書籍

ヴィベクのカンタータ

ESO書籍詩と歌

ヴィベクのカンタータは、叙事詩歌の形式で書かれた信条である。それらはヴィベクの革命を、一人の愚かな定命の者から賢明な神になるまでと辿っている。ヴィベクは可能な限りの方法、特に彼のダンマーの人々の防御と保護という点で、彼を試す経験を追求し、そして彼の長い生涯、謙遜、そして不屈の精神を通じて七天啓の知恵を獲得した。このカンタータは、ヴィベクの挑戦と危険、失敗と勝利、洞察力と幸運の恵み、そしてパートナー達、恋人のアルマレクシアと指導者のソーサ・シルへの恩義についての多くの物語を伝える。詩は簡素で劇的で、叙情的で私的で、歌われるか朗読されるよう作曲された。以下はヴィベク卿の「レッドマウンテンの麓の黙考」からの抜粋である。

レッドマウンテンの棺台の上に不気味なゴーストファイアが、

微かな覆い、煙、そして影としてぼうっと現れる。

湾曲と山頂が岩の空間を描き、

死者の霊魂にぼんやりと照らされる。

壊れた暖炉と家々の血が

赤い川を流れ、泉へと続く。

機知のガラスの壁の中を取り囲まれながら

打ち砕かれた主達が灰のゆりかごの中で眠る。

だがいつ彼らを起こそうか?

何と暗い試練が彼らの魂に火を点けるのだろうか?

赤く煙る雲の下に

どれだけの間、ゆらめくかがり火は燃えなければならないのだろうか?

どれほどの数の労働者の生涯と悲しみが

この休まることのない墓を封じるのに費やされるのだろうか?

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました