書籍

クスル・ツクシス

俺たちはここから脱出しないといけない。
この場所に留まるくらいなら、密航してリルモスから出たほうがマシだ。

ウィップテイルは先日、俺たちに壁を壊させた。
壁の向こうはアルゴニアンの死体で一杯だった。
奴は俺たちに中へ入って死体を探り、死体と共に埋められた物がないか確かめさせたんだ。
沼で墓を漁ったことは前にもあるが、今回は違っていた。
あそこには何か感じるものがある。
死体を一つ動かした時にすぐ、脱出しなきゃここで死ぬことになると分かったよ。

今はお前を信じてる。
妙なものが見えると言っていたな。
何かが聞こえると。
俺もそうなり始めてる。

アルゴニアンたちが広間を歩いているのが見えた。
自分たちの仲間を生贄に捧げていた。
生贄たちは恐怖せず、自分の意思で従っているように見えた。
ものすごく静かだった。
怖かったよ。
だって、本当にそこにいるわけじゃないって分かってたんだから。
あれは、別の世界の木霊のようだった。

しかも、ウィップテイルはやめようとしない。
奴はもっとやれと言う。
シシスの祝福を受けた古代の武器かなんかが、ここに隠されていると確信してるんだ。
奴はそう言ってた。
あの場所は全部呪われてると思う。

俺は逃げ出そうと思っている。
お前も逃げたいだろう。
一緒に来るなら今日の真夜中、俺たちがカサンドラのために用意した部屋で会おう。
読んだらこの巻物は燃やせ。
ウィップテイルに見つかる危険は冒せない。
俺たち二人とも殺されてしまう。

-M

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました