クエスト

聖なるロウソク

ESOマークマイア > デイリークエスト

前提クエスト

物語内容

ヴァロの依頼

リルモスにいるヴァロに話しかけて、仕事を請けましょう。

ヴァロ・<br>ホシディアス
ヴァロ・
ホシディアス

ふん、また脚が痛む。

お前は暇なのか?
有能な者を探しているんだが。

どういう仕事だ?

ヴァロ・<br>ホシディアス
ヴァロ・
ホシディアス

後援者による寛大な寄付がなければ、我々シロディール・コレクションは探検することができない。
その見返りとして、彼らのために仕事をすることがある。
歴史的調査や研究に関するものだ。

例えば、ディア・ドランからの頼まれごととかな。

ティア・ドランに何を頼まれている?

ヴァロ・<br>ホシディアス
ヴァロ・
ホシディアス

地元のアルゴニアン部族にはとある伝統がある。
穢れた地域を浄化するため、埋葬されていない遺体の横に聖なるロウソクを置くんだ。
ティアは誰かにツォフィア洞窟に入って、帝国の遺骨の横にロウソクを置いてほしいと思っている。
つまり、お前にだ。

聖なるロウソクをツォフィア洞窟に置こう。

ヴァロ・<br>ホシディアス
ヴァロ・
ホシディアス

なぜティアがこのアルゴニアンの儀式をしたがっているのかはわからない。
しかしシロディール・コレクションに寄付を続けている限り、不満は言うまい。
少なくとも直接はな。

知りたいことがあれば彼女に訊くといい。
魔術師ギルドで会えるぞ。

ティア・ドランと会話

リルモスの魔術師ギルドにいるティア・ドランと会話して、依頼について詳しく聞きましょう。

ティア・ドラン
ティア・ドラン

部族の慣習は、とっても素敵なの!
原始的で…本能的で!

ごめんなさい、考え事をしてたわ。
何か必要なものがある?

ツォフィア洞窟にアルゴニアンの聖なるロウソクを置かせたい理由は?

ティア・ドラン
ティア・ドラン

ここの部族のひとつが、穢れた場所を浄化するためにロウソクを使うの。
特に埋葬されていない死体がある場所をね。
洞窟の中に帝国軍がまだ残っているなら、彷徨う霊魂を鎮めるために、ロウソクを使うべきだと考えたのよ。

それが聖なるロウソクの用途か?

ティア・ドラン
ティア・ドラン

そんなのわからないわ。
アルゴニアンは死に対する考え方が他の種族とは違うの。
でも、善意の儀式で傷つく者はいない。
助けにさえなるかもしれない。

それに、私の気分もよくなるしね。
仕事には当然の対価を支払うわ。

ツォフィア洞窟にある帝国軍の遺体にロウロクを置く

ツォフィア洞窟
広大で水が豊富なマークマイアの洞窟には地元のアルゴニアンが使用や居住をしているものだが、
ツォフィア洞窟は攻撃的なデッドウォーター族さえ避けている。
「ウジュカ」という恐ろしい言葉のせいだ。

ツォフィア洞窟にある帝国軍の遺体にロウソクを置いたら、ヴァロに報告しましょう。

ヴァロ・<br>ホシディアス
ヴァロ・
ホシディアス

戻ってきたか。
では尋ねよう。
ツォフィア洞窟に聖なるロウソクを置けたのか?

ツォフィア洞窟に聖なるロウソクを置いた。

ヴァロ・<br>ホシディアス
ヴァロ・
ホシディアス

つまり、洞窟には帝国の遺骨があったということか?
きっとティアは喜ぶだろう。
歴史的観点からだがな。帝国の連中が死んでたからではない。

とにかく、これが報酬だ。
運が良ければ、またすぐに仕事が入るだろう。

クエストを完了する。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました