スポンサーリンク
書籍

サライヤの日記、項目1

長い旅だったが、ついに目標への道筋が見えてきた。今日、ここの古いドゥエマーの碑文のいくつかでガーディアン・アイに関する最初の陳述を見つけた。

今はまだその文書を選り分けてはいないが、近付けるような何かがここにあるのは間違いない。

夫にはもう知らせを送った。あのバカ、手柄はすべて自分のものだと言わんばかりに… 間に合えばいいけど。「俊足」クインタス、彼は自分をそう呼ぶ。急げ、のろま。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました