クエスト

変化の儀式

ESOマークマイア > サイドクエスト

前回クエスト

物語内容

盗まれた石版を全て取り戻す

石版を探しに行く前に、ジンチェイ・コヌに訪れている者たちと会話しましょう。

ニヴォス・<br>テランダス
ニヴォス・
テランダス

石版をいくつか集めたようだな!その調子だ。
ジンチェイ・コヌの光栄を見るために、私はマークマイアまで来たんだ。

アズ・マクサス
アズ・マクサス

私は暦の研究で、ジェッカワスを手伝っているの。
私がいるのは彼にとって幸運よ。
記念碑の維持するための手入れをせずに、本に専念していられるからね。

デスミー・<br>フィエンセル
デスミー・
フィエンセル

ジンチェイ・コヌは干ばつや洪水の間に、気候へ影響を及ぼすために作られたの。
もちろん、そんな規模で天気を変えるのはかなり大がかりなことよ。

もしその力を複製できたら、タムリエル全体の利益になるわ。

盗賊が残した手がかりを元に、残りの石版を探しましょう。

壊れたジンチェイ・コヌ

黒き棘が崩れた監獄を覆い
根の獣が門の側に潜む
太陽は獣に喰われ、もはや輝かぬ

その枝から離れた実は
苔むした石の上に落ちた
実は東を見る、海へ向かって

淀んだ沼の奥深く
積まれた石に生える芽一つ
捨てられた巣、入るものもなし

沈没船の葦は腐れ落ち
北へ向かい、通り過ぎる交易船が
ヒストの若木に影を投げかける

虚ろなこだまの中、轟く根の向こう
成熟せしヒストは佇む
風の吹きすさぶ洞窟の奥深くに

海と沼が出会う場所、崖の縁の下
黒に覆われたインペリアルの石の陰
冷たい水の中に、年老いたヒストは座る

ヒストなき街の外れ
卵の籠はうずくまる、石造りの巣に
肌の乾いた、定まらぬ手が築いたもの

石の蛇は石の卵を守る
過去の愚行の二柱の間
西には、ハジ・モタが潜む

枯れゆく根の地下室にて
高くそびえる石の背後に
トカゲは座り、待っている

死の水から北
沼の端には根が潜む
その腹の中には、歩くトカゲ

虚無の口の下で
歩く根は我らの一族を飲んだ
轟音を立てる滝の下で

死の最後の季節は
根の最後の敵の内に横たわる
ささやく根が聞こえるほどに近く

歴の名称歴の象徴石版の入手方法
1月バッカ太陽前回のクエストで入手
2月ジーチ木の実建物の裏側
3月シセイ発芽建物の裏側
4月ヒスト・ディーク苗木沈没船の側
5月ヒスト・ドゥーカ成木木霊する空洞の遺跡の中
6月ヒスト・ツォコ老木水辺
7月スティシル・ガー卵の籠建物の中
8月スティシル祭壇の裏側
9月ヌシュミーコトカゲ枯れた地下室の中
10月シャジャ・ヌシュミーコ半人石の腹を討伐
11月サクスリールアルゴニアン跪く根を討伐
12月ズロマート死者腐敗のような息を討伐

全ての石版を取り戻したら、ジンチェイ・コヌに石版を設置しましょう。

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

何という太陽に祝福された時だ!
石板が全て戻された。

ジンチェイ・コヌを完全に復活させるには、もう一つ仕事がある。
ヴァステイ・セイを行わなければならない。
変化の儀式とも言うがな。

他に何か必要なことは?

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

残念ながら私は…儀式を遂行するのに必要なことが分からない。

我が師であるニッソ・パラジーに手助けを頼んでくれないか?
彼は私がこの光栄に預かる前に記念碑を管理していたんだが、今はシシスの司祭をしている。

どこにいる?

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

パラジーは部族の間を移動して、闇の言葉を広げている。
最後に聞いた話では、ブライトスロート村に向かっていた。
おそらくそこにいるだろう。

それから、盗賊のことは話さないでくれ。
できれば私の無能ぶりを知られたくない。

わかった。
ブライトスロート村でニッソ・パラジーを探そう。

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

さらに借りができたな、ビーコ。

パラジーが不審に思い始めたら、私が新しい本で儀式について書きたがっていると伝えてくれ。それで十分なはずだ。

なぜこの儀式を行わなければならない?

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

ジンチェイ・コヌは単なる彫られた石の集まりではない。
変化の意志であり、停滞を打ち破る力なのだ。

ヴァステイ・セイはその力を再び発動させ、全てを一つに戻すだろう。

変化の儀式の材料集め

ブライトスロート村にいるニッソ・パラジーを訪れて、変化の儀式について聞きましょう。

ニッソ・パラジー
ニッソ・パラジー

死、闇、衰退。
我々の元に、招かれても求められてもいないのにやって来る。
私にとって、お前の存在も同じことだ。

必要なものは何だ?話せ。

ジェッカワス・ヴォゼイが変化の儀式に関する情報を必要としている。

ニッソ・パラジー
ニッソ・パラジー

ああ、ヴァステイ・セイか。
弟子がお前を代わりによこすとは面白い。

では、ヴォゼイはついにジンチェイ・コヌの石版を見つけたというわけか。
悪くない。
あの本の虫に、この任務はもっと長くかかると思っていた。

石版を見つけたのは自分だ。

ニッソ・パラジー
ニッソ・パラジー

ほう。
では、ヴォゼイはお前に何もかもやらせたわけだな。

それならば、お前がヴァステイ・セイの儀式の材料も準備するべきだな。
必要なのは塩気のある泥、死の花、そして石を崩す木だ。

これらの品物は何処にある?

ニッソ・パラジー
ニッソ・パラジー

二面性のある場所を探せばいい。
沼と海、死と生、石と木だ。

だが、もう謎かけはたくさんだろうな。
今日のところは、お前の地図に印を付けてやろう。

わかった。材料を集めて来る。

ニッソ・パラジー
ニッソ・パラジー

品を手に入れたら、ジンチェイ・コヌに戻れ。
間違いなく、私の弟子は息を殺してお前を待っているぞ。

いくつか聞きたいことがある。

ニッソ・パラジー
ニッソ・パラジー

仕事中のワタシに時間を割いて、お前の単なる好奇心を満たしてくれというわけか。
まだ何か知りたいことがあるのか?

自分のことについてもっと話してくれ。

ニッソ・パラジー
ニッソ・パラジー

かつて私はジンチェイ・コヌを見守り、その秘密を学び、知恵を分かち合った。

今はシシスの暗い言葉を話し、部族に旅をさせ、シシスの知恵を広めている。
実のところ、似たような仕事をしているわけだ。

似たような仕事?

ニッソ・パラジー
ニッソ・パラジー

ジンチェイ・コヌは必要な変化の触媒であり、シシスはすべての変化を引き起こす力だ。
復活を導く死。昼にみつを譲る夜。砕けて絶望と化す希望。

変化は常に望ましいものではないが、常に必要とされている。

変化の儀式について教えてほしい。

ニッソ・パラジー
ニッソ・パラジー

お前が集めるべき品は二面性だけではなく、変化も表している。

沼から海へ流れる泥。
死から開花する生きた花。
かつては障害物だった石を崩す木だ。

こうした品を集めた後は?

ニッソ・パラジー
ニッソ・パラジー

その後はヴォゼイが変化の力への捧げ物として使う。
それによりジンチェイ・コヌに秘められた力が発動するだろう。

石版を戻したことで、お前はヴォゼイに草を与えただけだ。
籠を編むのは彼の仕事だ。

変化の儀式に使う材料を集めに行きましょう。

材料の一つ「石を崩す木」に近付くと、アルゴアニンに呼び止められます。

ハル・ワン
ハル・ワン

待ちなさい、オジェル!
石を崩す木にはなぜ近づくの?

ハル・ワン
ハル・ワン

この木に害をなしに来たのではないことを願うわ、オジェル。
その場合は…問題が起きる。

儀式のため、枝を必要としている。

ハル・ワン
ハル・ワン

ふむ。ただの落ちた枝なら、持っていってもかまわないわ。

なぜこの木を特に気にしている?

ハル・ワン
ハル・ワン

これは石を崩す木、停滞を打ち砕く変化だからよ。

昔、先人は変化を止められるというバカな考えから石の壁を作った。
この木はそういう考えが無意味なことを示している。

それがなぜ重要だ?

ハル・ワン
ハル・ワン

忘れられないことを教えてくれるから。

石は崩れ、壁は壊れる。
私たちは変化の力に応じて曲がらなければならない。
でなければその強さで折れてしまう。

ハル・ワン
ハル・ワン

儀式で幸運がありますように、オジェル。

全ての材料を集めたら、ジンチェイ・コヌにいるジェッカワス・ヴォゼイに渡しましょう。

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

よく戻ってきた。
ニッソ・パラジーが支援に同意してくれたと思っていいか?

ああ。材料を集めてくるように言われた。
石版が盗まれたことも知っていた。

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

そうか。では、噂はすぐ広まるな。
儀式が終わったらすぐに、彼と話をしよう。

だが今は、もう一度お前に助けてもらいたい。

何をすればいい?

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

とても簡単なことだ!

儀式に関する材料は組み合わせた。
私が呪文を唱えるから、できたものを儀式用の器に置いてくれ。

儀式を手伝おう。

変化の儀式を行う

ジェッカワス・ヴォゼイと共に、変化の儀式を行いましょう。

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

バッカ・リールシュ・ヴァステイ・ブシーク・ザル!

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

デロー・ウクザ・ヴァステイ・ボク・タル・サッカ!

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

上手くいった!ジンチェイ・コヌが天気を変えたぞ!

儀式が完了すると、周囲の天候が変わります。

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

儀式がうまくいった!
ジンチェイ・コヌは再び力を取り戻した。

どうやら効いたようだ。

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

全てはお前のおかげだ。
今回の厳しい試練に関して、すいぶんと助けてもらった。
面倒をかけた代償として、この贈り物で満足してもらえるといいが!

それから、ジンチェイ・コヌはいつでも歓迎する!

クエストを完了する。

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

おや?変だな。
効果はもっと長く続くと思っていたが。

変化した天候は元通りになりました。

その後、ジンチェイ・コヌにニッソ・パラジーがやって来ます。

ニッソ・パラジー
ニッソ・パラジー

少なくともヴァステイ・セイは成功したようだな。
控え目に言っても、驚いたぞ。

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

パラジー、なぜ言葉を切る?
私の行いは、あなたの教えに基づいたものだ。

ニッソ・パラジー
ニッソ・パラジー

オジェルに自分の仕事をさせることがか?
私がそんなことを教えたか?
ヴォゼイ、石版を集めるのはお前の役目だ!
なぜそんなことが分からない?

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

パラジー、まさか…石版を盗んだのはあなただったのか?
なぜだ?
なぜジンチェイ・コヌを冒涜する?

ニッソ・パラジー
ニッソ・パラジー

もしお前が書物だけでなく民に目を向けていれば、そんなことをする必要はなかった。
ヴォゼイ、これは教訓だ。
お前が忘れた教訓だ。

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

しかし…私はヴァステイ・セイを成功させた!

ニッソ・パラジー
ニッソ・パラジー

だが、長くは続かない。
意思の弱き者は、変化の真の触媒にはなれない。
ふむ、また一つ教訓ができたな…

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

パラジー?
待った!
まさか…また石版を盗むのか?

関連資料

アルゴニアの季節

ジンチェイ・コヌの番人、ジェッカワス・バザルト著

時間は不変である。
変化の意志を駆り立てる原動力であり、不可避にして始原的である。
恒常的な循環の中で動き続ける力。
その変化の進展を印づけることは、サクスリールにとって最も神聖な行為である。

各月は年の循環のある特定の面を印し、それに従って祝われる。
月とそれに対応する意味を以下に示す。

バッカ(太陽)
循環の最初の月であるバッカは、存在の始原的な起源、あるいは起源一般と関係する。
この時期に我々は、部族の長老たちに普段以上の敬意を示すよう求められる。

ジーチ(木の実)
隠匿の時期としても知られるジーチは、種と理想の両方を植える月である。
沼の球根が埋められ、まかれた種が芽を出す。
長老たちはその知識を伝えることで、知を植え付ける。
希望の時期だが、憂鬱の時期でもある。

この月は三つの喪の最初のものである。
何かが植えられると、それは隠れて消えてしまうからだ。
出てくるものは何か新しいものだ。
すなわち、木の実は永遠に失われてしまう。

シセイ(芽)
シセイは新しさ、可能性、若き興奮などを表す。
ヒストはその休眠の生を脱ぎ捨て、真の意味で生きた状態になる。
多くの子供の祭りがこの時期に行われる。
この月はまた「跳躍の季節」としても知られている。
スポーツや競技の盛んな月だからだ。
力やスピード、意志の強さといった徳が尊重され、祝われる。

ヒスト・ディーク(ヒストの樹液)
ヒスト・ディークは良くも悪くも、権威への反抗と個人の主体性の力に捧げられる。
多くの者はこの月を利用して不正を告発し、その結果としてしばしば部族内部の争いが起きる。

言うまでもなく、論争の的になることの多い月である。
多くの者は、この時にヒストといかに離れたかを分析する。
崇拝について反省し、それが絆であって束縛ではないことを理解するためである。

ヒスト・ドゥーカ(成熟したヒスト)
騒がしいヒスト・ディークを相殺する役目を担うヒスト・ドゥーカは、家族、伝統、義務といった観念を中心に置く。
若いサクスリールはより大きな責任を与えられ、多くの若者たちはチュッカセイ。
すなわち成人の試練に挑み、自らが大人と呼ばれるにふさわしいことを証明する。
試練を突破した者は完全な部族の成員となり、この月は通常、大きな祝賀と共に終わりを迎える。

ヒスト・ツォコ(年老いたヒスト)
おそらく一年で最も神聖な月であるヒスト・ツォコ は、知識や賢明さ、可能性の充足といった観念に捧げられている。
この月に行われる集会の大部分は厳粛な行事であり、その中でも最も重要なのが、部族の長老たちがサクスリールの歴史を暗唱する「根の語り」である。
この月はまたヒストが成長を止め、その個々の可能性が使い果たされたという事実から、「第二の喪」をも表している。

スティシル・ガー(卵の籠)
スティシル・ガーは愚行と軽薄の月であり、通常はヒスト・ツォコの重苦しい厳粛さからの喜ばしい小休止である。
子供のような驚きや若々しい歓喜、軽い困惑などが祝いの対象になる。
多くの旅芸人の一座たちは、利益の大半をこの時期に得る。
祭りや宴会はほとんど途切れなく続く。

スティシル(卵)
卵の月は謎や予期、そして(やや奇妙だが)目的にかかわる。
大半の部族にとって、このつながりは文字どおりのものだ。
産卵の多くはこの月に起こる。

ヌシュミーコ(トカゲ)
トカゲは静かで手早い労働の象徴である。
ヌシュミーコは日々の生活において感謝されることのない仕事を祝い、労働はほぼ途切れなく行われる。
掃除、建祭、修復、準備など。
部族の成員は皆、ひたすらに働く。

シャジャ・ヌシュミーコ(半人トカゲ)
この月はヒスト・ディークのように、謎と議論の絶えない月である。
半人トカゲが実際に何を表しているのかについては、かなり大きな論争がある。
卵から出てきた子供のことなのか、それとも我々の文明の起源を表すのか?

変化や生成、移り行く価値といった統合的な概念について想いが馳せられる。
そのため、多くの若者たちの集会がこの時期に開かれ、様々な恋愛がらみの問題が持ち上がる。
若者の不器用さがしばしばこの月と結び付けられる。

サクスリール(アルゴニアン)
サクスリールは我々の文化の真の情熱に関係する月である。
狩りと収穫の季節が過ぎた今、部族の成員たちは陶芸や木工、その他の創造的な活動を自由に追求できる。
物事が終わりを迎えつつあるという感覚が広まる。

多くの部族で、月の終わりには長老たちの大きな集会がある。
この祭典の目的は我々の長老たちと共同体の両方を、迫りつつある死に備えさせることである。
肌の乾いた者には、これを陰惨な伝統と見る向きも多い。

ズロマート(死者)
多くの伝統と同様、ズロマートは明らかに矛盾する発想の月である。
この月は「第三の喪」に結びついており、文字どおり一年の終わりであるため、3つの喪の中で最も強力である。
部族は一年の出来事を振り返り、過ぎ去っていくことを受け入れる。

しかしながら、この月は祝賀と追憶の時期でもある。
古い生を終え、新しい生へと移行した全ての者に敬意を表すため、大規模な祭典が開かれる。
月の大部分はこうした祭典の計画と準備のために費やされる。

後日談

ジンチェイ・コヌのその後

後日、ジンチェイ・コヌにいる者たちと会話しましょう。

ジェッカワス・<br>ヴォゼイ
ジェッカワス・
ヴォゼイ

この試練を通じて学んだことは多かった。

動きのない本の文字をただ読むだけでは十分でない。
思い切って世界に足を踏み出し、人々が話す動きのある言葉から学ぶべきだ。

ニヴォス・<br>テランダス
ニヴォス・
テランダス

ジンチェイ・コヌが働きを取り戻した!
これで研究に本腰を入れられる。
お前には感謝してもしきれない。

アズ・マクサス
アズ・マクサス

ジンチェイ・コヌは石の巣の時代に作られたの。
多くの部族はなぜ懸命に維持しているのかを疑問に思っている。

でも私は、この暦の知恵が過去の愚行を越えると信じているわ。

アズ・マクサス
アズ・マクサス

訊きたいことや懸念することがあるなら、ジェッカワスに言ってね。
本から彼の注意を逸らすことができるなら、是非そうしてほしいわ。

デスミー・<br>フィエンセル
デスミー・
フィエンセル

ジンチェイ・コヌはアルゴニアンの魔法の輝かしい例よ。
強力で古く、尽きる謎に満ちているの。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました