スポンサーリンク
クエスト

秘密の手紙

ESOデッドランド > デイリークエスト

前回クエスト

物語内容

ルナ・べリエルと話す

ファーグレイブにいるルナ・べリエルと会話しましょう。

初めてクエストを受ける場合

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル

実は私、仕事を求める信頼できそうな冒険者を見つけるのが得意でね。それで評判を築いてきたの

で? あなたは私の見込んだ通りの人で間違いない? 少しゴールドを稼ぎたい、信頼できる冒険者?

仕事があると聞いた

2回目以降にクエストを受ける場合

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル
  • あら! 仕事を求める優秀な冒険者じゃない。ねえ、収集団のために、次元を股にかけて重要な品を手に入れる作戦に参加しない? 楽しいわよ!
  • 仕事を探してない? あなたにぴったりっぽい仕事があるの!
  • 狭くて暗い場所でもすぐにパニックにならない冒険者を探してるんだけど…
    あなた、どう? 自信ない?
  • あなたにいい仕事があるの
    見知らぬ次元に足を踏み入れる危険な任務に興味ある?

仕事を探している。何かないか

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル

収集団の創設者、ピエロン・デサントが血の穴にいる囚人に連絡を取りたがってるの。あなたの仕事はひとつ。ここにある手紙を鍵のかかった郵便受けに入れることだけ。そうすれば連絡役が、安全な時を見計らって回収するわ

受け渡し地点はどこだ?

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル

ああ! 手紙を置く場所には収集者の瞬光で印をつけてあるわ。収集者の瞬光は、私たちにしか見えないインクのこと。興味があるならピエロンに話を聞いてみて。いつもクラフト広場にいるわ

1、血の穴に行く。2、瞬光を探す。3、手紙を置く。4、報酬を貰う。簡単ね!

手紙を血の穴に忍び込ませよう

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル
  • サラアス・トングのヴァヴェリは雇った相手に厳しくしがちなんだけど、私は事情を理解するよう努めてる。あなたは収集団の仕事を受けてるってこと、忘れないでね
    事情は理解するけど、結果は出して
  • あら! 仕事に出かけるのね。楽しんできて
  • 気をつけてね。収集団としては、当然価値あるものが最優先。けれど、経験豊富な冒険者が無事に戻ることも大事なの
    少なくとも、価値あるものを持ち帰れなくなるような大怪我はしないでね

ピエロン・デサントと話す

ファーグレイブのクラフト広場にいる、ピエロン・デサントと会話しましょう。

ルナ・べリエルのデイリークエスト完了回数が1回以下の場合

ピエロン・デサント
ピエロン・デサント

ああ、私がレディ・ベリエルに依頼した仕事を受けた、勇敢な新人か。おそらく質問しにきたのだろう? 仕事について

ルナ・べリエルのデイリークエスト完了回数が2回以上4回以下の場合

ピエロン・デサント
ピエロン・デサント

君のことは聞いているよ。もうかなり危険な任務を完了した有望な冒険者だとレディ・べリエルが言っていた。彼女の敬意を勝ち取った者と出会えて光栄だ
さ、私に聞きたいことはあるかな?

ルナ・べリエルのデイリークエスト完了回数が5回以上の場合

ピエロン・デサント
ピエロン・デサント

レディ・べリエルにはほんの数時間前、私の任務は重要だが急ぎじゃないと伝えたのに、彼女はもう我々の中で、最良の冒険者を送ってくれたのか? 本当に親切だな
さて、役に立てることがあるかな?

これから血の穴に運ぶ手紙を書いたのか?

ピエロン・デサント
ピエロン・デサント

私が自分で届けたいところだが、心配性の事務のスキャンプが、血の穴に忍び込むのは危険だと考えているのさ。アービス収集団の創始者として、そんな危険を引き受けるのは無責任だと言うんだ

血の穴のどこがそう危険だ?

ピエロン・デサント
ピエロン・デサント

血の穴はデイドラの牢獄。どうだ、それだけでも危険だとわかるだろう

別の言い方をしよう。血の穴に入るのは簡単だ。だが、出るのは不可能。そういう場所だよ

しかし、いつもは自分で届けると言っていなかったか

ピエロン・デサント
ピエロン・デサント

鋭いな。その鋭さは、きっと血の穴で役に立つ

そう。君の指摘の通り、私は血の穴に何度も足を踏み入れている。もちろん、非公式にだがね。よく考えてみてくれ、収集団を創始したのが誰かということを。私が抜け道を見つけられない場所など存在しないんだよ

なぜ血の穴からの脱出法を教えない?

ピエロン・デサント
ピエロン・デサント

なんだ、楽しみを台無しにしないでくれ。彼らは次元のどんな場所であっても、脱出する方法を学ばなければならないんだ。それができなければ収集団失格。簡単な話だろう

注意を怠らなければ見つかるはずだ。私が数百年前に見つけたようにな

数百年? 何歳なんだ?

ピエロン・デサント
ピエロン・デサント

答えたとして、嘘だと思うだけじゃないか?

私のことはあまり考えるな。それから、血の穴では殺しをためらうな。奴らの大部分は死なない。少なくとも永久には

収集者の瞬光とはどのように働く?

ピエロン・デサント
ピエロン・デサント

私はずっと昔に、サラアス・トングのリーダーの机からインク瓶を盗んだんだ。そのインクが見えるのは、私に協力した者だけだということがすぐにわかったんだよ

本当さ。あの光はアポクリファの嵐のように強烈だぞ

もう一度、ピエロン・デサントと会話しましょう。

ピエロン・デサント
ピエロン・デサント

私は様々な場所を旅してきた。中でも品質が最高で、最も風変りな品が見つかるのはファーグレイブだ。本当に、心が躍る街だよ

血の穴に行き、手紙を置く

デッドランドの血の穴に行き、引き渡し地点に手紙を置きましょう。

封じられた書簡

封をされ、小さな正方形に折り畳まれた手紙

ルナ・べリエルに報告する

ファーグレイブにいるルナ・べリエルと会話しましょう。

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル
  • あら! 来るのが聞こえなかった。忍び寄るのが上手になってない?
    そんなことより、仕事はうまくいった?
  • あら! 戻ったのね。情報提供者から素晴らしい働きをしたと聞いてるわ。仕事は完了できた?
  • あなたはもう私のお気に入りになったわ。さ、教えて。良い知らせでしょう?
  • もう戻ったの? 思ってたより早かったわね
    どうだった? 任務は成功した?

血の穴に手紙を届けた

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル

血の穴から脱出したの? 血と硫黄にかけて、あなたってすごいわね! ほとんどの収集団員は入ったっきり出て来れないんだけど、きっとあなたならできるって信じてた!

これが報酬よ。あなたの妙技を見せつけられたわ!

クエストを完了する。

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル
  • 悪いけど、今は仕事がないの。また来て。明日にはきっと何かあるから
  • もう! せっかく仕事を欲しがってるのに、何もないなんて。また来てね
  • あなたは仕事をしたいし、私も報酬を出したい。でも何もなくてね… 明日来てくれたら、何か用意できると思うわ

物語補足

収集団について聞く

ルナ・べリエルと会話して、収集団について聞きましょう。

収集団とは何者だ?

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル

私たち収集団はファーグレイブであらゆる仕事をこなす、定命の者とデイドラの集団。様々な次元を股にかけて、アイテムを解放しては顧客に提供し、秘密の場所があれば探索し、財宝を見つければ略奪する。この仕事の特徴は、一切の退屈と無縁ってこと

では盗賊兼密偵か

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル

そんなとこ。でも、ただの盗賊と密偵じゃない、次元を越える盗賊と密偵なのよ!

ファーグレイブの公共ポータルを利用するのに加えて、私たちはサラアス・トングの魔術師と協定を結んでる。特別なポータルが必要な時のためにね

サラアス・トングとは何者だ?

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル

トリビュナルに対して何らかの冒涜を働いて、モロウウィンドを追放されたダークエルフの魔術師たちよ。ファーグレイブに落ち延びた彼らは、ポータル魔法の専門知識を活かして複数の次元からフラール家に交易品を供給してるの

収集団はサラアス・トングと協定を結んでいると言ったか?

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル

ええ。仕事上、ファーグレイブのポータル広場からじゃ行けない場所に行かなきゃいけないことがあるの。特定の場所に素早く静かに行きたいことだってある。そういう時には、サラアス・トングの魔術師を頼りにするのよ

逆に彼らが私たちの専門知識を求める時には応じてあげる。そういう関係よ

ファーグレイブに活動を問題視されることは?

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル

最大の顧客の中には街の有力者がいる。それに私たちは、拠点内での略奪を避けてる。さらに言えば、グラスプは私たちを気に留めていない。目立たず派手にやりすぎないようにしてれば、デイドラ当局は私たちに関与しないのよ

収集団のためにどんな仕事をしている?

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル

私? 元は盗賊だったけど、今は自分の能力を人材発掘と、顧客のための仕事の仲介に活かしてるわ

それにね、私、冒険者と話すのが好きなの。相手が新顔でも、昔からのファーグレイブの住民であってもね

盗賊を抱えているなら、なぜ冒険者に頼む?

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル

私たちはいつも、団員の数より多くの仕事を抱えてるの。それに、任務の中には収集団の中核をなす盗賊の専門家よりも、経験豊富な冒険家向きの、危険を伴う案件があるからね

収集団の公式メンバーにはどうすればなれる?

ルナ・べリエル
ルナ・べリエル

ただ応募すればなれるわけじゃないわ。招待限定なの。そして招待は、幹部からのものじゃないといけない。創立者のピエロン・デサントとかね

でも、最初の一歩はいい印象を与えること。何事もそうだけどね

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました