書籍

好色なアルゴニアンの侍女 第2巻

ESO書籍文学

(一部)

第7幕、第2シーン、続き

尾を上げる者: まあ、大きなパンの塊! でもどうすれば私の炉に入るかしら?

クランティウス・コルト: このパンはまだ焼く準備ができていないんだ、愛しい人。まだ膨らんでない。

尾を上げる者: 急いでできればいいのですが。どうすればいいでしょうか?

クランティウス・コルト: おお、愚かで小さなアルゴニアンの侍女よ、お前の手を使わなければならない。

尾を上げる者: パンをこねればいいのですか? ここでですか?

クランティウス・コルト: もちろんだ。

尾を上げる者: でももし奥様が私を捕まえたら? あなたのパンは彼女の食欲を満たすためになります。

クランティウス・コルト: 心配するな、私の繊細な花よ。後で奥様の希望もかなえるさ。

尾を上げる者: 分かりました、ですが私の炉はまだ暖まっていません。時間がかかってしまいます!

クランティウス・コルト: 愛しい子よ、時間はたっぷりとあるぞ。たっぷりとな。

第7幕、第2シーン、完

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました