書籍

奴隷の日記

彼らは毎日、肉が残っていようといまいとお構いなしに我々を奪ってゆく。
自らを「魂なき者」と呼ぶ者たちはすでに大部分を奪われている。
肉体はやせ衰えて久しいが、その霊魂はオブリビオンで生き続けているのだ。

自分の魂が宝石の中にあると言う者たちもいる。
それぞれの宝石があちこち移動させられる時に、自分たちも揺さぶられているのを感じるそうだ。
彼らはあまりに悲しみに満ちていて、ほとんど忘れてしまった人生について語る姿には胸が痛む。

他の者が何をされているかはわからないが、悲鳴が地下牢にまで聞こえてくる。
逃れることのできない、終わりなき苦痛だ。

神々に我々の声は届かない。
救いはあるのだろうか?
果たして希望はあるのだろうか?

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました