書籍

苦悶の女公爵

通常の尋問技術が通用しないと判明したため、サイ・サハーンの移動が必要となった。
彼の意志はあまりに強い。
古代ヨクダの剣の歌の技を蘇らせようとした何年もの孤独な訓練で鍛えられたのだろう。
古代の達人が呼吸するように自然にできた「霊剣」の発現には完全に失敗したが、サイ・サハーンは尋常ではないほどの強き自我を保っている。

彼が肉体的苦痛に耐えられる、あるいは完全に無視することができるとわかり、私は彼を帝都の地下牢から、その意志をくじき必要な情報を引き出すためにより適した場所へと移した。
モラグ・バルのデイドラの召使の中にいる依頼先は提案を受け入れた。
結局のところ、彼らは何年も、あまりに強固な意志の持ち主を破れずにいたのだ。

愛すべき「苦悶の女公爵」はまるで肉を切り裂くカミソリのようなものだ。
その声は理性と魂を焦がし、唇は毒に覆われている。
その知力は彼女の舌のように鋭い。
数えきれぬほどの時間、彼女はその技を使ってきた。
彼女ならあのレッドガードを殺さずに情報を引き出せると確信している。

すべてが終わったら、あのレッドガードを始末する必要があるだろう。
情報が私のものになったら、彼を女公爵への贈り物としよう。
間違いなく殺すだろうが、その前に長い年月をかけ彼を慰み者としていたぶるだろう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました