クエスト

究極の力

ESOクラグローン > デイリークエスト

物語内容

エリンヒルについて聞く

エリンヒルの街の外にいる、尾で戦う者と会話しましょう。

尾で戦う者
尾で戦う者

信じられないわ。
こんなにたくさん死んだ。
街の全てが廃墟になった。
あの魔術師たちのせいだわ。

お願い、私たちを助けて。

どうした?

尾で戦う者
尾で戦う者

その目で見てくるといい。
エリンヒルの大魔術師、ヤマヌー・コが頂きの塔にその身を封印してから、ブラックキャスターの魔術師がおかしくなって街頭を駆け回り始め、人々を殺しまわっている。
しかも同士討ちもしている。

なぜそのようなことに?

尾で戦う者
尾で戦う者

知らないわ。
何かの魔法かもね。
私は魔術師じゃないのよ。
市場で精肉店をしている、ただの肉屋だから。

ヒストの樹液を飲んだエルフのようにおかしくなった人々とは違い、ミネルヴァ・ラウゾンという名の魔術師だけが正気を保っている。
彼女は下水にいて、生き残りの脱出を助けている。

見つけに行ってくる。
ここにいてくれ。

尾で戦う者
尾で戦う者

タムリエルの多くの人たちが、エリンヒルを自分の故郷と呼ぶ。

毎朝、学生たちが街の中心に集まって魔法を練習する。
店を開けた時には、明るく色鮮やかに輝く光が朝の空に舞ったわ。

いくつか質問がある。

尾で戦う者
尾で戦う者

エリンヒルをおかしな魔術師たちから救い出すのに役立つなら、何でも答えるわ。

エリンヒルの街についてもっと教えてくれ。

尾で戦う者
尾で戦う者

エリンヒルはクラグローンの一番古い街。
そして私の唯一の故郷。

でも、街はここに落ち着くまでいろいろあったわ。
特に商業路ができるまで。
だからこの街の創立者たちは、ブラックキャスターの魔術師たちを歓迎したの。

魔術師たちが街を守っているのか?

尾で戦う者
尾で戦う者

どこにも居たくない、と思う人が行く場所がクラグローンよ。

ここに来る人々は、何よりも独立を重んじた。
だから魔術師たちと交わした取り決めは、お互いにとって有益だったのよ。

ブラックキャスターの魔術師について話していたが、誰なんだ?

尾で戦う者
尾で戦う者

ブラックキャスターの魔術師はエリンヒルをクラグローンの脅威から守っていた。

アイアンオークが丘の向こうにいて、山賊はどこにでもいる。
エリンヒルの人々は魔術師たちに加護を求めていた。
それと引き換えに、彼らとその研究を支持していた。

魔術師ギルドはここで何が起こったのか知っているのか?

尾で戦う者
尾で戦う者

ブラックキャスターの魔術師は魔術師ギルドから独立して活動をしていた。

クラグローンは、一定の種類の人間を魅了するところよ。
彼らは世を捨てたい者ばかり。
でもブラックキャスターたちは、いままで悪さをしなかったけどね。

ミネルヴァ・ラウゾンという、人々を助けている魔術師についてもっと知りたい。

尾で戦う者
尾で戦う者

ミネルヴァはアークメイジ・ヤマヌー・コの弟子の一人だった。
だけど、他の弟子達が悪に変わっても、彼女は変わらなかった。

ミネルヴァがいなければ、人がもっと死んでいたにちがいない。

エリンヒル下水道でミネルヴァと会う

エリンヒル下水道作業現場
エリンヒルの下水道は、ポンプティナス総督の統治下における最も偉大な公共工事だ。
総督は第二帝国の命を受けて、同地を第一紀2820年から2852年まで治めた。

エリンヒル下水道に入ると、ヤマヌー・コの声が聞こえます。

ヤマヌー・コ<br>
ヤマヌー・コ

この者はミミズを見た!
小さなミミズよ、こちらへ来なさい。
腹の中に納めてやるわ。

下水道の深部まで行くと、避難している者たちがいます。

避難している者たちと会話しましょう。

マソンダー・ブラックロック
マソンダー・ブラックロック

聞こえたか?
魔法鬼がトンネルで唸ってる。
なんて酷い音だ。

ラザ・アルマスリ
ラザ・アルマスリ

魔術師になんかには負けないわ。

リナ・エージェネ
リナ・エージェネ

行儀良くしてね。
この人達は十分苦しんでいる。
これ以上ひどい目には遭わせられない。

ハーブスニッファー
ハーブスニッファー

ああ。
話をする時間なんてない。
けが人が大勢いるの!

ハーブスニッファー
ハーブスニッファー

この者は、あなたを守る、サラアリ!

眠りから覚めない…
この者は何を見落としている?

まだ、出血している…

真暗の鱗の者
真暗の鱗の者

少しの間魔術師の学校で勉強した。
治癒魔法の専門で。
連中が裏切るとは思わなかった。

マーガ・ウィンドヒル
マーガ・ウィンドヒル

もしミネルヴァが本当は味方じゃなかったらどうするの?
殺すために皆をここへ集めたとしたら?

ドリヴァル・オマロール
ドリヴァル・オマロール

いつまでこの下水道に隠れなければならない?
私たちは武器を持って奴らを殺すべきだ!

アザドハイ・グラマドバ
アザドハイ・グラマドバ

もう何も残っていない。
全てが消えたわ。

オゴドシュ
オゴドシュ

ミネルヴァがいなかったら、私たちは皆死んでいた。

心臓を貫き刺す者
心臓を貫き刺す者

幸運を祈る。

避難所の隅で話している3人の会話を聞きましょう。

リサニオン・ザ・スタンブラー
リサニオン・ザ・スタンブラー

あいつらの、仲間?
魔術師のせいで街は滅ぼされたんだ!

ヘラルダ・ファレイレ
ヘラルダ・ファレイレ

ミネルヴァは何もしていない。
私たちを助けてくれたのよ、リサニオン。
敵じゃないわ!

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

彼女の言うとおり。
力を貸したわけではないけど、止めることもできなかった。
私にも責任はあるわ。

リサニオンとヘラルダと会話しましょう。

リサニオン・ザ・スタンブラー
リサニオン・ザ・スタンブラー

こんなことを察知できなかったなんて。
人々を守るのは俺の責任だったのに。
この街がこうなったのは俺の責任だ。

ヘラルダ・ファレイレ
ヘラルダ・ファレイレ

こんな事はエリンヒルで起こらないはずよ。
そうでしょう。

ミネルヴァと会話しましょう。

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

見知らぬ顔ね。
あなたは誰?
どうやってここに入ったの?

警告するわ。
この人達に被害を加えようとするなら、私が相手になるわよ。

落ち着いて。
助けに来た。

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

助けに来たの?
つまり、〈尾で戦う者〉が逃げられたのね。
それを聞いて安心したわ。

よく聞いて。
ブラックキャスターの魔術師とそのリーダー、アークメイジのヤマヌー・コを倒さない限り、この街は安全じゃない。

ブラックキャスターの魔術師とは?

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

彼らは古代の魔術師で、エリンヒルを守ると誓った人々よ。
でも、寝返ったの。

街にいた他の魔術師たちを追い、殺してマジカを盗んだの。
他の者は単に邪魔だっただけよ。

彼らはどうやって倒す?

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

ヤマヌー・コが彼らのリーダーなの。
彼女を倒せば、他の者を目覚めさせられるはず。

だけど彼女の塔は、不思議なネードの装置で弟子たちの塔に結界を張っている。
あの装置を破壊しなければ、ヤマヌー・コの元にたどり着けない。

ネードの装置は破壊する。

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

装置はヤマヌー・コの弟子達、レタとアヴィスの塔によって守られている。

あなたが装置を破壊して結界を弱めたら、私はヤマヌー・コの塔の下で待っている。
そこで残りの呪文を破壊しましょう。

いくつか質問がある。

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

街は廃墟と化していて、ブラックキャスターの魔術師が死体の上を駆け回っている。
ヤマヌー・コが生きている限り、時間は無駄に過ぎていくだけよ。

でも私も理解はできる。
この状況はあまりにも非現実的よね。

ブラックキャスターの魔術師が他の魔術師からマジカを刈り取っているといっていたが?

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

話せば長くなる。
だから簡単に言うと、私達は取引をした。

ある人物が、古代ネードの魔法を教えてくれると約束した。
私達の塔はネードのものなんだけど、知っていることは少なかった。
だから承諾した。

「私達?」
お前もその一人だったのか?

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

私はヤマヌー・コの三番弟子だった。
そしてこの取引は私達を破滅へと導くものだと、気が付いた頃には手遅れだった。

教えられた呪文はとにかく酷いものだった。
その代償は大きすぎた。
私はなるべく大勢の人々を街から避難させたわ。

代償は何だった?

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

セレスティアルの魔術師の、冠石の場所を教えたの。
その情報で彼のあるじであるセレスティアルの大蛇は、魔術師を腐敗させてクラグローンを裏切らせた。

私たちのしたことはどうやっても償えない。
それでも、ヤマヌー・コを止めないと。

ヤマヌー・コについて他に教えてくれないか?

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

ヤマヌー・コは私の師だった。
魔法の全ては彼女から習った。

彼女からは誘惑と、過大な力の危険性も教えてもらった。
私は目の前で起こっていたことを止めればよかった。
でも、怖かったの。

ブラックキャスターの魔術師についてもっと詳しく知りたい。

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

ブラックキャスターのフェリックスがエリンヒルに着いた時、街はまだ完成する直前だった。

彼は魔法学校の建設と引き換えに、富と保護を約束した。
この約束は、長年に渡って街に良い結果をもたらした。

ブラックキャスターの魔術師はどのような魔法を操っている?

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

魔法の中では普通よ。
魔術師ギルドが何と言おうと、私達は決して無法者ではなかった。

今でも私は、なぜヤマヌー・コがこんな騒ぎを起こしたのか分からない…

ヤマヌー・コの弟子の塔の結界を解除する

エリンヒルの街に登って、東西にある二つの塔に行きましょう。

西の塔に行くと、檻に捕らわれた者たちがいます。

エセネン・ドロスロ
エセネン・ドロスロ

今すぐここから出せ!
俺が誰なのか分かっているのか?
こんなことをすると、残りの短い生涯を後悔して過ごすぞ!

シニンサ
シニンサ

用は何だ?
この者は金、宝石、奴隷を持っている!
想像もできないほどの、途方もない財産だ!
ここから出してくれたら、この者はお前をタムリエルの誰より裕福にできる!

ジャネッケ・ミードムーン
ジャネッケ・ミードムーン

これ以上悪化することはないから…今から良い方に向かうよね!
上しかない!

アミンウェ
アミンウェ

友達の皆がおかしくなった。
この街も破壊された。
私はどうなるの?

ファミウス・アクシラ
ファミウス・アクシラ

こんなことが起こるなんて!
魔術師は裏切っていない。
そんなことをするはずがない!
これは…ただの悪夢だ。
起きたら、イティニアはまだ生きているんだ…

西の塔の3階に着くと、ヤマヌー・コの弟子〈レタ・ドニチクス〉がいます。

レタ・ドニチクスを倒して、西の塔の魔法のフォーカスを破壊しましょう。

魔法のフォーカスを破壊すると、ヤマヌー・コの声が聞こえてきます。

ヤマヌー・コ
ヤマヌー・コ

私はお前よりも大きな者を食べたことがあるわよ。
小さなイタチめ。

東の塔の3階に着くと、ヤマヌー・コの弟子〈アヴィス・アレレス〉がいます。

アヴィス・アレレスを倒して、東の塔の魔法のフォーカスを破壊しましょう。

魔法のフォーカスを破壊すると、ヤマヌー・コの声が聞こえてきます。

ヤマヌー・コ<br>
ヤマヌー・コ

この大量のマジカはなんと美味なの。
ムーンシュガーのお菓子より甘いわ!

ヤマヌー・コを倒す

二つの塔の結界を解除した後、ヤマヌー・コがいる頂きの塔に向かいましょう。

頂きの塔の入口に到着すると、ミネルヴァが待っています。

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

アークメイジのヤマヌー・コは、この塔にいる。
私たちは頂きの塔と呼んでる。
エリンヒルのアークメイジは、数百年そこに住んでいるわ。

この街を守ることは私たちの義務だった。
でも逆に、大きな破壊を残してしまった。

レタとアヴィスが止めようとしたが、結界は解除した。

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

良かった。
じゃあ、あの障壁はヤマヌー・コの最後の砦ね。
私が破壊できるほどに弱ってるはずよ。

それでも私の体力を使いきってしまうから、あなたはヤマヌー・コに、一人で立ち向かわなければいけないわ。

準備はできた。

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

アークメイジには気をつけて。
ヤマヌー・コは大蛇の卑劣な魔法を覚える前も、十分に強かった。

それ以来、彼女はさらに強くなってる。
他の魔術師たちからマジカを盗んで、禁断の儀式を行っているからね。

ミネルヴァが塔の結界を解除します。

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

ちょっと待って。

多分、結界に亀裂を入れられるわ!

よし…やった!
結界は消えたわ。
私の力ももうないけどね…

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

私は…休むわ。
ヤマヌー・コとの戦い…くれぐれも気をつけて。

頂きの塔を登っていくと、ヤマヌー・コを発見します。

ヤマヌー・コ<br>
ヤマヌー・コ

ミネルヴァの魂を先に食べておくべきだったわね。
お前を食べ終えたら、すぐに行きましょう。

ヤマヌー・コと戦いましょう。

ヤマヌー・コ<br>
ヤマヌー・コ

さあ、近くに来なさい!
食事の時間よ!

抵抗なんて無意味よ!

この者が負けるものか!

ヤマヌー・コを倒した後、塔に入ってきたミネルヴァと会話しましょう。

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

街が安全になって安心した。
でも、ヤマヌー・コがいなくなったことが嬉しいとは言えない。

魔法について私が知っていることは、全て教えてくれた。
いつも力の誘惑について警告していたけど、こんな風に魅入られてしまうなんて…

これからどうする?

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

エリンヒルの人たちがまた魔術師を信用してくれるまで、長い時間がかかると思う。
だってその理由も明白だもの。
私たちのせいで街は滅んだんだから。

私は魔術師の塔を封印し、街を再建しようと思ってる。
だけどそれを街の人が許してくれるかどうかは別の問題ね。

クエストを完了する。

ミネルヴァ・ラウゾン
ミネルヴァ・ラウゾン

待って。
街からすぐ出られるようにポータルを開くわ。

街の外にいる避難民のところへ直接行けるわ。
私は、エリンヒルに残っている市民を救い出す。
助けてくれてありがとう。

クエスト完了後、エリンヒルの街の外にいる、尾で戦う者と会話しましょう。

尾で戦う者
尾で戦う者

ヤマヌー・コとその弟子を倒したと聞いたわ。

この街が日常に戻るまでは遠いけど、やっと私たちの手に街が戻ってきた。

関連資料

エリンヒルの繁栄

魔術師の街との取引について
ハロルド・ファーフライ著

クラグローンのある場所、文化の光が輝くと言われる場所がある。
エリンヒルの輝く街だ。

古代の魔術師の塔、エルフやヨクダがクラグローンに眼を止める前の、風変わりな異国の記念碑をみればすぐにわかるだろう。
エリンヒルは学者と魔術師が他の野生的な住民に対して、文明の力を示すために立っている。

第二紀の始まりまで、エリンヒルはもう少し野蛮で、秩序のない僻地だった。
クラグローンの大半のように、帝国の生活が合わない者達によって植民された。
そのようなので大変危険な場所であり、本当の指導力や統治の為の法律は欠けていた。
そして定期的に、山賊とアイアンオークの襲撃者から略奪の標的にされていた。

しかし第二紀の当初、クラグローンで彼らの技の修行をするために、輝かしきフェリックス「ブラックキャスター」アウグストゥスが率いる魔術師のグループが、魔術師ギルドの安定と制約から離れた。

一般的な神話によれば、ブラックキャスターと彼の魔術師たちは乱暴でモラルに問題があり、魔術師ギルドの権威に抵抗する、訓練されていない境界の魔術師以外の何者でもないことを示している。
この物語は、今でもクラグローンに残る無法な要素によって残っている。
その話を信じれば、最初にエリンヒルに入植した魔術師たちは、もはや街を定期的に襲う山賊よりも文明的な影響をもっていない。

これ以上真実から遠い話はない!
帝都の魔術師ギルドの記録を調べるだけ反証できる。
実際のところ、フェリックス・ブラックキャスターは高位のギルドメンバーだったのだ。
彼がギルドを去った理由は、規律や訓練に関する意見の相違と全く関係がない。
ギルドの範囲にない、新たな領域を求めただけである。
書簡によれば、ブラックキャスターはエリンヒルの指導者が頂きの協定に署名してから、ギルドの上官たちと10年も連絡をとっていたようだ。

この書簡はブラックキャスターやエリンヒルへ到着した他の魔術師たちの状況に十分な光を当てている。
彼らが無法な人々に、指導と保護を受け入れるよう説得した期間についても。
私は詳細を述べる気はないが、要約する。
ブラックキャスターとその魔術師たちは、その時空だった頂きの塔に興味をそそられ、以前に市長(実際には単なる軍閥の長だった)へ入る許可を求めていた。
何回も拒否されたため、彼らは失望して冒険を諦めようとした。

しかし、彼らの運はアイアンオークが山から来て街を包囲した時に変わった。
その目を見張る力を使って、ブラックキャスターと彼の魔術師たちはオークを追い払い、エリンヒルの移り気な愛を勝ち得たのだ。
彼らはブラックキャスターを新しい市長にし、そのすぐ後に頂きの協定が結ばれた。
この日に結ばれた条約は、今日まで続いている。
エリンヒルの頂きの塔の魔術師たちは、街が彼らの魔術学校の運営を支援する限り、この市を守ると宣言した。

アイアンオークの出現は、見かけ通りの出来事ではないと主張する者もいた。
彼らはブラックキャスターと魔術師がエリンヒルの人々を味方に引き入れるために、オークと取引をしたと宣言さえした。
私はこの示唆は、曖昧で侮辱的だと思っている。
このような策略はフェリックス・ブラックキャスターの人物像と評判には相応しくないし、アイアンオークは交渉や協力によって妥協しないことで悪名高いという事実には触れていない。

頂きの協定の時代から今までの真実は、エリンヒルがクラグローンの野生の中の文明の優れた中心となり、ブラックキャスターの魔術師たちの導きと保護の元で繁栄したということだ。

ヤマヌーコの見習いへの手紙

忠実なる見習いへ、

新しい味方との合意を取り付けてくれたと思う。
指定されたバラマスの遺跡で、彼らに会えることを楽しみにしているわ。

ケルメン・ロケについてだけど、彼は問題にならないでしょう。
彼は精霊が裏切った時に逃げ出した。
頼もしい味方は、彼が山賊に誘拐させるよう仕組んでいるはずよ。
彼が私たちの計画を妨害することはない。

ただし、仲間の見習いに注意はさせておいてね。
ミネルヴァ・ラウゾンが取引に対する支持を撤回しないかどうか、心配なのよ。

あなたの師、
ヤマヌー・コ

ブラックキャスターの通知

通告

エリンヒルの市民はモラヴァルとして知られる遺跡には近づかぬこと。

精霊がいなくなって以来、火山活動がこの一帯で確認されている。
そのため我々はここで冒険する者の安全を保証できない旨を通告する。

このエリアへ行く場合、我々は責任を持たない。

―ブラックキャスターの魔術師

市民の嘆願書

レディ・ヤマヌー・コ、

夫がハドック市場の近くの路上で失踪してから1週間が経とうとしていますが、何も行われていません。
交易路にこれほど近い場所でブラックマーケットの運営を認めたことだけでも問題だと思いますが、あなたの市民に対する関心の欠如については驚くばかりです。

ブラックキャスター協定を覚えていらっしゃいますか?
エリンヒルの魔術師たちは彼らを守るため、人々の苦痛と共にあります。
私の夫が失踪した時、あなたの守護はどこにあったのでしょうか?

私はこの間の手紙(おそらくあなたの生徒が書いたのでしょうけれど)で夫が野生の動物に襲われて死んだとほのめかしていましたが、認められません。
彼は有能な追跡者で狩人なのです。
彼が動物の餌食になるとしたら、門の外にいる殺人鬼か山賊などでしょう。

善良な市民
アダン・コルドレル

セレーンの手紙

マイルズ、

フレデリックと話をしてもらえませんか。
彼がブラックキャスターに入ると言って、私の話には耳を貸さないんです。
彼はいつでも私達の結婚をよく思ってなくて。
でもあなたは彼の父親だから、あなたのことを尊敬しているし、私よりフレデリックを理解してると思います。
お願いです、彼と話してもらえませんか。

セレーン

フレデリックの手紙

父さん、

あなたとセレーンが賛成してないことは知ってる。
けれど、僕は自分がやるべきことをやらねばならない。
魔法は心を満足させてくれるものの一つだ。
僕は作業台や市場の店で働くようにはできてないし、剣を振るうこともできない。
でも、母さんに起きたことに無関心だと思わないでほしい。
母さんとの日々をよく覚えているし、とても会いたいよ。
けれど魔法は素晴らしいことに使うものだ。
僕たちは母さんに対する悲しみの為に、正義の行為をやめる必要はないんだ。

母さんが僕の幸せを望んでいることはわかる。
来週のこの時までに、僕はブラックキャスターの弟子になるつもりだ。
父さんが理解してくれるよう願ってる。

フレデリック

P.S.セレーンに、あなたがしてくれた全てのことに感謝してると伝えてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました