書籍

好色なアルゴニアンの歩兵、第1巻

(未完成)

- 第5幕、第1シーン、続き

背骨を立てし者:申し訳ございません、奥様!

ナデネ・ヴェラス:こんなこともできないの?

背骨を立てし者:努力はしています!でも何をしても…

ナデネ・ヴェラス:もっと磨かないとだめよ。私の器に艶を出してくれないと。

背骨を立てし者:はい!今すぐもっと磨きます。

ナデネ・ヴェラス:そうよ、それいいわ!本当に、熱心に喜ばせてくれるのね。

背骨を立てし者:貴女を喜ばせることが私のすべてです!

ナデネ・ヴェラス:分かってるわ。この後は食卓の準備をしないと。

背骨を立てし者:ただちに!旦那様が出掛けてる間は、お好きな部屋にご用意できます。

ナデネ・ヴェラス:忠実な召使なら、当然ね!

- 第V幕の終わり、第1シーン -

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました