スポンサーリンク
書籍

尖塔が落ちる時

雷鳴が剥げ落ち、空が大きく裂けた
仲間を引き連れ、獣がやってきた
聖堂の立つ穴に突進したが
我らは決して屈しなかった

嵐が頭上を渦巻き続ける
獣が外を徘徊する
だが哀れなる者の尖塔に残る
我が希望は生きながらえる

轟音と悲鳴が叩きつけられた
塵の雲が肺に満ちた
叫んでもどこへも行けぬ
頭を垂れ、言葉を控えよ

嵐が頭上を渦巻き続ける
獣が外を徘徊する
だが哀れなる者の尖塔に残る
我が希望は生きながらえる

教えよう、哀れなる聞き手よ
この街は闘争から守るかもしれぬ
けれどいつまでかは誰も知らぬ
生命の縁に立っている

嵐が頭上を渦巻き続ける
獣が外を徘徊する
だが哀れなる者の尖塔に残る
我が希望は生きながらえる

もはや尖塔の鐘は鳴らず
いかなる書にも答えはない
追放者は皆、デイゴンの眼を逃れ
故郷への道を見出すよう祈っている

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました