スポンサーリンク
書籍

サルモールのチラシ

教化サピアルチ、シマーリーンのアイカンター著

諸島の忠誠な市民よ、サルモールの声明を聞け。我らの新たな同志である、カジートとウッドエルフについての言葉の証人になれ。

我らの新たな同志、ウッドエルフとカジートとの結合は迅速に進んでいる。同盟の調和を促進するために、サルモールに忠実なる密偵たちが役に立つ通知を以下の短いリストにまとめた。この義務的な指針を歓迎できれば、我らの新たな同志は好意的に見てくれるだろう。

— カジートを「猫」、「子猫」、「毛玉」や他の猫が関連する差別用語で呼んではいけない。

— カジートの珍味の多くはとても甘く、もしくはムーンシュガーと呼ばれるエキゾチックな材料で味付けされている。食事をする時は気をつけるように。

— 許可なくカジートの尾を触ってはいけない。

— 我らが味方、カジートの民は珍しい方言を使う。彼らの会話をあざ笑うこと、マネすることはとても無礼なことである、アルドマーらしくない。

— ウッドエルフを食事に招待する時、彼らにとって森は聖なる場所であることを知っておこう。鹿の肉は出してもいいが、サラダはダメだ。

— ウッドエルフのことを、「チビたち」、「小人たち」や背に関する差別的用語で呼んではいけない。

— ウッドエルフの酒は、我らのものとはかなり違うので、飲む時は注意が必要。

— ウッドエルフに彼が食人種であることをほのめかしてはいけない。また、死者の処分はどのように行うのか伺ってはいけない。

鷲よ、団結せよ!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました