スポンサーリンク
書籍

ナヴィール城の騎士

船乗りたちよ、集まって耳を貸せ

激しい愛の物語を話そう

私は略奪者と戦い、極寒のスコールにも耐えた

だがナヴィールでの試合で恋に落ちた

伝令の布告を聞いて、我々は遠くから来た

山の崖から、寒い海辺から

腕を掲げ、我らが愛する人を称えた

ナヴィール城の騎士となった人を

巻きついた船の綱よりもがっしりした筋肉

「戦艦の一撃」とあだ名された右手のフック

彼女はゴンファローネの路上で孤独に育ち

一度もトーナメントで負けたことがなかった

伝令の布告を聞いて、我々は遠くから来た

山の崖から、寒い海辺から

腕を掲げ、我らが愛する人を称えた

ナヴィール城の騎士となった人を

汗でもつれた髪の毛で、彼女は剣を掲げ

その切っ先をナヴィールの騎士団長に突きつけた

「私はすべての騎士を倒し、すべての試練に打ち勝った

ハイ・アイルで一番強い者に馬上試合を挑みたい」

伝令の布告を聞いて、我々は遠くから来た

山の崖から、寒い海辺から

腕を掲げ、我らが愛する人を称えた

ナヴィール城の騎士となった人を

蹄が叩く音と声援に囲まれ、二人は激しく戦った

壊れた盾は血まみれの中庭に投げ捨てられた

老いも若きも、男たちは彼女の死を恐れた

二人は激突し、我らは全員息を止めた

この老いぼれの海賊はもうずっと

涙を流したことなんてなかったが

砂埃が収まり、彼女の姿が現れた時は

海を贈れそうなほど感激した

伝令の布告を聞いて、我々は遠くから来た

山の崖から、寒い海辺から

腕を掲げ、我らが愛する人を称えた

ナヴィール城の騎士となった人を

ナヴィール城の騎士となった人を

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました