クエスト

毒好き

ESOマークマイア > デイリークエスト

前提クエスト

物語内容

ジー・ラーの依頼

ジー・ラーはマークマイアの冒険に備える為に、支援を必要としています。

ストームホールド郊外のキャンプにいるジー・ラーと会話しましょう。

ジー・ラー
ジー・ラー

もしお前がもう2人…いや3人いたら、この探検は全く必要なかったかもしれないな!

何かできることはあるか?

ジー・ラー
ジー・ラー

我が故郷はとても美しい。
だが、同時にとても危険だ。
ナイフベリー、トードスキンペッパー、ゴーストトリュフ…これらの食料は一見すると非常に美味しそうだが、食した者のほとんどを殺す。
ガイドがいなければ、探検者は簡単に沼地で飢えてしまう。

では、探検者を安全にするためにはどうすればいい?

ジー・ラー
ジー・ラー

銅の舌のスキンクだ!トカゲだよ。
特別に訓練されていて、探検者が避けるべき食べ物を嗅ぎ分けて食べる。
1匹連れて来てくれないか?

罠師アーロウェ・ヴィドゥシアが売っている。
彼はセンチネルにいるはずだ。

わかった、そのトカゲを手に入れにいこう。

ジー・ラー
ジー・ラー

探検が始まってから、仕事にかかりっきりだ!
手伝ってくれてありがとう。

では、そのトカゲは毒を食べても死なないのか?

ジー・ラー
ジー・ラー

そうだ!
銅の舌のスキンクには、最も頑丈なアルゴニアンでさえかなわない。
ほとんど何を食べても死なない。

あるスキンクが鉢一杯に盛ったスロートレーク梨を食べたのを見たことがある。
しばらく眠ったようになっていたが、ふいに目を覚まして去っていった。
驚異的だ!

砂漠でトカゲ探し

アリクル砂漠のセンチネルで、罠師アーロウェ・ヴィドゥシアと会いましょう。

アーロウェ・<br>ヴィドゥシア
アーロウェ・
ヴィドゥシア

クソ!
あのチビ助、どこに逃げたんだ…?

ん?何か用か?

ジー・ラーに言われて、銅の舌のスキンクを受け取りに来た。

アーロウェ・<br>ヴィドゥシア
アーロウェ・
ヴィドゥシア

ああ、あの毒嗅ぎか。
全く…間が悪い。

協力したいのは山々だが、手許にあった1匹が逃げ出したんだ。
油断も隙もあったもんじゃない!

手伝えるかもしれない。

アーロウェ・<br>ヴィドゥシア
アーロウェ・
ヴィドゥシア

そうしてくれるか?感謝する。

スキンクはいつも腹を空かせてる。
この辺りにはあまり毒のある植物がないから、あいつをおびき寄せるのは簡単なはずだ。
もちろん、餌をまかないといけない。
アサシンビートルや巨大サソリの毒嚢がいい。
スキンクは毒が好きだからな!

いいだろう。毒嚢を集めたら何をすればいい?

アーロウェ・<br>ヴィドゥシア
アーロウェ・
ヴィドゥシア

ほら、お前の地図に巣がありそうな場所を記してやる。
そこに毒嚢を置けば、すぐにスキンクが姿を現すだろう。
間違いない。

幸運を祈るぞ!

そのトカゲはどうして逃げ出した?

アーロウェ・<br>ヴィドゥシア
アーロウェ・
ヴィドゥシア

餌を探しに行ったんだ。いつものことさ。
籠一杯のチョークベリーを食わせてるんだが、あいつらの胃袋は底なしでな。
餌代に金が掛かりすぎるから、この取引で赤字にならなければ御の字だ。

あいつを捕まえたら、逃がすんじゃないぞ!

アーロウェ・<br>ヴィドゥシア
アーロウェ・
ヴィドゥシア

アリクルで毒嚢を見つけるのは大して難しくないはずだ。
ここのカブトムシやサソリは…そうだな、よく目立つと言っておこう。

毒嚢を使って、砂漠に逃げたトカゲを誘き出して、捕まえましょう。

ジー・ラーに報告

捕まえたトカゲをジー・ラーに届けましょう。

ジー・ラー
ジー・ラー

よく戻ったな、友よ。
捜索はうまくいったか?

さあ、トカゲだ。

ジー・ラー
ジー・ラー

素晴らしい!
おお、こいつは元気な奴だな!
この小さな友人がいれば、探検者が恐れることは何もない。

ありがとう、友よ!

クエストを完了する。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました