を許したまえ。
そして彼らが、この世界から去ることを拒んだ私の罪を許したまえ。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

もう終わりだ。
手遅れだ。
もう終わった。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

終わったのだ。
これでヤヒフが少しでも安らかに眠れるといいな。

認めよう。
これは私にはあまり意味がなかった。

物語分岐2

ペリンゲールにはチャンスを与えるべきだ。裁判にかけよう。を選択した場合

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

そういうことになるのか?
結構。
私が彼をルシウス隊長のところまで護衛する。
分別のある行動をして火あぶりにするかもな。
それか釈放するかも。

いずれにせよお前次第だ。

クエストを完了する。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

私が手を挙げなかったことに感謝しろ。
自分の子供の隣で死ねるんだ。
ヤヒフと私は命がけでここに来て、お前の隠れ家を守ろうとしたんだ。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

お願いだ、もう終わらせてくれ。
生きたくなんてない。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

選択肢はない。
ほら、動け。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

ヤヒフに死んで欲しいと思ったことなどない。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

何をするつもりかは分かってる。
やめるんだ。

マスター・<br>ペリンゲール
マスター・
ペリンゲール

あいつは君の親友だった。

ゲドリック・<br>セエル
ゲドリック・
セエル

黙れと言ってるだろ!

関連資料

ガロンの日記

ペリンゲールの豊富な資金に感謝する。
4年間、己の利益を追求するためにマスター・ペリンゲールのガキと一緒だった。
ほとんどの時間を私は酔っぱらいの大騒ぎを隠すか、目撃者に報復しただけだった。
しなければならなかったのは、死体を一つ埋めることだけだった。
それだけで金が転がりこんできたんだ。
死霊術師の研究の十分な資金となったよ。

今ガキは何か大きなことを企んでいる。
軍隊か何かを下水道で組織しているんだ。
衛兵の追跡を避けるため、私に多額の金を払っている。
これが秘密にできるはずがない。
ルシウス隊長の犬が我ら全員を追い詰めるだろう。
だがその裏をかいてやることができる。
結局、変身を止めるには「死ぬ」しかないのだから。

ゾンビ:さらなる実験

何週間も失敗を繰り返していたが、死霊術師が常時作業を行わずともゾンビを動かす方法をついに発見した。

残念ながらそのほとんどはただ従順なだけだ。
脅威があると自己防衛するが、そうでなければただ目的もなく、もぐもぐ言うだけだ。
幸運にも、各グループに何体かは好戦的なゾンビがいる。
この攻撃的な種が従順なグループに置かれると、番犬のような役目を果たし、他に獲物のことを知らせる。
何がこの有用な個体を作っているかまだ分からないが、この一団はグループ全体にいくらかの統制をもたらす。

それでペリンゲールには十分だろう。

マスター・ペリンゲールの日記

あのいまいましいまぬけのガロンを信用したのは大きな間違いだった。
自分からリッチになるために十分な知識をどうやって仕入れたのやら、見当もつかない。
拒めばよかったんだ。
死霊術の恐ろしさを伝える教えと寓話を聞くべきだった。
だが彼はヴァレインとエリーンを取り戻すと約束した。
父親というのは、子供のためなら命さえもいとわないものだ。

だがこれでおしまいだ。
20年もの間毎晩、寝る前のキスをした子供たちと同じものだと思いたくない。
彼らは間違っている。邪悪だ。
彼らはどういう目的でか、ガロンの助けで軍隊を作った。
衛兵を呼び、この不道徳な事態を今終わらせよう。
だが、ガロンの言っていることが本当だとしたら?
邪悪な歩く遺体が死から蘇った私の子供たちにそっくりだったら?
彼らがどんなに腐敗していても、また失うのはごめんだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました