書籍

チムエル・アダバル

レッド・ダイヤモンド、チムエル・アダバルのペンダントである栄光の王者のアミュレットは、神に贈られしアイレイドの遺物である。
その創造についていかなる神話があろうとも、これがアカトシュの意志の器として現実的に彼と結びついているのは事実である。

ドラゴンファイアの儀式の改変は苦労多き試みだった。
何週間もかけてグリフを刻み、アクィラリオスが先祖と生まれながらの権利を変えられると愚かにも信じていた呪文を準備した。
信じやすい馬鹿者め。
ムンダスに漂うニルンは、民の魂を楽しむ寄生虫のようなデイドラに対して無防備だ。

サルンが1度、アミュレットはソウルバーストの被害の修復に使うことができるのかと率直に聞いた。
アブナーには繊細さというものがない。
私に忠誠を誓っているにもかかわらず、彼の目を見れば陰謀を企んでいるのがわかった。
彼はその時にも、自分が捨て駒だとわかっていたのだろう。
人が神になろうとしている時に、悪事を企む政治家など不要だ。

彼の質問への答えはもちろん「できる」だ。
だからアミュレットを手に入れて守らなければならない。
これによって私の主人気取りの地位を奪い、私が2つの世界の支配者となるのだ。
神が1つの世界で満足することはない。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました